T0007709p
どうも、エミです(・∀・)つ
長かった映画『ハリー・ポッター』シリーズもついに最後を迎えました。
ワクワクしながら読んだ原作は2年ほど前に完結し
ドキドキしながら公開を待った映画は10年目で完結となりました。
全ての話が繋がった原作に対して
映画のほうはどうだったんでしょうか???

今回も前作のハリー・ポッターと死の秘宝 PART1同様に丁寧に作られていました。
毎回言ってますが『ハリー・ポッター』シリーズはホントに伏線の張り方が上手いんですが、
映画ではそれをバッサリ切られてるしてるんです。
『アズカバンの囚人』と『炎のゴブレッド』がこの監督だったらシリーズ全体の出来ももっと良かったハズ。
かなり悔やまれます。
まぁ、それは今更なので置いといて今回のお話ですよね。

原作からの削除がないかと聞かれれば残念ながら
「削除はされてる。」
と答えるしかないけど、限られた時間で今まで張られていた伏線を回収したのはポイントが高いです。
更に過去の作品で削られた重要な伏線は違和感ができるだけないように巧く作られてて
『アズカバンの囚人』や『炎のゴブレッド』で散々広げられた風呂敷を
それなりに畳んだのは素晴らしいと思います。
(それでも原作未読だとキツイ部分はあるだろうけど)
そう言った意味でもこの監督もっと評価されてもイイと個人的には思うんですが、どうなんでしょ?


さて、話は前作に続いてダンブルドアの意思を汲んでヴォルデモートの分霊箱(ホークラックス)を探す3人。
PART2ではグリフィンドールの剣が一時的にグリンゴッツ銀行のべラトリックスの金庫に預けられたことから
残りの分霊箱がまだあると考えて分霊箱を奪取する為に金庫破りをするところから始まります。
ココで素晴らしいのはべラトリックスを演じたヘレナ・ボナム=カーター。
ハーマイオニーがべラトリックスに変身するから
外見はべラトリックスで中身はハーマイオニーっていうのを見事に演じてるんです。
ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが特殊メイクかなんかでべラトリックスを演じてるのか?
と一瞬錯覚するくらい(笑)

分霊箱を奪取した後はハリーがヴォルデモートとのつながりを使って
残りの分霊箱がホグワーツにあることを知り、危険を承知でホグワーツに戻ります。
残念だったのはここでダンブルドアの弟アバーフォースと妹のアリアナが出てきたのに
ダンブルドアとの確執が語られなかったこと。
いきなり出てきても…ってカンジですよね?
個人的には完璧と思われたダンブルドアも
栄光と権力を前にすると判断力を失うという欠点を持ってる普通の人間
だということがわかるエピソードなんで好きなんですけど…。


ホグワーツに戻った3人は
金庫破りで奪取した4つめのヘルガ・ハッフルパフのカップを
ハーマイオニーが「秘密の部屋」でバジリスクの牙を使って破壊。
その間にハリーは5つめの分霊箱がロウェナ・レイブンクローの髪飾りと分かり探します。
ロウェナ・レイブンクローの髪飾りは『不死鳥の騎士団』以降で出てくる
「必要の部屋」でクラッブ(ドラコの腰ぎんちゃく)の使用した「悪霊の火」によって破壊。

実はこのロウェナ・レイブンクローの髪飾り原作では『謎のプリンス』で出てきてるんです。
ハリーがプリンスの教科書を隠そうとした時に目印として置いたのが黒ずんだティアラで、
この黒ずんだティアラこそロウェナ・レイブンクローの髪飾り。
勿論、このときハリーはロウェナ・レイブンクローの髪飾りで分霊箱だったとは知らずに目印にしたんですが
色々アイテムがある中でこの小さなアイテムを目印にしたのは無意識のうちにヴォルデモートの魂が反応したからなんでしょうね。
こういう伏線の張り方がホント巧いなぁって思います。


6つめの分霊箱がヴォルデモートのペットであるナギニ。
この分霊箱を破壊するのが原作でも映画でもネビルですが
原作のほうがなぜナギニを破壊するのがネビルでなければならないかが解ります。
 
ネビルはハリーと紙一重で『ヴォルデモートを打ち破る者』にならなかった子供です。
ネビルの両親はハリーの両親同様優秀な闇祓いで不死鳥の騎士団に加わっていました。
しかし、ヴォルデモート失踪直後にベラトリックス達の磔の呪文により今でも聖マンゴ病院で長期入院中です。
(ベラトリックスはその罪でアズカバンに収監され、ネビルが薬草学が優秀なのも両親を治したいから)
両親のことが影響してかヴォルデモートや死喰い人への反抗心はとても強く
彼らに対しては本来持ってる勇気を持って対抗し
『不死鳥の騎士団』では死喰い人と戦い、
『死の秘宝』ではホグワーツ内で厳しい弾圧に耐えながら死喰い人に抵抗し続けます。

