シゴト事。

September 29, 2008

反響。

実感。今日、久々にシゴト事でじーんときたこと。

先週NHKの取材依頼を受けて、広報部の担当としてセッティングして、しかるべき事業部の人たちに対応してもらった。
その内容が今朝の「おはよう日本」で放映されて、私もちょこっと映ってた。


帰る頃。
ここ数ヶ月、バタバタと忙しくて遅い日が続いたから、今日くらいは早く帰ろうと思ってデスクを去り、ごみを捨てにフロアの中央にでーんとあるリサイクルステーション(要はごみ捨て場)に行った。

そしたら、そこに居合わせた全然知らないおっちゃんが、
「今日TV出てたねー。見たよ!」って明るい一言。

そこから少し、会話が生まれた。
名前も知らない、どこの部署かも分からない人と、頑張ったシゴトの成果を通してコミュニケーションが生まれた。


なんか、じーんときたの。


広報部に来て、11月が来たら1年になるけど、未だにやりがいとか、楽しさを見つけられずにいる。
後ろ向きな、シゴト振り。
デジカメの海外マーケティングをやっていた頃のわくわく感は、どこへ行ってしまったんだろう?

そんな日々の中での出来事。
あの、名前も知らないコロっとした人の好さそうなおっちゃんは、
私のココロにものすごい反響をくれた。

あ、あの3時間にも及んだロケ、ちゃんと誰かに届いたんだ。
出かける準備で何かと慌ただしい朝の時間に、目を止めてくれる人がいたんだ。


自分が関わったシゴトの成果に対する反響っていう意味でももちろんだけど、
今回は、
広報のシゴトの成果に対する反響を受けたという意味での喜びの方が、
大きかったなぁ。


「ご苦労様!」


ありがとう、おっちゃん!



それにしても、マスメディアの中でも、TVの影響力は特に大きいね。
広報的な視点で、まざまざと実感しました。

emi5joybox at 20:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

June 27, 2008

4年目の顔。

4年目研修①入社直後、小田原で学び、遊び、騒ぎ、語り、絆を深めた新入社員研修。
あれから早いもので4年が経ち、4年目研修がありました。

4年目にもなると、みんなそれぞれの部署でそれぞれの大事な役割を担っているから、日程は複数の候補の中からの選択式。
技術系も含めた同期200人近くが、スケジュールを調整して全員一同に会することはもうあまりない。

ということで20人ばかりの小集団での研修だったけど、やっぱり同期と会えるのは嬉しいね!
それぞれが自らのシゴトについて語り、聞き手は興味を持ってちゃんと聞いて、真剣に質問もしてて・・・
そんな光景を見ながら、なんだか心がほわんとしました。

なんかいいなぁ、こういうの。って思った。

4年目研修は、うちの会社がいうところの「プロフェッショナル」になるための仕事の進め方/考え方みたいなところを体得することを目的とした研修。
課題・目標を持ち寄って、「なぜ?」を繰り返しまくりながらその目標に抜け・モレがなく、それが本当に必要な目標なのかを確認し、
きちんとステートメントに落とし込むための考え方のメソッドを学ぶ。
頭では理解できたけど、実践すると結構難しくて苦戦しました。。。。やっぱり論理力、ないなぁ、私。


夜は、そりゃもう、先生や人事の担当課長含めての宴です!
みんなと〜ってもいい顔♪

4年目研修②4年目研修③4年目研修⑤4年目研修⑥4年目研修④4年目研修⑦


















結婚した人。指導員になった人。ジョブローテした人。今後の人生を考え始めた人。
4年前は、みんな同じスタートラインに立っていて、横をみればみんながいたのに、そこからそれぞれに示された道を歩き出し、4年経った今横を見れば、
まだ一緒に歩いている人、一歩前を歩いている人、かなり先へ走っている人、少し立ち止まっている人・・・・いろんな位置にみんなが立ってた。
あれからよーいドンで、いろんなコースやスピードで走ってきたんだなぁ。

みんな、この大きい会社の大事な歯車になっていた。

お酒を酌み交わしながらいろいろ語り。
愚痴や不満や仕事での悩み。同期ってだけで、警戒心ゼロで素直に話せる。不思議だぁ。

やっぱり“同期”って、とても大切で特別な仲間だよ。うん。
しかも、うちの代はとても仲がいい。
この代でよかったな!って、心から思ったさ〜。

もっと同期と会える研修作ってほしいーーー!


