皆様、一週間お疲れ様です。

椛島恵美です。
 

いつも応援頂き、ありがとうございます。

今夜は、大事なご報告があり、ブログを書かせて頂きます。
長くなりますが、どうかお読みください。
 


私、椛島恵美は、3年間活動させて頂いていたrapport projectを、家庭の事情により脱退致しました。

急なお知らせで本当に申し訳ありません。


2012年2月、アルバイトを一切辞めて音楽で生活をしていくと決意したものの、20歳の私には右も左もわからずにただひたすら路上で歌う毎日。
 

CDも思うように売れず、実力のなさに自分を責め、お客さんも、人の目も怖かった。
人を信じることが出来なかった。自分で決めた道なのに、心がついてこず、辛い毎日で、
気がつけば声も出なくなっていました。 


そして出逢ったのがrapportです。

3月1日にrapportの先輩、高橋涼子さんと出逢い、涼子さんの音楽を聞き、その時の私は衝撃を隠せませんでした。

こんなに人の心に突き刺さる歌を歌う人がいるんだと。「守ってください」は私のそのときの気持ちを歌ってくれているようで、涙が溢れてとまりませんでした。

涼子さんは、そんな私にいつも優しく、夜、営業終了後も電話をかけてくださったりして、
いつも気にかけてくださいました。 


涼子さんを通してrapport projectという存在を知り、

涼子さんに誘って頂いた静岡すんぷ夢広場のライブでT-1さんと出逢い、

「よく頑張ったな、もう頑張らなくていいよ、泣け泣け^^」と包み込むような優しさにまた涙を流し



抱えてきたものを、ここならすべてさらけ出せると感じ、同年5月2日、rapportに入らせて頂きました。


応援してくださるお客さんも、rapportの先輩、浅羽由紀さん、高橋涼子さんのおかげでどんどん増えてゆきました。

あれから3年。T-1さんのご指導のおかげで、演奏もだいぶ変わりました。
どうやったら人の心に届くのか。たくさんご指導頂きました。
 

それまで路上ライブだけで活動していたような私が、rapportに入り、北海道から広島まで、信じられない程の数のライブを経験させて頂き、たくさんの方と出逢うことが出来ました。



rapport projectに入っていなければ、今頃こうしてたくさんの方の応援のもと活動出来ていなかったでしょう。

ひたすらアルバイトをしていたかもしれません。家族や親戚、友人にも、もっと心配をかけていたかもしれません。

下手したら、音楽活動を諦めていたかもしれない。



rapportには、本当に本当に、感謝してもしきれません。



涼子さんの出逢いに、人生を変えて頂き、仕事として大事なことをたくさん教わり、成長させて頂き、

由紀さんの、すべてを知った上で、包み込むような優しさに救われて

しーたんの人柄にどんな時も心を寄り添わせてもらいました。

瑠愛さんの、いつでも味方でいてくれるような優しさに頼ったり

すみれの、天真爛漫な姿に、どんな嫌なことも忘れさせてもらいました。

そしてT-1プロデューサー、実の父よりも厳しく、そして優しく接してくださり、

自分が知らなかった自分自身に、たくさん気づかせて頂きました。

音楽活動の恩師です。



こんなに大好きな大好きな仲間に、たくさんお世話になった場所。

このような選択になり、本当に申し訳ない気持ちです。


また、応援してくださっているお客様のことを考えると、心が痛いです…










音楽をやめるわけではありません。

 

歌い続ける限り、どうか温かく応援して頂けましたら幸いです。



最後に。

rapport projectは

一人一人と向き合い、大切にし、人間関係を築く上で大切な「信頼」関係をたくさんの方と築き上げ、広がってきました。

本当に素晴らしい組織です。

これからも、出逢いを大切にしながら、今のインディーズ業界では見ないような、新しいことにたくさん挑戦し、まだまだ皆さんに夢を与えてくれると思います。

これからも、常に前に前にと前進していくrapport projectの応援を、どうぞよろしくお願い致します。



遅い時間にも関わらず、長文お読み頂き、ありがとうございました。


 


椛島恵美

 

Comments: