手作りを楽しむ毎日

お菓子、洋品を手作りして公開しています。 毎日の生活のあったこと、すべても。

トマト初なり

トマト初なり

何処にでもトマトは箱入りで売ってるというのに、ヤット、2個が初なりとなりました。

夫の病院さわぎの間に、ふと立ち寄った「ハウズ」の店頭で2本の可哀想な苗を見つけ、「私が育ててあげる。」と、買いもとめたもの。切り取ってから、ズンズン赤くなりました。

続きを読む

蓮見昭夫ギターライブ

蓮見昭夫さん

「蓮見昭夫新CD発売記念」〜ソロ・ギターライブ〜が岡崎 シンフォニアで開かれ、塩崎さんと一緒に楽しんできました。

さすが1989年ドイツ国立アーヘン音楽大学に。94年卒業。同時にDIPLOM(ドイツ国家演奏家資格)を修得。世界の音楽の場で活躍されてるだけあって、素晴らしい。割とこじんまりとした会場の1番前の席で音色とトークが直ぐ近く。酔いしれた。壁飾り

下のスナップは見覚えのある中央総合公園で、お花の展示会後に撮影されたもの。会場シンフォニアの壁面に飾ってあって温かい。

続きを読む

無双の枕カバー

お引越し

4月10日から入院していた北斗病院を皆さんに見送られて退院できました。介護タクシーで引越ししました。

とても丁寧にお世話していただいて殆んど以前と変わりなく、過ごせるようになりました。岡崎市の大西2丁目の うらら館 でお世話をしていただくことになりました。

そこで、私がつくったのが今日の題名の「無双の枕カバー」です。友人から頂いた浴衣地で、わたしのアロハシャツを作った余り切れで作りました。

右側のカテゴリー洋裁を覗いて下されば2010年9/10の「チュニック風アロハ」も同じ布で出来ています。

「無双」の言葉がお分かりですか?。「ウラとオモテが同じという意味で、結局、合わせ仕立てなのでしっかりして、シワになりにくく、中の枕も汚れない」というシロモノ。

婦人之友誌21年前の1996年7月号に『丈夫で使いよい枕カバー』として掲載していただきました。

続きを読む

ガラ紡(2)

���綣������障��������

5月末に種まきした綿の種が順調に芽を出して育ってくれて間引くことになった。どの鉢も2本づつとして、右下は苗を貰ってくださるS.サンに持ってゆく4本いりです。私のまいた種がS.サンの畑で育ってくれます。

5月の連休に「ほの国百貨店」で開かれた「ガラ紡展示会」は、ガラ紡の故郷訪問ということで、豊橋から贈られカンボジアの工場で活躍している機械(織機)と、そこで働く現地の姉妹が実演・販売をする。

cambodia cotton club.という名称で、理念をそのまま紹介します。

「いちばん肌に身近な繊維、コットン。でもその生産背景は以外にしられていません。

綿畑の面積は、世界のすべての農地のわずか約5%。でもそこに、世界の殺虫剤の25%が使われていると推計されています。

機械で収穫される綿花には、葉ゴミが混じらないように枯れ葉剤が大量に散布されています。手摘みの綿花も、農家は大量の農薬を浴びながら、マスクや手袋、ゴーグルがない状態で極めて低い賃金で働かされています。

コットン製品を大量に作って、大量に消費し、大量に廃棄する。その裏側には、河川の汚染、表土の砂漠化、児童労働・・・・とても一言で語り尽くせない深刻な問題が数多く潜んでいます。

カンボジアコットンクラブは、遺伝子組み換え種子による生命倫理、染色による水源汚染、搾取的労働環境の問題を、持続可能なコットン製品つくりの実践を通して、土壌や水源、大気、人、多くの生き物に負荷を与えないモノ作りのモデルを模索し、未来世代に自信を持って引き継げる綿と人との関係を築いていきます。」

続きを読む

ガラ紡.(1)

 

綿の苗

5月の連休に「ほの国百貨店」でガラ紡展示会があると言うので懐かしく見に行った。話が前後するが、その時頂いた「綿の種」を5月が種の蒔き時というので、蒔いたのがここまで芽を出して育った。

これでは混みすぎと言うので、間引きをしなければいけないという。


続きを読む

初なりピーマン

初なりピーマン

台風の被害はございませんでしたか。九州を始め山陰地方の被害の様子をTV.新聞での報道を見ると本当にお気の毒なことですね。復興はどうなることでしょうね。その中でホットしたこと一つ。眞子様が婚約発表の予定をひかえられたとのこと。なんとお優しいお気持。感動させていただきました。

我が家では被害はありませんでしたが、庭に出るのも控えていましたが気がついてみると2本のピーマンの苗にこんなに大きくなっていてくれました。

昨夜はピーマンの肉詰めを久し振りに作って美味しく戴きましたが、入院中の夫の食事介助で忙しくしてたせいか写すのをワスレタ!


