懸賞なびブログ〜毎日ゆるゆるやってます〜

当たってトクするハッピーマガジン『懸賞なび』編集部の公式ブログです。
リニューアルした懸賞なび公式サイトでは、他にも楽しいコンテンツがいっぱいです。
ぜひ一度、遊びにきてくださいね。
●懸賞なびホームページ

http://ataru.kenshonavi.com/

所用で沖縄にいきました

先月、ある用事があって沖縄に行ってきました。
1泊2日だったので、あまり多くの場所を訪れることはかなわなかったものの、
それでも、古宇利島をはじめ、いくつか回ることができました。

そのひとつが、ガンガラーの谷にある「ケイブカフェ」。
DSC_1674












DSC_1675












どんなところかは下記のホームページから少し引用すると、

「ケイブカフェは「ガンガラーの谷」の入り口、鍾乳洞そのままのオープンカフェ。 大きく深く開いた洞窟は、太古の人が未来のために残してくれたかのように、 集いや憩いに絶好の場所。自然の姿を活かしたナチュラルな寛ぎと、 心身に和む多彩な味をお楽しみいただけます」

とのこと。
本当はツアーに参加したかったのですが、
そんな時間的余裕もなく、有名なコーヒーとアイスだけいただきました。

西に行くことが多いので、
今度は何かの理由をつけて北海道に行きたいところ。

びろりのランチ事情@高田馬場☆

しゅわっち!

びびっとびろりです!

昨日のブログに、なつこさんがランチ事情を書いているので、びろりもマネっこして、
普段のびろりのランチ事情を書きたいと思いますぅ♪

どうぞお付き合いくださいませ☆



…実はびろり、普段はランチは食べないんです。。。

というのも、何かを食べると、眠たくなっちゃうんですよ。。。(子供か!)

なので、普段のランチは、ドトールで1杯のコーヒーをちびちび飲んで
すませることがほとんどです★

ちょっとおなかはすきますが、びろりの場合、少しくらいおなかがすいているほうが
なんか調子がいいんです♪



しかしですね、打ち合わせの延長などで、お客様からランチに誘っていただいたり、
自分からお客様をランチに誘うケースもよくあります★

そういうときはモチロン、思いっきりランチをたんのうします。。。



ここで、びろりのお気に入りランチ@高田馬場ベスト5を発表〜!!!



第5位★

韓国料理のチェーン店、にっこりマッコリ高田馬場店

DSC_0774













こちらは純豆腐チゲ定食★

1000円以下で、サラダやおかず、サービスドリンクもついて、とってもオトク♪



第4位★

落ち着いた空間でイタリアンが楽しめるフラットリア

DSC_0874













前菜もパスタもパンも、めちゃオシャレな盛り付けでおいしい♪

ただ、ランチはコースメニューしかなく、ちょっとお高いので、
気軽に行けないんですよね。。。でも、味も雰囲気もめちゃイイです!



第3位★

自然栽培野菜がたんのうできる野菜イタリアンカーポラヴォーロ

DSC_0411













旬の野菜がおいしく楽しめるお店です♪

写真のお野菜9種盛の「お野菜ランチ」はインスタ映え間違いなしっ★



第2位★

食べログのハンバーガー百名店にランクインしているホーミーズ

DSC_0435


















グアムのハンバーガー屋さんみたいな雰囲気の中、本格的なグルメバーガーが楽しめます♪

びろりの定番は、写真のフィッシュバーガー♪

ボリュームたっぷりで、めちゃんこおいしい!!!



第1位★

高田馬場の老舗イタリアン文流

DSC_0896


















こちらは、カルボナーラです★

老舗イタリアンなので、夜は少々お高め。。。ですが、ランチは1000円で、超本格的なパスタをいただくことができます★

本当にめちゃくちゃおいしいです(^○^)

内装も重厚感があってgood!



…高田馬場にはほかにもステキなお店がたくさんあるので、
またいつの日か、ご紹介したいと思います!




富士そばの煮干しラーメンの季節になりました

こんにちは、坂田です

普段、仕事の合間のランチはサイゼリア→はなまるうどん→富士そばのループなんですが
冬になると富士そばの比率が高くなります。その理由がコレ

IMG_5280

















富士そばの煮干しラーメンです
寒い季節になるとメニューに登場するのですが、
昨日行ったら、登場してました!

