2009年04月28日

マラソンは人生のようなもの?

9fe76aec.JPG今日の渋谷は、とっても爽やかな日なりました。
GWに突入した方もいらっしゃるようですね。
渋谷は朝から賑やかです。

写真は、前回の投稿の続き、昭和記念公園の様子です。

さて今日のお題は「マラソンは人生のようなもの?」です。
先日の日曜日に姉が富士五湖で行われた富士五湖チャレンジウルトラマラソンに参加しました。
私にとって姉は常に自分をさらけ出すことが出来る大切で大きな存在です。
そんな姉は、私がS42年生まれですから今年で○○歳になります。。。内緒(笑)
小学生、中学生3人のお母さんであり、看護師という仕事、経歴を持ちます。
子供のころの姉のイメージは決して走るの好きといった感じではなく。。。なぜ姉がマラソン大会に参加するの?!?!?!と言った感じでした。
姉は、マラソンの魅力にハマッタようです。
ここ数年で近隣のマラソン大会に参加、去年は東京マラソンを走りきり、今度はウルトラマラソンにチャレンジすると言うのです。
ちなみにウルトラマラソンというのは50km以上のマラソンのことらしいです。
富士五湖のマラソンはいくつか選択肢がありチャレンジコース112km、
レギュラーコース100km、ビギナーズコース72kmがあるそうです。
姉は100kmを選択しました。
渋谷駅からサロンまでの数百メートルに息を切らして歩く私にとって100kmを走ることは想像を絶する距離に感じました。(^^;)

富士五湖を朝5時にスタートした姉に、私はセッションの合間を使って携帯でエールを送りました。
20キロ地点では「フジ桜が綺麗で最高に気持ちいいよ〜」と声もエネルギーも軽やかに弾んで楽しい気持ちが伝わってきました。
でも50キロ過ぎたころになるとかなり疲れも出てきてその息も苦しいそうです。
また天気は良かったのですが、風の強さもかなり応えたらしいです。
そして90キロを過ぎたころにもなると足は腫れ上がり激痛に耐えながらの死闘の様子が伝わってきました。声も泣き声に変わっていました。

大会も終わり落ち着いたころに姉が話してくれました。
マラソンは人生みたいなものだって。
走り始めると感情が次々に変化して行くそうです。
自然を楽しむ自分、応援してくれる人への感謝の気持ち、その苦しさ、痛みからくるやめてしまいたい、投げ出してあの湖に中に入っていったらどんなに楽か。。(半分ジョークらしい)、なんで私は走っているんだろう?という疑問、72キロにしておけばよかったというような後悔・・そして走りきった後の感動。。。。などなど山あり谷ありです。

走っていて同じ一歩など一つもなのでしょうね。
どんなに苦しくても一歩また一歩と前に前に足をだすことの繰り返しです。
その小さな一歩がとてつもない100km完走という大きな結果へと繋がって行くのです。
プロ野球選手のイチローの大記録へ繋がっている日々の1本、1本も同じなのでしょうね!
大きな結果が大きなエネルギー、大きな感動となって自分に、そして周りの人々の心に広がって行くのです。

姉が言っていました。
「みんなマラソンを通して自分探しをしているんだろう」って
100kmを走りきった姉の言葉は、とても強く、とても美しく、とても深く私の心に入って来ました。

お姉ちゃん、そして走りきった皆様、本当におめでとう!
そして、惜しくも走りきることが出来なかった皆様にもその健闘を称えたいと思います。
本当にお疲れ様でした。
どうかその健闘した体と心を大切になさって下さい。

これからも一緒の空の下、人生というウルトラマラソンを楽しんでいきましょう!
今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

☆0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking









emilysmile at 14:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