2007年03月31日

小休憩・・・・・・旅立ち編

9df23ef5.JPG3月25日 

ご報告

無事卒業式を迎え、長かった学生生活をに終止符を打つことができました。
切ない気持ちでいっぱいです。

しかし、なぜ雨!?嵐!?何ででしょう。よく考えてみると、私の学校生活
重要な行事には雨がつき物でした。卒業式に関しては、小・中・高・大とすべて雨。
いつかの修学旅行は台風だったような。
また今回も、両親に「えみちゃんはほんま雨女やなぁ〜」と鼻で笑われるしまつ。
まぁ、仕方ありません。神様が、よくがんばったと涙を流してくださっているのでしょう。←プラス思考


これからは、本当に気合を入れてがんばっていかなければならないんですね。
社会人になるなんて信じられませんが、とにかく早く信用してもらえるよう
がんばって生きたいと思います。

卒業。。。

クラスの卒業式で教授がお話してくださったこと、
「ご両親に、感謝の気持ちを込めてありがとうといってあげてください。
口に出していわなければならないこともあります。」

とおっしゃいました。そーだなぁ。口に出してありがとうなんて畏まって言った事ないや。

ホントは感謝のきもちでいっぱいです。

5年間、何不自由することなく勉強、サークル、留学etc充実した日々を送ることが
できたんですもんね。

ありがとーーー!

そして、この卒業式で思ったこと、いろんな人との思いを受け止め、受け継ぎ、
そして伝えていきたいと強く感じました☆

終わりは、少し切ないこともありますが新たなスタートへと続く光り輝く
扉だったりします。

2007年4月好スタートが切れますように。









謝恩会


卒論の主査、高屋先生です。あんな駄作に「優」という成績を頂き感謝です。
お世話になりました。






謝恩会2






椿山荘にて行われた謝恩会は祖母の思いがぎゅっとつまった振袖で参加☆





謝恩会3




中国語・中国文学専修の卒業生と先生方です。




おせわになりました☆

emi5858 at 12:49|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2007年03月30日

5カ国目 BERLIN/GERMANY

ベルリンに到着したのは、いいが、今後中欧の旅に向けて
時間配分を担当する行程大臣サンドイッチマンがぴりぴりしている。

この後チェコにいく予定だったが、ベルリンで一泊するか否か悩んだ挙句、
結局観光は一日のみで、次の日のあさ6時にチェコにむけて出発することに
なった。要するに、ドイツにいたのは実際短い。

朝早い出発とあって、宿もバスターミナル周辺にとらなければならないが、
「地球の歩き方」にもあまり載っていない。
ということで、地下鉄にのってツォー駅へ。

偶然にも、駅のすぐそばにホステルがあってそこに宿泊。10ユーロで格安!快適!
ベット数およそ14個。多いほうですねぇ。AOHOTELという名前で、
ベルリン以外にもハンブルグ、ミュンヘン、プラハにもあるよーー!


ユース








宿に荷物を置いて、市内観光へ。
ツォー駅前を出発するNo.100に乗れば、市内の主な観光スポットを
回れます!


バス







戦勝記念塔ジーゲスゾイレ、ベルビュー宮殿、旧国会議事堂





ブランデンブルグ門

ブランデンブルグ門








ベルリン大聖堂


ベルリン大聖堂










3時ころには宿へ戻ってました。まともにベットでゆっくりと落ち着いて寝るのが
久しぶりだったからか、それから倒れこむようにベットに横たわるーーー
2人で爆睡☆



夜のベルリンを散歩して、待ってました!!!
アルコール!!!!ビアーーーーーー!


ビアー




空腹時にジョッキ2杯ほどを頂き、ほろ酔いでしあわせぇぇぇぇぇぇ
この後、ドイツ名物巨大ソーセージにかぶりつくwww


明日は4時に起きなければ・・・





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

《交通》
バス、Uバーン、Sバーンのチケットは共通でゾーン制。中心のABゾーンなら、
2.20ユーロだよ〜
観光のときは、一日乗車券もお得!5.80ユーロなり。



《宿泊》
AO HOSTEL
ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘン、プラハにあり。10ユーロから。
値段の割には、清潔で充実している。
www.aohostels.com



emi5858 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!trip 

2007年03月29日

4国目 AMSTERDAM/NETHERLANDS

朝起きたら、身体が軽くなっていたので少し安心した。
マリファナあんちゃんは、朝早く出て行ったようだ。
あのあと二人の男性が加わってたみたい。

朝食付きだったので、ラッキー。パンと目玉焼きを食べた☆

出発!



