2019年12月25日

心理学の豆知識…適応障害について

皆様いかがお過ごしでしょうか。

クリスマスを迎えましたね。

IMG_9397

↑渋谷駅周辺にて

IMG_9395

↑新しくオープンした渋谷パルコの屋上から

☆☆☆心理学の豆知識☆☆☆
<ストレス因関連障害群…適応障害って何?>

適応障害とは新聞やテレビなどでも時々耳にすることがある、ストレス因関連障害の一つ。
日常生活や社会生活の出来事ではっきりとしたストレス対象に不適応状態が生じるものをさす。
例えばその因子として、入学、就職、転職、結婚、離婚、転居、死別、病気などの環境、状態の変化でストレスを生じると身体症状(食欲低下、不眠、易疲労性、倦怠感、月経不順、肩こり、頭痛など)や精神症状(混乱、不安焦燥、抑うつなど)が生じる。

周りから見ると結婚などはポジティブな出来事なので「慣れれば大丈夫」「甘えている」「少し頑張ればいいんじゃない?」「怠惰だ」などに見られやすいが、いづれもストレスに対応出来なくなっている防衛機制であるため、本人にとってはしんどい状態である。根性論ではなく、適切な休息と対処が重要となる。

治療としては、ストレス因の除去、ストレス因への適応力を向上(認知行動療法や支持的精神療法など)、環境の調整などがあげられる。こちらで効果が充分でない場合は、薬物療法も行うことがあるとされる。

●当方のヒプノセラピーでは、治療として対応できないが、潜在意識下で充分リラクセーションを行ったあと、その根源と向き合い、ストレスの対象に適応できるための書き換えや解放などの体験を提供している。
その症状により禁忌(症状を悪化させる)が起こる可能性もあるため、当方がネットワークを組んでいる医療機関担当医のご紹介があるクライエントのみ受付ている。

ストレスを安易に考えず、溜め込まないうちに解放するための自分にあった方法を身につけるといいですね!


令和元年の今年も残すところ一週間あまりですね。

Merry Christmas and Happy New Year!(^^*)


=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆
日本ヒプノセラピーアソシエーション・渋谷サロン
http://www.j-hypno.org
☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

★ブログランキングに参加しています(^^)
 よかったら↓ポチッとお願いします!
blogRanking


emilysmile at 18:11│Comments(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by ichiro   2019年12月27日 22:53
5 emilyさん、こんばんは!

クリスマスが終わりお正月がもう目の前ですね。
私は今日が仕事納めでしたが、おかげ様で今年はとても好調な一年となりました。
良い年とそうでない年を繰り返しながらこれまでやってきましたが、あきれるほどいろんなことがあって人生は本当に面白いと思います。

オリンピックイヤーの始まりですね。来年がとても楽しみです。
emilyさんも是非良い年をお迎え下さい!!
2. Posted by emily   2020年01月01日 13:25
ichiroさん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

令和2年が笑顔溢れる年になりますように心からお祈りしています。(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