という感じで初日はすっかりハイテンションになり、1杯目から焼酎ロックを飲み続けたもんで、酔いすぎた。。気持ちは悪いは、ガンガンに頭痛いは、寒くて少しカタカタくるは、、賢次やむんむんに迷惑かけながら苦しい一日の締め方をしてしまった・・(苦)
むん、賢ちゃん、すみませんでした。。(><)
研修2日目の今日は頭回らず、グループワーク中も押し黙る貝になってました。
・・・研修の目的をはき違えているバカなわたくし。。(=_=)
まぁ、同期を対象にした研修なんて、夜に騒いでしまうのでたいてい昼間はこんなもんだ(汗)
って、のがちゃん青木Kには内緒ね(笑)


三島での研修だったので、帰りは鰻で有名らしい「桜屋」で、伝統の味のさっぱりうな重食べて帰路につきました。気候もよかったので、新幹線待ちのホームでも賢次とむんむんと3人でまったり。
いい時間だったな〜。
今度は爽やかに締められてよかったデス。

さて〜、学んだことをまた月曜日からの仕事に取り入れてみますか〜。
でも、これまでもそういう考え方でやってきていた気がする。ので、もっと意識するか。

これから研修に行く同期のみんなも、楽しんでね♪

4年目研修⑨三島駅













「桜屋」http://www.sakura-ya.net/
4年目研修⑧

emi5joybox at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 22, 2007

良いチーム!

広報部忘年会ちょっと遅れてやってきた広報部による私の歓迎会&ついでに忘年会!
西麻布の一軒家風イタリアンで、す〜っごく和気あいあいとした楽しい食事となりました♪



今週は、NHK関連の報道が勃発して、広報部も報道関係からの問い合わせにわたわたして飲み会どころではないのでは。。。なんて空気も漂ってたけど、最後には全員が集まれてほんとによかった(^ー^)

広報部にきてから、こういうオフィシャルな歓迎会というか飲み会は、初。
以前いた部署では国内の営業出身者が多く、ネラった盛り上げ→最後にはすごく
“コワレル”が中心の飲み会だった。それもそれで楽しかった。
広報部は平均年齢37.06歳の職場とあってクレイジーなコワレ方はしないけど、
なんかアットホームですごい居心地いい感じの飲み会だった。
またまた、ほっと一安心。よかった〜。
のが、幹事お疲れ様!小人プレートのかわいさにきゅんときました(笑)


部長の話にもあったように、“今の広報部はバランスの取れたいいチーム”だってことを体感。
チームワーク、大好きだから仕事もますます楽しみです♪


カラオケで多いに盛り上がって、家に帰ったのは3時過ぎ。
笑ったな〜、気持ちよかった!!やっぱカラオケ久々にするといいですねー。
懐メロのオンパレードだよ。マイラバのHello, againとか、改めて聞くと名曲だ!
真理子、早く帰ってこないかな。。。また耐久カラオケやろうよぅ(><)笑

やっと、年末ムードになってきましたっ。
クリスマスの準備もしなきゃー♪



あ、そうそう、ビンゴの景品でもらった話題のぷちぷち。
なんか、びみょ〜にホンモノとは感触が違う(ちょっと固くない??)けど、
たしかに、手持ちぶさたのときに触っちゃうわ。。。。ぷちぷちぷち。。。


emi5joybox at 21:42|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

November 01, 2007

大手町。雑居ビル。

日経本社前会社に戻って早1週間。
部署の人はみんないい人たちだし雰囲気もいいし、なんか人間味あってあったかい。
“指導”というものもしてくれる。“こんな感じなんだ〜”って、ちょっと感動。
やっぱり部署には色んな世界があるらしい。

今日は元いた部署の新製品発表日だったから、少しでもニュースのネタとして記事にしてもらうように先輩と主要新聞社訪問。こんな形でサポートできることを嬉しく思う。

そう、新たな配属先は、広報部なのです。

以前の仕事は海外営業&マーケだったからずーっと内勤。昼間の大手町は初めて。
いいぞいいぞ。外出たいじょ。


へー、なんか、サラリーマンっぽい匂いがある(笑)
雑居ビルいっぱい。おじちゃんいっぱい。私のホームタウンである六本木とは街の雰囲気が全然違う。
新聞社の“分室”なんていうのは、意外に狭いんだぁ。雑然としてるんだぁ。へ〜。

日経の本社前には、こうして朝刊が全ページ掲示されるんだぁ。へ〜。
経団連の記者クラブ、いろーんな会社の封筒が投げ込まれてるメディア各社のポストがいっぱい。
へ〜、こうしてニュースリリースはメディアの手に渡るんだぁ。記者さんって、すーーーーっごく忙しいんだなぁ。へ〜〜〜。

情報・ニュースは常に洪水のように溢れてて、泉のように湧き出してる。
そんな中、彼らはどんなニュースに、「紙面を埋めるネタとしての価値」を見いだすんだろう???
こちらはどんな風な表現をすれば、魅力ある情報だとしてポジティブな記事にしてもらえるんだろう???

