どうも、エミです(・∀・)つ
桜なんかとっくに散ってますが気にしないでください(笑)
振りかえりも甚だしいですが、気にせずお花見のお話です。
でわでわ、どうぞ(。っ・ω・´)っ
蹴上を出て私が目指したのは京都御苑。(蹴上編はコチラの記事でどうぞ)
京都御苑も蹴上インクラインと同じで毎日24時間無料で開苑してるのでいつでも入れます。
ちなみに苑内で撮影は営利目的であれば許可がいりますが、個人的に楽しんで撮影をするぶんには自由に撮ってOKです。

私は地下鉄丸太町駅で降りたので烏丸通にある椹木口(さわらぎぐち)から入りました。
宗像神社の右手には↓↓↓
CIMG3192−1
真っ白なユキヤナギが真っ盛り。
アップで見ると↓↓↓
s-CIMG3193-1
白い小さな花が可愛らしい。
そのまま進むと見えるのが出水の小川。
出水の小川付近にも桜は植わっていて、この通り↓↓↓
s-CIMG3201-1


s-CIMG3206-1


s-CIMG3207-1
様々な種類の里桜が咲いており、芝生にはタンポポも咲いてました♪
後で知ったんですが、この出水の小川に植わってる里桜の中にギョイコウ(御衣黄)という珍しい桜があるそうです。
何が珍しいかと言うと開花した頃は黄緑色で最盛期を過ぎると赤く染まるらしく…。
是非、見つけたかった(´・ω・`)

出水の小川を更に北に進むと梅林&桃林があります。
さすがに梅は散ってましたが、桃は↓↓↓
s-CIMG3212-1


s-CIMG3218-1


s-CIMG3222−1
咲いてましたヾ(=^▽^=)ノ
通常、梅が散る頃に桃が咲き始め、桃が散る頃に桜が咲き始めるんですが
今年は桃が散る前に桜が咲くという珍しい現象が起こっておりました。
御所の南側にも桜は植わってて↓↓↓
s-CIMG3225-1
コチラはほぼ満開でした。

そして御所の桜と言えばコチラ↓↓↓
CIMG3228-1
宜秋門前の御所御車返(ごしょみくるまがえし)!!
一重と八重が交じって咲き、その美しさのあまり後水尾天皇が御車を引き返させたという逸話が残る桜です。
場所によっては↓↓↓
s-CIMG3234-1
まだ蕾が硬い部分があったり
s-CIMG3238−1
満開だったりと咲き方はバラバラ。
私が行った時はまだ人が少なかったですが、遅い時間に行くと人が写り込む可能性が大変高いです。

更に進んで京都御苑の北側を占める近衛邸跡にある糸桜を見に行きました。
まず最初にあったのが↓↓↓
s-CIMG3239-1
枝垂れ桜。
池近くは↓↓↓
CIMG3243−2
こんなカンジでまだチョット早かったようです。
s-CIMG3241−1

s-CIMG3244-1
ン─(´-ω-`)─… 青空が惜しかった。