昨日、友達に泣き付かれて渋々キムタクの舞台挨拶付き『HERO』を観に行きました。
行ったのはいいんですが、私キムタクに興味ないんですよね。
(以降キムタクファンの方は読む事をあまりオススメしません)

ファンの皆様には申し訳ないですが、私ホントにキムタクに全く興味ありません。
14年連続で『抱かれたいオトコ』ランキングでNo1になっても
「ふ〜ん、そうなんやぁ」
くらいの感想しか持たない私。
ぶっちゃけ、生で見たいと思いません。
なんで誘われたときに断ったんですが、私しか都合のつく人がいなかったらしく泣き付かれて行きました。

行ったら、席が前から2列目の比較的中央。
某オークションではこの辺りの席は1枚25000円で売られてると聞きました。
「1800円が25000円って何だよ?!キムタク人気恐るべし!!」
と思ったのは言うまでもありません。
しかし、ナビオで一番デカい劇場の一番デカいスクリーンで前から2列目の席で映画なんて観れたもんじゃありません。
ってか観れません!!
しかも私このドラマ・スペシャル版ともに見たことありません。
映像見れない+ストーリーわからない+食後となれば行き着く先は一つ。
爆睡!!
気付いたらエンドロール流れてました(笑)
ホントいつ記憶が途切れたか全然覚えてないんですよ!!
(なんで『HERO』の感想はナシです)

そんなこんなしてるうちにキムタク登場。
キムタクが登場するや否や悲鳴にも似た歓声が劇場内を包み、この歓声で眠気もふっとびました。
しかも友達だけではなくまわりの人ほとんどが泣いてるという異様な雰囲気です。
「やべぇ、完全に場違いなところに来ちまったよ(´Д`)」
とキムタクやその後ろをついてくるオッサン2人(←監督とプロデューサーらしい)を見ながら思う私。

キムタクが話す度にうなずき、歓声をあげるファン達。
キムタクが手を振る度に手を振り、歓声をあげるファン達。
まるで新興宗教の儀式のような熱気と雰囲気です。
そんな熱狂的ファンのド真ん中にいる私はおそらく違う意味で目立ってたであろうと思われる。

その後キムタク達の話は続きますが、その間ずっと
「あれ?キムタク思った以上に日本人体型だな」
とか
「キムタク顔が特別小さいとか言うわけじゃないんだな。」
とか
「キムタクはTVでも普段でもキムタクだなぁ」
とか会えた感動とかはなく、思っておりました。

で、ここで予想外の展開に。
マスコミ撮影のために一旦舞台袖に引っ込むはずのキムタク達が、ファンサービス(?)で舞台袖に引っ込まないと言い出したのです。
マスコミが舞台に上がって準備するまでの間にキムタク達は舞台のヘリに座ってトークしだしたのです。
屈強なガードマンが間にいるとは言え、手を伸ばせば触れられそうな距離に友達は大興奮。
本人も
「今後もこんな近くで木村くんを見ることはできないだろう。」
と言って、瞬きを惜しむくらい近い距離でした。

なんの興味も持たない私が生キムタクをかなり近い距離で見るというのはキムタクファンの皆様に申し訳ない限りです。
生キムタクを写メしてここにアップしたいのはやまやまですが、さすがにムリでした。
全然レポートになってませんが、近くにキムタクを見たという事だけレポートさせていただきます。