今日イチバンのぎもん。
そして今後ツネに向かい合うかだい。


emi5joybox at 20:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

October 18, 2007

仕事でもらったタカラモノ。

with Victor and Pablo

ちょっと、今日はながーーーーーく、思いの丈を記しちゃっていいですか?
そんな気分なので。。。。ちょっと気持ち、整理したい。
今日は(も?)100%自分のための言葉です。


休職してから早2ヶ月。
休む前は、休職すること自体に勇気が要って決断するまでにとても時間がかかったけど、休みだしてしまえばあっという間。3週間過ぎたあたりから仕事のことはすっかり忘れ、自分を取り戻すために時間を使ってきた。

みんなの励ましもあり、お陰さまで大分元気になりました。
自分が戻りました。ただいま。
来週の水曜日から、復職します。


休職して不利になるか、とかを気にするヒトもいるだろうけど、私は全然。
むしろ、休んでよかったと今では思える。
休職することによってできる時間は、みんなに与えられるわけではない。
そりゃ、精神的にまた前向きになるには2ヶ月程度はかかったけど、それでも脳や体や心を休ませてあげるにはとても必要な時間だった。
し、この2ヶ月を活かすも殺すも自分次第。だったら、+に捉えて活かした方が絶対いい。


復職後は、元の部署には戻らず、異動という形で真新しい環境でのスタートとなる。
私の希望としては、もう一度元のマーケティング部に戻ってまた自分の担当する国々と、目標に向かう仲間として頑張りたかったけど、会社の意向には抗えないもの。生憎それは叶わなかった。
それを受け入れるまでに、やっぱり会社のいろーーーんな人、先輩や上司や同期に会って相談させてもらったり話を聞いたりして、今では前向きな割り切りができて次に向かう心構えができている。

だけど、それでもずっと気がかりだったこと。
心配だったこと。
申し訳なさでいっぱいで、ずっと心のどこかでうずいていたこと。

「自分の持っていた国々は、私の突然の不在後、どうしているだろう?」

昨日、元上司からの電話。
「今、アルゼンチンとチリが来てるから、もしよかったら顔出しにおいで」
私が担当していたのは、中南米とオセアニア。その中でも、Australia, NZ, Argentina, Chile, Mexicoは特に信頼関係も構築できて、仲良くやっていた国々だった。
だから、もうソッコー関係者に連絡取って、ミーティングが終わる頃を見計らって会社に会いに行った。

"Emi!! You were alive!! We missed you so much. Are you OK now ?"
うれしかった。うれしかった、うれしかった!!
久々に会えたこと。直接会って元気な顔を見せられたこと。何の連絡もせず、突然休みに入ってしまったことを詫びれたこと。来週から復帰できるけど、担当を外れてしまうこと、もう一緒に働けない残念さ、寂しさを伝えられたこと。でも変わらず連絡は取り合いたいと思っていること。
それらを全部、face to faceで話せたこと。

とにかく、うれしかった。し、よかった。


私が抜けてからというもの、状況説明や正式な対応通知は昨日になるまでなかったらしい。
そうだったの?!それも現地サイドにとってはひどい話だ。何が何やらワケが分からなかったらしい。
emiはどこいった??!!状態。そりゃそうだよね〜。
ってか、どこまでも、ありえないな。。うちの部署。
そういう情報提供とか情報共有とか、そういった部分では。。。まぁ、私もいつ復帰できるか分からなかったわけだから、不明瞭なことは言えなかったんだろうと思うけど。
しかも、負けたのは私だし。

中南米市場は、我が子のように、一番愛情を注いで思い入れが強かった担当エリアだった。
過去、一度信頼関係をうちが崩してしまった市場だったから、私が担当していいと言われてからは、まずはその信頼を再構築することに全力を注いだ。
時差が正反対の地域だから、トラブルがある時は、2時頃まで起きていて電話で対応することもあった。
無理をしていたのかな。。。
ううん、私は未だにそう思ってないんだ〜。助けになってあげたかったし、それが必要な時期だったし、場面だった。だからそうした。
コミュニケーションが悪かったことが問題だったから、そこから良くしていかなくちゃ何事も始まらなかったし。