コインロッカーを探すが、クレジットカード式しかなく、ここでカードを
使うのは危ないと考え、およそ10キロのリュックを背負ったまま観光へ。


街を散策ーー

amusu1amusu2




レンブラントの家や市庁舎を見ました。















ダム広場の王宮


ダム広場の王宮

今は迎賓館として使われているみたい〜








アンネ・フランクの家



アンネ・フランクの家

ここに入るまでに30分以上は並びました。
中は、当時の内部構造はそのまま垣間見れとてもよかったです。





旧教会


旧教会

ここの周辺は「飾り窓」がいっぱいあって怖かった・・・・
下着姿の女の人がガラス張りのブースで客を待ってる姿が今も目に焼きついています。やはりこのあたりは治安が悪いようです。








アムステルダム中央駅周辺を散策。
ボートにのって運河めぐりをしたかったが、タイムアウトでできなかった・・・


夜11時ごろ発のユーロラインにのって、今度はベルリンに。

今日も車内泊です。


ユーロライン カウンター








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

《交通》
トラム、バス、地下鉄がある。
主に使ったのは地下鉄。1ゾーンが1.6ユーロでした。




emi5858 at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!trip 

3カ国目 BRUSSELS/BELGIUM

三カ国目はベルギー。

ロンドンを夜8時ごろ出て、ベルギーの首都ブリュッセルに着いたのは
午前5時ごろだった。あたりは真っ暗で、夜が明けたのは8時過ぎだった。

朝から、寒気が・・・体中に悪寒が。このころから熱があったのでしょう。
今日の夜は、オランダに向けて出発することになってる。4時間でつくから、
アムステルダムに宿をとった。


身体の調子は悪いが、観光観光〜



ベルギーワッフル




朝、さっそくワッフルを食べた。私はプレーン。かりっ!もちっ!の食感さいこー
若干甘いがまだ許せる。相方は、ワッフルにチョコがかかったものを食べていた。

どっちも有名だが、この2つのコラボはかなり強敵だった。今まで食べたが中で、
一番甘い・・・


そのあと、グランプラスへ



グランプラス

ホントにすてきな大広場。ここに、市庁舎、王の家などなどが。














小便小僧








これぞ、ベルギー名物小便小僧。“ブリュッセルの最長老市民”なんだって。
でも、ぼーっと道を歩いてたら見逃します。
それぐらい、ひっそりと佇んでいました。



サンミッシェル大聖堂



王宮







王宮



そのあと、寒さに耐えれず自由行動に。私は、カフェでじっとしてました。


ユーロラインを利用して午後6時アムスに向けて出発。


4時間後、バス停についてベンツのタクシーに乗り宿まで。
宿は、オランダでは合法のマリファナ臭が漂い、らりった兄ちゃんが寝ている
薄暗い部屋でしたwww少し怖かった。








《宿》
Hotel My Home
アムステルダム
Haarlemmerstraat 82
tel:31-20-624-2320
アムステルダム中央駅から徒歩10分くらい。
時間によるが、日本人スタッフが電話対応してくれる。
1bed/25ユーロ


emi5858 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!trip 

2007年03月12日

2ヶ国目 BRITAIN/LONDON

3日目/2月16日

11時間のフライトを終え、ようやくロンドン、ヒースロー空港に到着する。

ヒースローの入国検査ほど厳しいものものに出会ったことはない。
我々の関係から、渡航目的、滞在期間、入国予定国そして帰国便のチケット
などを見せなくては通してはもらえない。。。みなさん、ヒースローを
使う際は御覚悟を。

「のどやられた。。。」とのSANDWICH王子の言葉にこれは熱が出る・・・と
一瞬やばいと思った。

ともあれ、今日はあらかじめ予約したホステルへ向かうため、地下鉄ピカデリー
ラインへ。券売機の前で、思わず悲鳴を上げた。高い高いとはきいていた
イギリスの物価。地下鉄1ゾーン=4£。日本円で1000円ですよ。
おそろしいーーー

夜は、ホテル周辺を散策。って言っても歩きましたね。歩いて10分程度で
ハロッズに、そこからハイドパーク、バッキンガム宮殿。彷徨いました。


4日目/2月17日

今後の旅の交通手段について何を使うのが適当か・・・

ユーロライン(バス)かユーロレイル(鉄道)。

とりあえず、情報を求めてビクトリア駅へ。
当然、バスですよね。で、国際線15日間乗り放題のユーロラインパスを
購入する。このユーロラインパス。ユーロレイルパスのほうが有名だからか、
バックパッカーの間でも全員が知ってるというわけではないユーロラインパス。

