21a7f1f3.jpg

海賊より一足早くGW中の日本をジャックしたのは蜘蛛男!!
早いもんでシリーズ3作目です。
アメコミのキャラクターが日本で日の目を見る日が来るとは思わんかった。
アメコミファンとしてはスパイダーマンをキッカケとしてX−MEN、ファンタスティック4、デアデビル、キャットウーマン、エレクトラ、ハルク、ブレイド、ゴーストライダーと映画化されたのは嬉しかったな〜♪
このあとトランスフォーマーも映画化するし、マーベルは儲かってしょうがないだろうな〜と思います(笑)

さて、今回は映画の日という事で1000円で観たんですがプレミアムシートで観たんです。
先月『ブラッド・ダイアモンド』を観に行ったとき、たまたまその日から5/1〜5/6までの席を取れるってなってて
「おっ!ラッキー!!どうせ初日で混むし今日のウチに席取っちゃえ」
って取ったら、映画館の人が
「1日であればプレミアムシートも1000円で観れますがどうされますか?」
と言われてプレミアムシートを取りました。
それもあってチケットを求めて長蛇の列をなしてる人達の横をスルスル抜けて劇場に入るとこんなポストカード↓を貰いました。
62e2b41a.jpg


チョット、ビミョー・・・。
パンフと同じ柄の方がいいな。

さて、前フリが長くなりましたが結論です。
『どいつもこいつも我儘な逆ギレ野郎ばっかりだなぁ。でも、アクションがいいから許す(☆゚∀゚)b』
です。
今回は正直、敵が多すぎてストーリー性は過去2作品に比べると落ちます。
最後なんて
「どんだけ、強引やねん!!」
ってツッコミ入れるくらい強引な展開。
それでも、いいんです!
スパイディーだからいいんです!!

2代目グリーンゴブリンはまあいいとして、初代ヴェノムはストーカー&逆ギレで狙うし、サンドマンは「病気の娘を助ける為には殺人すら仕方ない」とわけのわからぬアメリカン発想を邪魔されたという理由でスパイダーマンを狙うしで、若干イラっとさせられるキャラになってます。

それよりイラっとさせられるのがMJ。
コイツは原作でも最も嫌いなキャラだけど、映画でも嫌い。
メイデイ(ピーターの娘でスパイガール。恋人はファンタスッティック・フォーのフランクリン)がグウェンドリンとの間に生まれた子であればとどれだけ思ったことか。
だいたい、こいつ原作でも映画でも我儘すぎ!!
そのクセ自分がピンチになるとやたらとキャーキャー喚いて助けてもらうという女。
結婚してもピーターを影で支えるどころか心労に絶えられずにピーターと別居するくらいの女。
多分、MJのドコが嫌いかを語らせたら軽く2時間は語れるねっ!!

ソレくらい嫌いなキャラなので、この映画でもイライラ。
幸いにしてスパイディーのアクションとスピード感でずっとイライラすることはなかったけど、もっと出番が少なくてもいいかも。
むしろグウェンドリンをもっとアピールしてくれくらいなカンジ(笑)

なにより見物はバトルシーン。
2代目グリーンゴブリン(←メチャ衣装とかがカッコいい)とのバトルシーンはスピード感満載だし、サンドマンの誕生シーンは金がかかってるな〜と感じさせるし、スパイディーのビルをすり抜けるシーンは爽快感ありまくり!!
「このアクションシーンを観ずして何を観る!!」
って思いますもん。
「このアクションシーンを1000円で観ていいのか?!」
って思いますもん。
そのくらいスパイディーは観なくちゃダメ!!
アメコミファンなら尚更!!

そして、もう1つの見所はピーターのハジケっぷり(笑)
ジム・キャリーのようにオシャレでナチュラルではなく、ナゼかダサさが漂うトビー・マグワイヤ。
なんでだろうなぁ。
なんかダサいんだよね。
ジム・キャリーなら違和感ないのに。
この違和感はある意味見物ですな。


さて『4』は今のところ撮影予定はなさそうなカンジですが、作るには十分な前フリはあります。
コナーズ教授は出てたし、ジョージ・ステーシーもグウェンドリンも死んでないので十分できますね。
原作通りジョージはスパイダーマンとヴィランの闘いに巻き込まれた子供を助けるために殉職して、グウェンドリンもスパイダーマンを狙うヴィランに殺されてみたいな。
勿論、ヴィランはリザードとなったコナーズ教授で。
ダメですかね?
そうそうトリプルJもソロソロ、狙われてもいいんじゃない?