続きを読む

富里のスイカ

 

tomisato

6/26日の例会準備の為の「合同最寄り会」に美味しいすいかを頂いた。

その時に「美味しい!おいしい!」と言って戴いてたら、我が家にまでお届け下さって、誠に恐縮!!。

千葉県の富里市を早速、検索。成田空港の南の平野。こんな元気なスイカ坊やが、走り回っていそうな所。ご馳走様でした。

続きを読む

6月絵手紙

6月の絵手紙

6月の絵手紙教室の様子です。私は相変わらず自分でもあきれるくらいに手が動かなくて、ビックリ。載せるのは恥ずかしいけれど、今後練習の成果が見られるようになるといいかな?

続きを読む

女性の会研修旅行


�����違�若��

学区でいつも仲良しの皆さんで「女性の会研修旅行」に出かけました。

三河のあじさい寺「本光寺」とラグーナテンボスの2箇所でした。この写真はラグーナテンボスの様子です。舞台の様子は撮れませんでしたが、華麗な踊りと歌唱で見ごたえ十分で楽しませてくれました。

アジサイ色々

花壇は、先週まではバラ展だったそうですがすっかり「アジサイ展」に変っていて、「きれ〜い。こんなアジサイもあるのねぇ」と感嘆の声しきりでした。

ラグーナは本当に久し振りで梅雨時なのに、よいお天気でご一緒した方たちと楽しんできました


続きを読む

取れたて土産

Kさん来訪

「元気?」といってKさんが、取れたての枇杷と野菜を持ってきてくれた。

昨日は、日曜でご主人様のお世話で忙しかったそうなのに、私のことを思い出してわざわざご訪問!。

たくさんのおしゃべりと、ランチをご一緒して梅雨の晴れ間をたのしんだ。

それにしても、私が枇杷好きってことが、どうして解ったんだろう?。

続きを読む

かりもり漬け

カリモリ漬け昨年は期を逸してしまい、最後の瓜をヤットのことで手にいれたけど、今年は5/21。

まだ早いせいか、実も硬くてシッカリしてた。2袋20ヶで1600円。

☆タテ半分に切り、タネを取って目方の20%の塩を入れて横漬けにして2日間下漬けにする。

☆一度ザルにあけて、下漬けの水を捨てて、再度横漬けにして押し蓋をして重しをして、2~4日間漬け水分を絞りだす。これが、中漬け。

☆ここで、私の一工夫。瓜の水気を綺麗にふき取りザルに拡げて、ウラ・オモテしっかり乾かす。

☆いよいよ本漬け。  タルにポリ袋をセットして底面に粕を延ばす。瓜のくぼみに粕をイッパイ詰め、横浸けにして、その上に粕と交互に繰り返す。

最上段は、瓜が見えないように粕を多めに延ばし、ポリ袋の空気を抜いて輪ゴムでしっかり縛り、密閉する。

本漬けして3~4ヶ月後から食べ始めるというが、それまで「もつ?」かぁ。


続きを読む

母の日・ゆり

母の日・ゆり

今年も息子の所から「母の日」プレゼントの宅配が届いた。何時もと違ってゆりの鉢だった。

「百合の育て方」が同封されていて、そのとうりにしてみました。

★届いたら、、、セロファンやリボンをとり、すぐに水をあげる。

★置き場所、、、戸外の日光が良く当たる所に置く。つぼみが小さいものは日光に良く当てると育ちます。つぼみが大きくなれば半日陰でも育ちます。開花中は室内に置いた方が長持ちします。  雨に当てない。

★水やり、、、2~3日に1回。表土が乾いたら与える。水が不足するとつぼみが落ちる。

★肥料、、、3~7月の間、(2回程度)液体か固形肥料を。

★花終了後、、、花が咲き終わったら花首のところで切る。葉まで切ると光合成が出来ず球根がそだちません。一回り大きな鉢や路地植え替えをします。 11月頃までは日当たりの良い所で管理を。

★ポイント、、、花が咲き終わったら、肥料を良く与え、葉っぱに太陽光を浴びせる。そうすると球根が育ち翌年立派な花が咲きます。

思いがけず、ゆりの管理を学びました。  ヤッテミルワ。

12個付いていた蕾のうち、7個咲き、家の中でとても良い香りを放ってくれています。

続きを読む
Profile
Recent Comments
訪問者数

livedoor 天気
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