ユーロレイルパスでは回れない中欧も網羅しているので、
時間はあるが、お金はないという人にはピッタリです。
後に詳細を載せますので、参考に☆

今日は一日観光日です。




VICTORA駅周辺

ビクトリア駅周辺



バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿






グリーンパーク、セントジェームスパーク



ビックベン

ビッグ・ベン

国会議事堂周辺、ウェストミンスター寺院、テムズ川沿いを散策



昼食:SANDWICHとダイエットコーク、3£程度








大英博物館


大英博物館(ひろい!何気に2回目なのでした。一番のお気に入りは、ミイラと
パルテノン神殿の彫刻群)


ここでSANDWICH王子の体に異変が・・・

悪い予感的中です。先に宿に帰るとの事。ここからは一人で夜景を見に行きました。







夜景



ロンドン


再び国会議事堂周辺に戻り、夜のロンドンを楽しむ。







9時ごろ、宿に戻ると王子は発熱で朦朧としてました。12の
ベット、うすーい布団、熱がりの金髪ももひき男児による窓のあけっぱなしとテレビ
のつけっぱなし、ゆっくり休めなかったことでしょう。
とりあえず、抗生物質と解熱剤を飲んでもらう。明日の夜行で移動できるか・・・
るのか・・・



5日目


朝、王子の笑顔が見れて一安心。本人いわく、まだ熱はあるということだったので、
もう一泊しようかと提案するが大丈夫だそうだ。また、朝薬を飲んで様子を
見ることに。

外は、真冬並の寒さ。


今日は、昨日ゆっくり見れなかった国会議事堂周辺へ。



12時発のテムズ川クルーズへ。

ロンドンの見所がまとめて見られるのでかなりお勧めですよー☆


クルーズ

タワー・ブリッジ



ここから、自分の体に異変が。。寒すぎる。。。震えが停まらん。頭が痛い。。




ビクトリア駅2階のファーストフードコーナーで一人4時間弱留まる。
座っていることより外気に触れることを恐れて。


歩いて5分、バスターミナルへ。
夜行バス、21時発のブリュッセル行きに乗るが体調は最悪。
その上、黒人のおじさんから「チンシャン(一声一声)」と言われる。
我々をチーナだとみなしていることは分かったが、不覚にも意味が分からない。

すると、中国語学習暦5年の王子が、「チンシャン、って」。王子は理解して
いるような。

後で判明チンシャン=どうぞ、乗車してください。だった。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
《交通》
地下鉄:zone1−5、1−6以外は3£、zone1−5、1−6は4£
(地下鉄使って観光するなら、トラベルカードがお得!)

ユーロライン(バス)
詳細は→http://www.eurolines.com/ (英語)


《宿泊》
Meininger City Hostel & Hotel London
シングルから12人部屋まであり。
自分たちの場合、12人部屋+朝食付で一泊10£程度。これかなり破格です。

格安ホステル予約サイト、HotelClubを使用。その中でも、直前予約はかなり割安。
http://b2b.ratestogo.com/default.asp(直前予約サイト)


《食事》
安く済ませたければ、スーパーに行くしかないのでは・・・
あいにくイギリスではレストランに入っておりません。




emi5858 at 20:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!trip 

2007年03月10日

一ヶ国目 CHINA/BEIJING

今後ヨーロッパを安く旅行したいと考えている方のお役に立てればと
観光以外にも交通、宿泊等も紹介していければと思います☆

ではでは、最後まで続けられるか!?と、少し不安ですがお楽しみあれ!

『2007 卒業旅行 ふらっとヨーロッパ周遊&ちょこっと北京』
ダイエット旅行だということをお忘れなく☆

1日目/2月14日

14:55発 NRT 東京
18:00着 PEK 北京
所要時間 4時間05分

北京到着後、この日は即あらかじめ予約しておいた宿へ向かいました。
ちゅーごくといえば「食」ですねぇぇぇ!
今回食べたいものはいっぱいある。えーーー、北京ダック、羊肉串、火鍋。。。
2泊3日の予定でどこまで食べれるか・・・がんばりますwww

到着後、シャトルバスに乗って北京駅へ。これが予想以上に時間食いました。
かなりの渋滞です。。。宿に着いたのは9時まえだったような。。。

部屋に荷物を置き、お湯の出を確認した後、夕食にでかけまするぅぅぅ。

夕食は、京醤肉糸、ブロッコリーの塩炒め、ご飯、燕京ビール。
相方さんは、料理のおいしさに絶句。お顔がにんまりしてました。
そのあと、隣の夫婦が食べていたジャージャー面が気になり注文することに。
これもGOODでしたね.

