2008年07月

2008年07月20日

カウンセリングは重要です!

58dcfc78.JPG東京も梅雨があけ、本格的な夏を迎えました。
渋谷は蒸し暑い日が続いています。
皆様、お元気でしょうか?

先日、美容院にやっと行くことが出来ました。
写真は担当して下さったスタイリストさんです。
カットやカラーリング、パーマをかけたりとさっぱりしてきました。
思い通りのヘアースタイルにして頂きました!*^^*

私は、心理カウンセラーをしてます。
職業柄でしょうか・・カウンセラーの立場から話を聴くということをしてしまいがちです。
折角のクライエント様の気持ちになれるチャンスなので・・切り替えてお客として美容院のイスに座りました。

担当して下さったスタイリストさんは、細かなヘアースタイルの要望に耳を傾けて下さいました。
小さなことにも確認を取ることを忘れず、素晴らしいなぁって感じました。
またひざ掛けなど使うごとに、他のスタッフが綺麗に整えて置いてあるのも気持ちよかったです。^^
そして会員になっているので、そのお値段もうれしい限りです!
余談ですが・・・私のパーソナルカラーはオレンジ、このヘアーサロンのカラーもなんとオレンジ!なのだとか・・やっぱり必然!シンクロ!するんですよねぇ。(笑)

全てのサービス業にカウンセリング技術は必要と言えます。
ラポール構築ができたならそのサービスはほぼ成功と言っても過言ではありません。

日本ヒプノセラピーアソシエーション<渋谷サロン>では、カウンセリング技術ワークショップも開催しています。
ご興味がある方は是非HPをご覧下さい。

あなたの健康と潤いある豊かな毎日を心からお祈りしています。


☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

☆0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking



下記に私がお願いしているヘアサロンのアドレスをご紹介します。
ご興味のある方はご覧下さい
http://www.espa-cio.com















emilysmile at 22:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年07月15日

GIDが起きた原因を知りたい!

d5edcb7b.JPG皆さんこんにちは。
暑い日が続いていますね。
今日の渋谷も、うだるような暑さです。

近くの花屋さんでミニバラが目にとまり、「一緒に連れてって〜」って言われているような感じがしたのでサロンに連れて来てしまいました。(笑)

さて、今日はGIDについてです。
皆さんは、GIDってなんのことかご存知でしょうか?
性同一性障害(Gender identity disorder)のことです。

先日のセッションで、体は女性ですが、心は男性というMさんに出会いました。
お母様と一緒にセッションに来て下さったのです。

Mさんの希望は、「前世療法で私がなぜGIDになったのかその原因が知りたい」というものでした。

ある病気で治療の為、長い間、家から離れて暮らした経験も持っていました。
幼い頃から自分の体への違和感、そして病気、様々な困難を乗り越え、そして様々な思いの中で、自分と向き合うことをして来た素晴らしい方です。

そして、すでにある覚悟を持って「GIDが起きた原因を知りたい」という気持ちで前世療法を受けにいらしたのです。

Mさんの前世、最初に入った場所は、何もない白い世界で、寂しい感じ。
もっとそれを感じてと促すと、いつしか広い空間となり明るい光が近づいて来て、眩しい白い光に包まれているとお話されました。
それをもっと味わって見て・・と言葉をかけると「青空を感じる・・・初めての感じ・・気持ちいい〜」と話され、この感覚を今世のMさんに味わって欲しいと話されました。
その後、Mさんは、愛溢れる家庭のお父さんとしての前世を体験したのです。

そしてMさんは、その前世の中でメーッセージを受けとったのです。
お父さんとなった自分(前世)から、今世のMさんへのメッセージは「自分の信じた道を進んで欲しい」というものでした。

その前世での人生で全てに優先することは「家族を大切にすること」
そしてその前世での課題は「後悔しないで生きていくこと」「大切な人が出来たら大事にして生きること」「ちゃんとした男となって家族をつくること」でした。

そして前世療法を受けたいと思った理由である、GIDが起きた原因については、「友達の大切さを知ってもらいたいから」

その病気の原因は「いろんな病気の子がいることを知って欲しいから」

というセッションでした。

セッション後、振り返りのカウンセリングの中でMさんは、目をキラキラさせながらお話して下さいました。
「法的に可能な年齢を迎えたら手術を受けたいと」

私より遥かに若いMさんですが、その眼差しの奥に強い意志と決して言葉では伝え切れないであろう今までの思いと向き合い、「これからの自分を自分で決めて行くんだ」という大人としての強さを感じました。
そしてMさんを愛し、大切に育ててこられたお母様の大きな存在を感じました。


GIDを知っていたという皆さんも、初めて知ったという皆さんにもお願いがあります。
GIDは、自分の性に対する持続的な不快感、またはその性の役割についての不適切感を感じると言われています。
その障害は、臨床的に著しい苦痛だけでなく、社会的、職業的または他の重要な領域における機能の障害も引き起こしているのが現状なのです。

どうかこのブログに来て下さった皆様は、GIDに対しての偏見や差別といったことがないような社会になっていくことに関心を持って頂きたいのです。
GIDは、同性愛と混同されることがしばしばありますが、意味合いは大きく異なります。もちろん同性愛に対する偏見もなくしていかなければなりません。

だれもみな同じ人なのです。
人が人として安心して生きていくことが出来る社会にしていきましょう!

MさんとMさんのお母様に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
Mさんの言葉、「自分らしく生きていきます」を忘れることはありません。
ずっとずっ〜〜〜と応援しています。

『全ての人は愛されるために生まれて来た』と私は信じてやみません。

皆様の健康と、そして潤いある豊かな毎日でありますように心からお祈りしています。

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

☆0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking




















emilysmile at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!