2016年11月30日

親の引いたラインを歩くと…

冬、晴れた朝の冷たい空気は渋谷でも気持ちがいいものです。

先日、機能不全家庭で育った方(アダルトチルドレン)に関してのブログを書きましたが、ヒプノセラピーの臨床ではインナーチャイルドケアになった場合、クライアントはアダルトチルドレンに出会うことが少なくありません。

その多くが親が引いたラインを歩いていることにより問題を抱えてきたことに気づいていきます。

本人もそのラインを好み希望しているのなら問題はありませんが、往々にしてギャップが生じてしまいます。

問題はそれすら気づいていないことにあります。

もちろん私たちは親から子へ世代に渡って様々なことを引き継がれ、引き受け、また学んだことを引き継いでいきます。

大きくは伝統として大切に守られていくものもあるでしょう。

しかし、家族であっても得意不得意はありますし、同じ性格性質の方はいませんし、時代さえも刻々と変化し続けます。

それゆえに親の考え方、教え、期待通り出来なかったり、違和感を生じ、プレッシャーとなり、本来の自分らしい生き方が出来ないばかりか、こころや体の調子を崩してしまったり、人間関係が上手くいかないことにも繋がっていきます。

このようなケースでは年齢退行療法のインナーチャイルドワークを通して「リフレーミング」が行われます。

ルビンの壺のように同じ絵でも見方を変えれば壺に見えたり、横顔を向き合わせている人にも見えたりするように、アダルトチルドレンの方はインナーチャイルドの体験によって気づきや理解を深め、過去や現在起きている出来事に対して見る視点を変えていきます。

ル ビ ンの壺るびんのつぼ


枠組みが変わるのですね。

例えば・・・
離婚は1(バツイチ)と言われるし、生活が困窮するかもしれないし、身内も反対しているし、世間体も悪いし、どうせ自分なんて・・・etc。

↓セッション後の見方の変化

離婚は◯1(マルイチ)、離婚して本当の自分の生き方がはじまった、生活も自分も自立できて自信に繋がった、家族や社会の繋がりも増し信頼関係も築き、とにかく毎日が楽しい

など変化が起こり得ます。

そういう私も離婚を経験していました。ちょっと忘れてました!(笑)

あなたの中にも眠っているであろう溢れるばかりのポジティブエネルギー、パワーがあります。

親の引いたラインではなく、自分の描くラインを今とここからもっと自由に歩いていいよね。

それは決して簡単なことではないかもしれません。

でもね、それをやるチカラを誰しも持って生まれて来るのです。

みな選ばらしものだものね。

あなたの人生を生きよう!!

今回はちょこっとセラピストっぽいブログになっちゃったかな。(笑)

そうそう、先程気がついたの、なんとブログを書き始めて10年経ちました。w(*゚o゚*)w

あまり更新しない中でもこうして10年続けて来られました。

これもひとえに皆様のお陰です。

本当に本当にありがとうございます。m(_ _)m

これからもマイペースではありますが、日常の中や臨床の現場で感じたこと、学んだことを素直にお伝えできたらなぁと思っています。

今後とおよろしくお願い致します。


=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking

emilysmile at 11:11│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ichiro   2016年12月01日 23:36
emilyさん、こんばんは。

ブログが10周年を迎えられたのですね〜 おめでとうございます!
思わず初めの頃のブログを少しだけ見させて頂きました。
なんだか初々しくて新鮮な感じがしました。(だからと言って今がそうでは無いということではありません。念の為)
時間はあっという間に過ぎ去るようでも、こうして文字で残されていると本当にたくさんの出来事があるものですね。
人生はあっという間なんて思わないで、良いこともそうでは無いことも、いろいろな出来事を大切に忘れずに居たいなと思いました。
emilyさんのこれからの10年が光り輝く10年になります様、心からお祈りします。
2. Posted by emily   2016年12月02日 00:26
ichiroさん、こんばんは。

温かなお心遣い、お祝いの言葉をありがとうございます。

初々しい・・・照れます。(^^*)

「…良いこともそうでは無いことも、いろいろな出来事を大切に忘れずに居たいなと思いました。」本当にそうですね!

ichiroさんのこれからの10年、20年、ずっとずっと潤いある豊かなものでありますように、心からお祈りいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