春節まじかということもあり、滞在中常に爆竹の音が聞こえてました☆


2日目/2月15日

7時起床。今日は歩くぞーーー!
まず、北京駅で地下鉄に乗るため歩く20分ほど。
その間に、朝食。肉餅など合計2元で買い立ち食い。

北京








天安門(朝早かったので人が少なかったです。)
故宮(工事中)
景山公園(修復完了のようでした)



天安門から
SANDWICH王子’s







バスにゆられて、バス停「成府路東口」まで。語言大学の前を通り、
水餃子がおいしいと評判だったあのお店に行こうと思ってたのですが、
なんとなくなってました・・・
なので、郭林へ。
昼食は、魚香肉糸、酸辣湯、豚ばら肉の唐辛子炒め(笑)、ご飯。
カプサイシンとりすぎでした。

バス停「五道口」から北京大学へ(友人・李連傑に会うために。→辞職してました。)
北京大学西門からバスでい和園へ!

そして、五道口に戻りマッサージだーーー!そう留学生のオアシス「和子」
に行きました。相方さんは、このマッサージ後、足が大分軽くなったといって
おりました。そして、北京での最後の食事、北京ダックを食べに
「香満楼酒店」へ。当初の予定では別の場所で夕食を取る予定でしたが、
激しい頭痛に襲われたため急遽宿の近くに変更しました。
「香満楼酒店」もおすすめだよ!北京ダック一羽でたしか60元くらいだったはず。
ぜひ行ってみて下さい。

宿に戻り、マドリッドの宿を簍縮鵑圭⊃押

「夜吐いてても気にせんとってよ」と阿波弁で相方に言い、ロキソニン(鎮痛剤)と
ムコスタ(胃腸薬)を飲み明日のフライトに備えて寝る事に。


3日目/2月16日

北京よ、また来るぞ!ご飯をたべに☆


11:55発 PEK 北京
15:05着 LHR ロンドン
所要時間 11時間10分

Let's go to EUROPE!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


《交通》
バス:1元から
タクシー:ワンメーター2元(高くなりました。)
地下鉄:1号線・2号線(環線)・13号線・八通線の4線です。1・2号線に乗る    場合,13号線のみに乗る場合,八通線のみに乗る場合は,それぞれ3元。そ    れ以外は2線にまたがる場合は5元。


《宿》
実佳旅館(Saga International Youth Hostel)

北京市東城街史家胡同9号
No,9 Shijia Hutong, Nanxiaojie
Beijing, China
TEL:86-10-65272773

Room Type /per person
ドミトリー(3〜10人タイプ 男女MIX)50元〜70元
ツイン 90元

我々は3人部屋に!

《レストラン》

香満楼酒家
朝陽区新源西里中街18号(漁陽飯店西側)
010-64674391
北京ダック以外もあります!メニューに写真が載っているのでご安心を!


DEAR SANDWICH王子
北京は楽しんでいただけましたか??




emi5858 at 21:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!trip 

2007年03月09日

ただいまです。

2月14日に日本を発ってどれほど経ったでしょうか・・・

ようやく無事帰国しました(*´∀`*)

いろいろ相談にのっていただいた方に感謝です☆スムーズに
旅を進めることができました!

えー今回は相棒SANDWICH王子と回ったわけですが、この方にも感謝です。
苦楽をともにさせていただきました。。。ねぇ。
この場を借りてお礼申し上げます。

で、皆さんも気になっていると思いますが、どこに行ったんぞや!?!?!
ということですよねwww

はい、ご説明します。






中国(北京)2007/2/14〜16

北京









イギリス(ロンドン)

ロンドン









ベルギー(ブリュッセル)

ブリュッセル









オランダ(アムステルダム)

アムステルダム













ドイツ(ベルリン)

ベルリン








チェコ(プラハ)

プラハ









オーストリア(ウィーン)

ウィーン








ハンガリー(ブダペスト)

ブダペスト















イタリア(ローマ)

ローマ









スペイン(マドリッド)


スペイン(バルセロナ)

バルセロナ


パエリア










フランス(パリ)