そういう地道な積み重ねって、やっぱり相手に伝わるもんなんだね。
いつの間にか、かなり信頼してくれていた。もちろんビジネスだけど、いい意味で”お友達”というclose relationshipとして受け入れてくれた。
同じ中南米とやり取りしている他部署の先輩でも、そういう関係になるまでに1年はかかったらしいけど、私は半年だった。女だったから、っていうのもあるのかな(笑)
でも、やっぱり、自分のやってきたことの成果なんだと思う。


私との連絡が途絶えてしまってからは、"Things got bad."って言われた。
やっぱり、コミュニケーションが頻繁に取れなくなって、また少し遠くなってしまったらしい。
部署にとっては、みんな私が空けた穴を、自分の仕事+αで上乗せしてカバーしていくれているんだから、相当忙しい。手が回らないよね。うん。仕方がない。
だから余計に、Victor(写真左、アルゼンチン人)やPablo(右、チリ人)にも、そして部署にも、申し訳なく思った。
そして不謹慎だけど、反面ちょっぴり嬉しかった。
私がいる意味があったんだ、って思えた。いつも現地から、私は”市場担当”としての存在意義があるんだ、ということを教えられる。それで私は頑張ってこられた。
これは自分の意識の問題かもしれないけど、部署内では、そんな気持ちには全然なれなかった。
劣等感、焦り、遅れ、不安、疑問。。。。そんな負の感情の波にいっつも捲かれてる感じだった。
そんな私を、彼らがいつも支えてくれていた。VictorやPabloだけでなく、MexicoやAustralia、BrazilやCosta Ricaに。

中には、わざわざどうにかして私の私用PCアドレスを調べ出して、心配メールをくれる人もいた。
残念ながら、異動してしまうことを伝えても、"Please keep in touch, or else, I'll be angry with you."と言ってくれた。

もうこれだけで十分だよ。
"Sales and our presense in market have greatly improved. This couldn't have been possible without you."
最高の、報われ言葉。
大丈夫、後腐れなく、私は電を去れます。次に行けるかな!


私が入社してから3年半、この部署でやってきて、海外マーケティンググループに来てから手にした宝物。
・私なりの努力(コミュニケーションに重点を置く姿勢)が実って手に入れることができた成果(信頼関係)。これは今後の糧と自信になる。
・国境を越えてできた仕事仲間。そして仕事を越えて、プライベートでもgood friendsになれそうな人たち。これは今後の良き相談相手になる。
・「電」(部署の略称)が好きだったという気持ち。すっごく大変だったけど、辛い思いもたくさんしたけど、めちゃめちゃ苦しかったりしたけど、それでも私は電の仕事が好きだったし、電にいる人も好き。そんな職場と出会えてよかったな、と思えていること。これは今後また高い壁にぶち当たっても、上り超えることができる”経験の踏み台”になる。

最後に、VictorとPabloの市場見学に同行して電気屋さんを色々案内した。
これが私の電での最後の仕事。
宙ぶらりんのまま終わらなくてよかった。ちゃんと締めくくれてよかった。
あくまでも、自分の中で、だけど。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。
Thank you, thank you, thank you.
Gracias, gracias, gracias.
Obrigado, obrigado, obrigado.


また次の職場で、心機一転、わたしらしく、がんばろう。


<Dear Victor and Pablo>
Muchas gracias for visiting us and let me join your Shinjuku dealer's visit with Mr. Takai.
I was very happy and relieved to see you two, and to tell you what was going on with me by face to face.
Please don't worry anymore, I am now getting well, and will come back to work next week.
I am very sorry for my sudden absence, and how big the damage was to your business and market, but I am sure my successor, Shu, will take good care of you.
I hope you won't mind me writing to you sometimes! Please keep in touch.
Also, please give my best regards to Roman and Guillermo, too.

Thank you for all you have done for me.

See you, and good luck with your business!

Regards,
Emi













emi5joybox at 13:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)
どうも、アリガトウ。

はじめまして。
えみです!
昨日も今日も明日も基本は元気♪

夏最高、沖縄大好き、海大好き、旅も好き、人と接することが好き、ミスチル大好き!

「そのときの出逢いが人生を根底から変えることがある。よき出逢いを。」
これ、座右の銘。
だから、アンテナ張り巡らせてる毎日デス。
ヒトのみならず、いろんなコトにね。