2011年10月

2011年10月13日

ヒプノセラピーをもっと利用して欲しい!

金木犀の匂いに秋を感じるこの頃ですね。

今日はセッションのお休みを頂いて子供達の大好きなクッキーを焼いたり、好きな紅茶でリラックスしています。

大好きな紅茶と共に私のリラックスタイム


午後からは、週末に開催するNGHコースの準備です。
NGHコースは、米国の催眠療法の団体で私もその会員でインストラクターの一人でもあります。
正しいヒプノセラピーを広げるための活動をしています。
催眠って聞くとまだまだ日本では怪しい?変なことに誘導されてしまうのでは?意識がなくなる?なんて誤解も多いのが現状ですが・・・。
本来のヒプノセラピーのアプローチは、脳科学の大発見とも言われているミラーニューロン(高等動物の脳内で、自ら行動するときと、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である:ウェキペディアより)を活性化して自らの能力を最大限に発揮できるように促す療法なんですよ。

私ごとではありますが一つの例として
昔々の高校生だったときのことですが・・とっても不思議なことが起こったんです。
高校生最後の大会と思って望んだ軟式テニス(現在のソフトテニス)の都大会のことです。
決勝戦でボロ負けしていた試合終了間際、相手選手からコートネットの目前2メートル辺りのポジションにいた私の顔めがけてアタックされた瞬間、突然ボールがスローモーションに見えて私は瞬きすることも、怖さを感じることもなく、いつも練習でイメージしてた通りのところへ気持ちがスカッっとするようなボールを決め、その後はまるで勝利の女神様が味方に付いてくれているみたいに面白いように得点を奪い気が付いたら大逆転、優勝していたという経験があるんです。
ご存知と思いますが東京都では、高校野球をはじめとする多くのスポーツ部が私立優勢。
がんばっている公立高校はたくさんありますが、東京のトップになるのはとても珍しいことです。
また、私は足が速い訳でも運動能力が人より長けてる訳ではなく、強いて言うなら多少の負けず嫌いと幼いころからイメージがとても好きでした。
そのイメージ方法もなんというか・・・イメージしているだけなのにそれを今体験している感覚になれたのです。
今でもその決勝戦のときの不思議な感覚ははっきり覚えています。

後にヒプノセラピーを学んだ時、これが自己催眠状態であることを知ったんです。
人は誰しもすごい能力を持っていて、トレーニングすると麻酔薬の100倍とも言われている体の中にあるエンドルフェインさえコントロールして出せるようになるんです。
この素晴らしい能力、潜在意識を使わないのはもったいないですよねぇ!
ヒプノセラピーは、ツールにすぎなくてどんなものにも使えるんです。
心理療法だけでなく、自己啓発や仕事の効率をアップ、人間関係のバランス、趣味のスポーツ・・・etc
毎日ヒプノを触れている私がですが、その奥深さに益々はまっています。
興味がある方は是非、“ヒプノセラピー”を体験されて望む今とこれからに繋げて行って下さい。

そうそう言い忘れるところでした。
ヒプノセラピスト選びのコツは、あなたの潜在意識の一つである直感、ひらめきを大切に選ばれるといいですよ!!
これっ間違いないです!!(^^)

あなたに素敵な出会いがありますように!
そしてあなたの幸せと健康を心からお祈りしています。(^^)/

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking




emilysmile at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!