パリ









こんな感じで進めてきました。

移動は、バスと格安航空会社の飛行機ですねぇ。
バスや、最低料金7ユーロのドミトリー、相当危険だと脅された浮浪者臭漂う
バルセロナ空港で寝てました。
ご飯は、なんせ節約だったので一日2食が基本でしたね。っていっても、
パンだけとか。疲れた後のコークは体にしみました。相方さんにいたっては、
一日何も食べないときとかありましたよ。

比較的物価の安いチェコ、ハンガリー、スペインでは名物料理いただきました。
一生忘れませんね。
というか、この旅行の食事を全部思い出せる。。。(笑)
あと、よく歩きましたね。ただ交通費をケチっていただけですが、
ダイエット旅行だったので一日15キロ以上は軽く歩いていました(笑)

相方さんもダイエット&貧乏というテーマを私以上にストイックに守って
いました☆



一カ国ずつ思い出を綴っていけたらなと思います〜

お楽しみに☆







emi5858 at 17:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年02月13日

2月14日は・・・

(*^o^*)

最近、徳島の実家に戻っていました。
毎日、お爺様とお婆様のアッシーとなりよい子にしていました!
あとは、高校受験を控えた弟のカテキョをしてきました。
めっちゃスパルタ。。。でもMな彼は、私が東京に戻るとき
厳しい家庭教師をやとってくれと親に直談判していました笑

楽しい実家生活だったーーー!!!

そして、明日から『ブラブラうろうろヨーロッパ周遊&ちょこっと北京』
と題して
卒業旅行に出かけてきます。

たのしみというより不安で胸がいっぱいです。

とりあえず、航空券とリュックだけはもちました!あとは、向こうで。

そう私にとって2月14日は思い出深い日なんです。
2年前は、北京へ出発
1年前は、秘密☆
そして今年はヨーロッパへ

明日はまず北京へいきます!!わぁぁっい。一年ぶりの北京!
向こうは春節だって。
もちろん北京ダック食べてきますわぁぁぁぁ
今回は前門の利群カオヤー店に足を運ぼうかと。

たしかMINORUくんおすすめしてたよね!?楽しみにしてます☆

ではでは、がんばっていってきます!








emi5858 at 22:11|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年01月23日

インド旅行 part

間が開いちゃいましたが、インド旅行記続行です
最近、というか昨日下の右奥の親不知歯を抜歯。。。激痛とひどい腫れに
死んでおりました。
「左はもっと大変だとおもうよ〜」って、先生そんなに簡単に言わないでよ

この前は、ベナレスに到着したところまで書いたのでその後を追っていきます。



6日目

AM:朝3時起き。ガンジス川をボートで見学★一番来たかったところ。
私と相方は、ある決意をもとに車に乗り込む。









ガンジス川




観光客に群がる少年。川に捧げるための花を売っている。



2





3






ボートを待つ。






4、クマールさん5







空は薄暗く、小雨が降る、ひんやりした朝だった。









6沐浴








ここに来て感じるのは、現世での差別を越え、性別をこえ
みながこのガンガーに浸りたいという熱い思いだった。
ガンガーの岸辺に連なるガードは60もあり、沐浴の場として、火葬場として
使われている。また、その後ろには、死を待つ家という施設もある。
生と死が混在する川。



私たちは、ある思いを抱いてここに来た。


それは、このガンガーで沐浴することだった。







7沐浴



ケーダール・ガード

ここは、誰でも沐浴することができる場所だという。
場所によっては、地域や位が限定されてくる。



(あいにく沐浴シーンは友達のカメラに・・・お見せできないのが残念です)


なぜ!?あんな汚いところに!?と思う人もいるかも知れない。
その理由は。
1、『深い河』遠藤周作著を読んで
2、ここまで来たのだからという思いがあって
3、不思議な力がそうさせた

