2011年05月

2011年05月09日

危機パターントレーニングを受けて来ました。

こんにちは。
GWはいかがでしたか?
私のGWはLNPの創始者であるジョン・グリンダー博士と同行されたカルメン女史の2日間コースに参加したり、実家に帰郷し自然を満喫したり、娘が地区の卓球大会に初参加するというのでお弁当を持って応援に行ったり、GW最終日の母の日は、子供達からサプライズがあったりと充実したGWを過ごすことができました。

危機パターン修了証


さて今日は、参加したNLPの「危機パターン」におけるケースについて何を学んで来たかをお話します。
ジョン博士から東日本大震災における未曾有の災害等に効果的に使える方法論を直接指導して頂きました。
自然のエネルギーは計り知れないものがあり、アメリカでもハリケーンや地震などで毎年のように大きな被害で出ています。
そして多くの方がどうすることもできない事に直面しています。

今回の東北におけるある家族のお話がテーマとして取り上げられました。
その家族の長であるご主人が地震の際に、家族に家で待っているように指示を出し、近くに住むお年よりを高台に非難させる為、家を出て、その間に津波は愛する家族を押し流し、ご主人は自分の指示で家族を亡くしてしまったことへの後悔と自身を責め続ける日々を送って苦しんでいるというケースについてです。
ご主人の心の中には「なぜ家族も一緒に連れて逃げなかったのだろう」「なぜ自分だけ生き残っているのだろう」などの「なぜ、なぜ、なぜ・・」と自身を責め続けるどうしようもできない事実への苦しみが存在します。
この「なぜ?」はこのケースに限らず、交通事故、病、怪我、仕事、家庭生活における全てに大なり小なり起こり得ます。
このケースのようにそれが家族を失う結果に繋がるならその苦しみは計りしれないことでしょう。
現実に過去は変えることはできませんが過去の思いを書き換え軽減、解消することは可能です。
博士の取り上げて下さったケースの場合は、メタファー(比喩)を上手く取り入れて行うということでした。
もちろんメタファーを使う前にはしっかりとしたカウンセリングやラポール(クライアント様とセラピストの信頼関係をつくる)を取ることが重要であり、そのメタファーも適したものを使わないと効果はありません。

まるでそのクライアント様と同じような体験でもしているかのようなセラピストの共感的理解やねぎらいといったことがあり、初めてメタファー(比喩)が効果を発揮するのだと思います。
ここで博士が使ったメタファーをお伝えすることは同意書の内容に触れるのでお伝えすることができませんが、適したメタファーを使う為にはセラピストに資質や資源(経験)学び続けることが重要だと感じました。
コースの2日間は更に私のセラピストとしての引き出しを増やし、これから出逢うだろう多くのケースに発展的、効果的なセラピーに役立てることができると確信しています。
また、特別なものを学んだというよりもいつも行なっているものをやればいいのだという発見でもありました。
NLPは3つの療法(催眠療法、家族療法、ゲシュタルト療法)の良いとこ取りをした方法論と言われています。
ですから言い方は異なりますが、同じことをそれぞれの角度でやっているに過ぎない感じでした。

すでに私のところへも4月の半ばより震災関連のクライアント様が訪れていらっしゃいます。そしてこの危機パターンは震災に限らず、どのケースでも使えるものです。
ヒプノセラピーは潜在意識をオープンにする事ができるので、学んできたものを応用することで更に効果があると確信しています。
クライアント様の望む今とここからを、適切にサポートすることができるようにこれからも活動をしていきます。

ジョン博士やカルメン女史に再会できたこと、そして日本中から集まったプロとして活躍されているセラピストさん、カウンセラーさんに出逢えたこともこのコースに参加した宝物になりました。
学ぶって新たな自分発見であったり、出逢いであったり本当に楽しいですね。

では、今回はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

被災された皆様に穏やかで望む毎日が一日も早く戻りますように心からお祈り申し上げます。
そして全ての皆様の健康と幸せ、そして望む今とこれからになりますようにお祈りしています。
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking



emilysmile at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月02日

竹の子狩りへ


こんにちは、渋谷のGWは輪をかけて賑やかです。

皆さんはGWをいかがお過ごしでしょうか?

私はサロンで開催している第2回のヒプノセラピーカウンセリング技法5日間コースが終了し、次の開催の前世療法コースの準備をはじめたところです。

先日、久しぶりに帰郷し亡き母の墓前にお参りをしてきました。

ちょうど旬の竹の子のシーズンだったので実弟に頼んで実家の竹林をいくつか巡り、何十年ぶりでしょうか竹の子狩りを楽しんで来ました。

東京の竹の子


今年は不作らしくちょっとだけ頭を出している竹の子を見つけるのは至難の業でしたが、3本見つけることができ、見つけたときは大喜びしちゃいました。(^^)

竹の子狩りに挑戦_

・・・娘や妹、義理の妹、姪っ子達とまるで宝探しゲームのようでした。(笑)
帰ってすぐに竹の子の鰹節煮をしていただきました。とっても歯ごたえが良くて美味しかったです。この新鮮さはお店では買えませんね。(^^)

実家は東京の隅っこにありますが、今もここって東京?と思うほど本当に自然がいっぱいなんですよ。

山育ちの私にとって、やっぱり帰郷し大地に触れると心も体も魂も芯から癒されるんです。(^^)

自分の心と体そして魂がリラックスできる空間や時間を持つことはとても大切だと感じ実行しています。

あなたはリラックスできる空間や時間を持っていますか?

たまには自分にリラックス空間のご褒美をしてあげるのもいいですね。(^^)

私は充電できたのでまた渋谷に戻り、元気いっぱいでセッションやコース開催に向けがんばります!(^^)

被災された皆様にも温かい春が一日も早く戻りますように心からお祈り申し上げます。

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking



emilysmile at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!