そしてハリーが死んだと思われたとき、最初にヴォルデモートに反抗したのもネビルでした。(←ここは映画も一緒)
ヴォルデモートは「組分け帽子」もろとも焼き殺そうとするんですが
ネビルは真のグリフィンドール生として「組分け帽子」からグリフィンドールの剣を取り出し
ヴォルデモートがかけた守りが解かれていたナギニを切り殺し分霊箱の破壊に成功します。
「組分け帽子」からグリフィンドールの剣を取りだせたのは
『ヴォルデモートを打ち破る者』の条件に当てはまっていたハリーとネビルだけで
ネビルがナギニを倒すのに十分な資質を持っていたかがわかります。
ところが映画ではそこらへんをバッサリ。
だから原作未読の人は
「なぜネビル!」
って思ったんじゃないでしょうか?

最後の分霊箱がハリーでヴォルデモートが(ハリーに)死の呪文を使って破壊。
これはヴォルデモートが意図せずに作った分霊箱で
ヴォルデモート自身ハリーが分霊箱であることに気付いてないんです。
だから『炎のゴブレッド』でヴォルデモート自身の復活にハリーの血を安易に使ってしまい
その結果ヴォルデモート自身がハリーの分霊箱になるという現象が起こり
死の呪文を使ったときハリーの魂が破壊されず、ヴォルデモートの魂だけが破壊されます。


そして分霊箱を壊す過程で知ったスネイプの思い。
これはホントにいい!!
例えリリーにしか好意を持ってなかったとしても永遠に思い続けるって。・゚・(ノД`)
原作では『プリンスの物語』として1章まるまる使ってるんで
もっと詳しく感動的に描かれてます。
原作を読んだとき、スネイプの最後の言葉
「僕を見てくれ」
を言わせたいがために1巻からずっと
ハリーの外見は父親似だけど目だけは母親似
っていう台詞を皆に言わせてたんだなぁと気付きました。
個人的にはこの伏線が一番好きですね〜。

逆に残念だったのは
・ル―ピン&トンクスの死亡がアッサリすぎ
・モリー(ロンのママ)vsべラトリックスの一騎打ちがアッサリすぎ
の3点。

ル―ピン&トンクスは『謎のプリンス』の最後に結ばれ
『死の秘宝』の前半でトンクスの妊娠が発覚します。
トンクスはホグワーツ最終決戦前に男の子(テッド)を産みホグワーツ最終決戦に参戦して
ル―ピン&トンクスは亡くなってしまいます。
ハリーの両親がハリーを守るためにヴォルデモートと戦って亡くなったように
ル―ピン&トンクスはテッドの将来を守るために死喰い人と戦い亡くなり
シリウスがハリーの後見人だったように
ハリーがテッドの後見人になります。
このことがないにしてもル―ピンは『アズカバンの囚人』からずっと出てるし
不死鳥の騎士団のメンバーなんだし
もうちょっと触れてやれよ!!
って思ってしまいます。

モリーvsベラもアッサリ。
モリーは不死鳥の騎士団メンバーで
モリーの弟も不死鳥の騎士団メンバーでした。
が、死喰い人達に殺害されてしまいそれ以来モリーは家族の死を一番恐れ
『不死鳥の騎士団』で自分の子供達がメンバーになることに大反対しました。
それなのにフレッドが亡くなり
ベラが相手にしてたのはジニー(&ハーマイオニー&ルーナ)。
しかもベラの死の呪文がジニーをかすめるという事態に
ブチ切れたモリーが決闘を挑み勝ちます。(←ここは映画も一緒)

ところが混雑にまぎれて倒したっぽいカンジ。
原作では何百人という人々がヴォルデモート対3人(マクゴナガル、スラグホーン、キングズリー)の戦い&ベラトリックス対モリーの戦いを見てたってなってるんで見所と言えば見所だったんですけど…。
モリーが魔法使いとして優秀かどうか具体的な記述は原作にないんですが
グリフィンドール出身であること
不死鳥の騎士団メンバーであること
子供たちが優秀であること
を考えると優秀な魔女だったんでしょうね。


長々と書いてしまいましたが、映画はホントに丁寧に作られていてイイです。
そして原作既読書としては感慨深いです。
もし、映画を見て原作を読みたいと思った方は是非読んでみてください。
映画の何倍も面白いですよ〜♪