ガンガーに足を浸した瞬間、冷たい水が足先を包む。一歩一歩・・・
足を進める。目前では黒髪で色白そして背の低い2人をめずらしがって
写真を撮っている。

あぁ。。つめ痛い水は私の中にある『悪』の要素を消し去っていくようだった。


隣の初老の男性と目があった後、少し躊躇してできなかったこと、
そう、顔を全身を浸した。


ふううううううう、やっちゃった★★


自己満足かもしれないが、なんだが心が浄化された気がした。



そのあと、再びボートに乗りこみ、マニカルニカー・ガードへ向かう。





煙8


遠くに煙がみえるだろうか。。。

マニカルニカー・ガード付近では写真撮影禁止。

ここは、火葬場のガードで、24時間火葬の煙が途絶えることがない。
白い布で覆われた死者がガンガーの水に浸され、薪の上ののせられると、
喪主が火をつける。

その灰は、火葬場の仕事をするドームカーストの人たちによって
ガンガーへ。




その付近で、ボートを降りて大通りにでるために、裏道を通る。

そこは・・・・








910








異様な臭いが漂っていた。






emi5858 at 21:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

インド旅行 part

6日目、夜行列車に乗ってベナレスを後にする。



7日目

AM デリー到着後、朝食をとり、最後の市内観光。。。


今日は、夜の飛行機に乗って成田に帰る予定★



ラール・キラー



ラール・キラー





ガンジー1ガンジー2




ガンディーの墓





フマユーン廟




フマユーン廟
皇帝の墓で、イスラム建築の美しさが堪能できる。





時間が余ったので、街のバザールへ★









123







そして、インドの旅は終わりを迎える。






4




またいきたーーーーい!!


お勧め度★★★★★


emi5858 at 20:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年01月08日

インド旅行 part

以前ブログにも書きましたが、9月21日から9日間に亘って友人と
インドに行ってきました!!!
アップが遅くなりましたが、写真を交えて簡単に記しておきます☆



1日目 
12:00 東京発→→夜:デリー着
 
 約9時間のフライトを終え、一日目はデリーで宿泊しました。

 夜遅かったのでレストランも開いてなく、外にお店がなかったので、
 ルームサービスを頼むことに。

 “Please buring me TWO HUM AND TWO CHEESE SANDWICHIES !”



そうです、きました。一皿に6つずつ置かれたサンドイッチたちが4皿。
 
 二人で、爆笑し、英語は難しいと再確認。
 明日からが心配だーーー!


 食べきれない












2日目 
AM 市内観光
PM デリーからジャイプールまで車で約300キロの移動


 市内観光


大統領府


大統領官邸



インド門


インド門 
高さ42メートル、第一次世界大戦で戦死した兵士の慰霊碑で、その表面には
約1万4000人一人一人の名前が刻まれている。

1月26日の共和国記念日には国軍のパレードが行われるようだ。





くとぅぶ・ミーナール2


クトゥブ・ミーナール

デリー観光でははずせない所!ヒンドゥー教とイスラムの争いの跡。
ヒンドゥー教徒に対する勝利を記念して立てたもので、寺院は破壊され、
コーランが外壁に刻まれた5層の塔がその象徴とさている。



午後は


ハイヤー



この車で、ジャイプールへ。ホテルに着いたのは7時、約7時間かかりましたねー




さてここで、旅行中毎日食べ続けたカリーについて少しご紹介を





カレーカレー2



私のお勧めはチーズと卵のカレー!マイルドでおいしかったよ。
あと、向こうの人はナンよりチャパティを好んで食べるみたいですね〜



思ったより辛くなくおいしいカレーを食べ続け、太る・・・






3日目

終日ジャイプールを観光。ジャイプールは旧市街地と新市街地がある趣ある
街ですよ。




アンベール城2



アンベール城

16世紀に築かれ城。ここはアンベール王国の首都だったようです。
山の上にある城からは街全体が見渡せます!ここは少し郊外にあります。





午後は旧市街地へ



風の宮殿


風の宮殿



商店が立ち並び多くの人が行き交う街はとても新鮮でした。




野菜売り


野菜を売っていたり



紙タバコ



インドでポピュラーなタバコ、紙タバコを売ってたりする。






シティーパレス


シティ・パレス

1726年サワーイ・ジャイ・スィン2世により造られた、街の中心にある建物。
中には博物館もありますーー





4日目からはpart兇如

お楽しみに☆



emi5858 at 00:09|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

インド旅行 part

4日目

AM  ジャイプールから
   インドのポンペイと言われるファテプールシクリ観光へ



1













PM   観光後、でアグラへ
    愛の町と言われるアグラの見どころへ!!

    アグラといえば、ダージマハルandアーグラー城








アーグラー城アーグラー2








アーグラー城

世界史の資料集の世界ですね。ヤムナー川沿いに建つアーグラー城は1565年
アクバル帝王によって築かれたムガル帝国の権力の象徴。
その見晴らしは、最高!ダージマハルが川の水面に浮かぶように見える。











さーーーーーー!お待たせしました!!!!





ダージマハル2












ダージマハル お勧め度★★★★


2時ごろつきそこで時間を忘れるかのように3時間も留まっていました。
皇帝の王妃に対する深い愛情を感じるのでした。
ダージマハルの裏からは、ヤムナー河の対岸に皇帝自身の墓を立てようとした
痕跡が見られるのでした。


今度は、満月の夜に行きたーーい☆




4














5日目


移動の日!

AM  インド国鉄の列車でベナレスの玄関口ムガールサライへ







駅


駅の様子です。




9時間ほど列車にゆられたでしょうか。相席になったのは、おそらく日本人
嫌いの親子。ふてぶてしい娘に2人でキレテイマシタ。

駅にとまるたびに、小さい子供が残飯集めや掃除に来るんですよね。
駅員さんに見つかったらひどく扱われてて。

アーやって生き延びてる子供たちがこの世界中に多くいるんですよね。




夜遅く、ベナレスに到着。

このたびで一番楽しみにしていた場所でした。

聖なる河ガンジス川に沐浴する前にさまざまな思いをめぐらすのです。



emi5858 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年01月07日

謹賀新年

3adde851.JPG新年明けましておめでとうございます

昨年はあまり積極的に行動することができなっかったような・・・
ヒッキーでしたねwwwあとブログ更新もなかなかできなかった。
(夏のインドと年末にいったトルコのUPは絶対したいなー!)


そんな反省も考慮入れながら今年の目標と立てました!!

2007年の目標
一つ、たくさんの友人をつくる
一つ、何事にも挑戦し、積極的に取り組む
一つ、ダイエット!!!!マイナス5キロ
一つ、部屋をいつもきれいにする
一つ、中国語と英語を勉強する!

特にみなさんに覚えていてほしいのは三番目のダイエットですね☆


2007年も素敵な年にしていきたいと思います!

皆様、本年もよろしくお願いします


emi5858 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月10日

結婚就是一生的幸福之一

昨日は先輩の結婚式に出席した
「幸せ」、あの場にいた誰もが感じたことだろう☆
いいなぁ〜
今回感じたことは、互いに大切に思い合える人と結婚したいってことですね☆
2人が優しい目で見つめあう瞬間、笑顔で会話している瞬間、
そして2人が目に涙を浮かべる瞬間、どれもが素敵だった

御二人とも素敵でした☆
末永くお幸せに


それでは先日行ってきたインド旅行を紹介します☆

9月21日

リュック



この夏お父さんに買ってもらったリュックで旅に出る。これを使うのは、
台湾についで2回目。今回も頑張ってください^^

12時成田発、エアーインディア307便にてガンジー国際空港へ〜

機内にて

水漏れ、体臭気にしない〜♪ こんなんじゃ、ガンジス川で沐浴できない〜♪


それは到着30分前のことだった・・・
「姉さん事件です!」
二列うしろの席に座った相撲Tシャツを着た
小太りのインド人が、暴れていることに気づく・・・
テロ!?ハイジャック!?

見てみると半分以上あけたウイスキーの瓶を振り回してる。
客室乗務員が集まってくる・・・

彼は・・・警察に連衡されたようだ。。。
怖いわー



こんな感じで一日目が終わったのでした。



emi5858 at 22:28|PermalinkComments(3)TrackBack(1)clip!

2006年09月20日

お久しぶりです☆

こんにちわ
お久しぶりです☆☆

ほんとにお久しぶり☆

一次は、ブログやめようと思ったけど、旅だけは記さないとなぁと思って。
去年の今頃とかジャンプしてみると懐かしいんだよ〜

夏休み、もう終わりですね。。卒論やらなきゃーーー>。<

夏休みいかがお過ごしでしたか??
私は8月、バックパッカー一人旅in 台湾一周を決行しました。
日の出をみに阿里山(台湾一高い山)へ行ったり、離島に行ったり、
台湾最南端でヒッチハイクしてみたりと、お母様には言えない旅をしてきました。
楽しかったよ〜
ゲストハウスで知り合った子が台湾人の友人に会うって言うので、ずうずうしく
ついていったら、、、、おいしいショウロンポウとカキ氷をごちになりました^^




西門


西門、日本でいう原宿かな





衛兵

中正記念堂にてat18:00
衛兵の交代に間に合いました。うしろには蒋介石の銅像が中国の方向を
向いて座っています。そこで、30分ぐらいぼーっといろんなこと考えたな〜




阿里山からの日の出阿里山からの日の出


阿里山に行きました。海抜2600mまで森林鉄道を走るトロッコ列車が
半日かけてつれってってくれます。朝起きたの、3時。
寒かった・・・
でもきれいでしたよ〜



高雄で

高雄での思い出。海鮮三昧、ゲストハウス安かった〜、
そして一番の思い出は誰もいない映画館で貸切1人一きりで
ユナイテッド93を見たこと(笑)



hending


台湾最南端。おーーーーーって叫んで見ました(笑)



ってなわけで、今日はこれぐらいで。


で、話は変わりますが、明日からインドいってきまーーーす
楽しみ☆
とりあえず、物乞いたちに配る飴玉を持っていこうと思います。

行ってきます。。

現実逃避だね・・・卒論・・・



visa

emi5858 at 22:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年03月18日

明日は

の業種に行ってきます!
Go to SHIODOME

emi5858 at 22:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

お久しぶりです

b4ab9ec5.jpg帰国して2ヶ月、サボってましたねー。
ごめんなさい

最近は、就職活動一色。就活バカって言われて凹みましたけど、
一回始めたことには猪突猛進になってしまう自分の性格上、言われても仕方ないのかなと思ったり。今したいことは、もう一度中国へ行くことかなぁ。
あと、インド、アメリカ、トルコ・・・あと、韓国にも行かなきゃ。

そんなことに夢を膨らませながら、将来の自分と話合う毎日。

ある先生が、
「今していることを信じなさい。大丈夫。」
と言ってくださいました。

はい。

あるときは、今までの私見てくださいって大きな気持ちになるけど、
やっぱり小心者なのかも。

自分が成し遂げたいことって、何なんだろう・・・

夢って・・・

毎日、これらが頭を駆け巡ります。

手遅れ!?どうしよう・・・


emi5858 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年01月07日

1月7日まで

年明け早々、私の体は悲鳴を上げていた。
2週間以上続く吐き気、腹痛、頭痛。。。

1月5日、午前のテストを終え、一人病院へ向かった。

また、精神安定剤をもらうのかと思ったが、それはまた違うものだった。
精神安定剤より強烈だ。
精神がめちゃめちゃになった。
誰にも会いたくない。会いたくない。会えなかった。

帰国を3日後に控え、私の頭の中は不安と恐怖でいっぱいだ。
と同時に、自分のバカさ加減にあきれていた。

もう、世界なんて終わればいい。

そんな気分だった。

帰国まであと3日しかない。だから、いやでも話さなきゃいけなかった。
話さなければ。

もう、あのときのことを思い出すだけで胸の奥のガラスが割られた
かのような衝撃と痛みをともなう。




あぁ。。。
明日、私は北京を発つ。
今考えると早かった。そう、早かった。というより、すべてに、必死だった
からかもしれない。

留学が終わる。明日。

そう、終わらさなければならない。





emi5858 at 02:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月02日

謹賀新年

5bed3de6.JPG新年明けまして
    おめでとうございます。



一日遅れですみません。昨日は自分のミスで1月分のお金を払い忘れており、
ネットに繋ぐことができませんでした。


やっと、ネット復活!!!

お正月。
もし日本にいたら、実家・徳島にいます。
ごろごろしています。
おいしいものいっぱい食べて、初詣行って、親戚回りします。
そして、お年玉もらいます…

なのに!!!

今年は、1日から、帰国のための準備、今日から始まったテストのための準備。

ワタシハ ナニヲ シテイルノカ。。。

おしょーがつって感じまったくしません。


ちょっと、文句ばっかり言ってみたところで




2006年がみまさまにとってすばらしい一年でありますように★

本年もよろしくお願いします。


emi5858 at 14:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年12月31日

総括(訂正編)

今年一年を振り返る・・・

『中国留学』

これに尽きるだろう。

いろんなことを経験した。
パソコンするとき以外はほとんど中国語を勉強した。
休みの間は中国中を旅行した。
ミスを犯した恋をした。
そして、数え切れないほどの出会いをした。

日本にいては経験できないことを、中国でさせてもらった。


中国に来る前に立てた目標。
それは、「中国語をマスターする」「素直になる」
の二点だった。

そう、まだむねをはって達成したとはいえないかもしれない。
でも、確実に目標にいっぽ近づいていることを実感している。

挫折を味わい、つらい思いをした一年。
でも、けっしてつらかっただけではない。喜びもあった。
この留学から得たものは今後の人生の糧になってくれることであろう。
いやしてみせる。

帰国はあと8日後に迫っている。

今日から、中国でお世話になった人に会うことを始めた。
何人に会えるかわからないが、全員に「ありがとう」をいってお別れしたい。

ほんとうに心から感謝しているから。



今朝北京にこの冬ははじめて雪が降った。どこか、はかなかった…












本年も誠にお世話になりました。2006年もどうぞよろしくお願いします。












夕日

emi5858 at 22:08|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!