ラーメン好きだけど、高田馬場のこだわりのラーメン屋さんは
コッテリ系が多くて、ランチに食べるのには重いのです(胃が)

ですが、富士そばの煮干しラーメンはあっさり系で軽くて食べやすい!
スープは煮干しの味がしっかりと出ていて、あっさりのわりにしっかり食べた気になるのです
麺は細めのちぢれ麺で、スープによく絡みます。

こんな美味しいラーメンが400円台で食べられるのです(正確な価格忘れました)

なので、富士そばに煮干しラーメンが登場すると
ランチループが崩れ週3で通い詰めてしまう坂田です

富士そばは店舗によってメニューが違うので、どこの店舗にもあるわけではないらしいのですが
高田馬場の駅前(隣が東京信用金庫)のお店にはありますので
この冬、『なび』のイベントなどで高田馬場に来る機会がありましたら
ぜひ!食べてみてくださいね♪


1日2食にしたら体調が良くなった話

『なび』12月号にダイエットで5キロ痩せたことを書いたんですが、今日の朝計測したらまた1キロ痩せてました高橋です。
毎日体重を計ってる人はわかると思いますが、割と数値は変動するものなのでどこが自分の正しい体重かわからない感じです。
(´・ω・`)


以前は糖質制限をしていましたが糖質制限も科学的に論破されてしまい、世間的にはダイエットに糖質制限は向いてないよ〜という事になったようです。
最近はリーンゲインズと呼ばれている「プチ断食」を始めました。
リーンゲインズのやり方と食事方法 実践して感じたメリット6 | 劣等感の塊が容姿コンプレックスを克服するブログ https://complexovercome.com/wp/post-58/

腸内環境が悪いことを感じている人は乳製品を取りがちなんですが、もしヨーグルトなどを食べて改善されてなかったら「リーキーガット症候群」の可能性があります。
腸壁を守る粘液が剥がれて、本来体外に排出されるはずの不純物が腸から体内に吸収されてしまう症状です。
腸のおもしろ話 第3回 リーキーガットって知っていますか? | 腸内環境改善 | 健康道場 | SUNSTAR http://www.kenkodojo.com/column/guts/detail3/

聞き慣れない言葉ですが、内容を聞いてみると納得できるじゃないでしょうか。
原因としては食品添加物を長期間とりすぎていたり、お腹いっぱい食べすぎていたり……
腸を休ませる時間が無いと起こる現象の事なんですね。

なので心当たりがありすぎる高橋は一念発起して、プチ断食に身を投じたました。
ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

自分の場合は食べる量を少なくしようと思っていて、ラジオで紹介されていた「あごを大きく動かして食べる」練習をしていたのでそこまで苦しい思いをしなくて済みましたが、最初からガッツリ取り組もうとすると最初の1〜2週間はツラい期間が続くみたいです。
ただ、本当に腸内環境が最悪だと2〜3日目あたりからお通じがかなりの確率で改善されます。

次に寝起きが悪い人は『朝がメチャクチャ元気』になります。
プチ断食は「朝食を抜く」事が前提となると思いますが、朝食抜いているにもかかわらず駅の階段が息切れしないで登りきれるようになるの感動ものです。
これは身体に蓄えている脂肪をエネルギーに変換する機能が活性化して起こる現象なんです。


書き続けるとまだまだ続くのですがイイコトづくしで、次の『なび』自由課題(『懸賞なび』本誌のコーナー)はこの事をまとめても良いのかな〜?なんて思いました。
目標は今年中に10キロ痩せを目指しているので、あと4キロ痩せたい所存。
( ー`дー´)キリッ

トガリィとの再会

先日、何かのきっかけで突然思い出して、こんなものを買いました。

IMG_8007
『トガリ山の冒険』という児童書シリーズ。全8巻。

トガリネズミのトガリィが、一人前のトガリネズミになるため、
てっぺんは雲に突き刺さると言われるほど鋭く高いトガリ山に登る冒険のお話です。

僕がこの本に出会ったのは、(たぶん)小学1年生の時。
学校の図書室で柔らかい雰囲気の表紙を偶然発見して、読んでみたら見事にハマったのでした。
それまで僕の中では世界で一番おもしろい本ということになっていた『ロボットカミイ』を抜き去り、
堂々の1位に君臨するほど衝撃を受けたのを覚えています。

小学1年生といえば、放課後に友達と遊ぶことに人生を賭けているような年齢です。
僕も例にもれず、授業中は「学校よ早く終われ、早く放課しろ」と念じ、
終わったら無尽蔵の体力で家までダッシュで帰って、
当然のように毎日友達と遊びまくっていたのですが、
この『トガリ山の冒険』に出会ってから、しばらく友達と遊ぶことをやめ、
ひたすら家で読書をする日々に(あまりの変わりように親が少し心配したりも……)。

それから順調に第2巻、第3巻と読み進めていったのですが、そこは小学校の図書室。
利用者は小学生ばかりなので、ちゃんと本が整理されているはずもなく、
第4巻あたりから本を見つけられなくなって読めなくなりました。

その後、僕は引っ越しをして別の小学校に転校するのですが、
新しい小学校でもふと思い出したときに図書室で探したり、
この『トガリ山の冒険』が忘れられずにいたのでした。

思い出話風の前フリが長かったですが、みなさんにご紹介したい部分はここから。やっと本題か
なぜ、こんなに忘れられない本となったのか。『トガリ山の冒険』の特徴についてです。

もちろん物語の中で、トガリィが様々な昆虫や動物と出会い、
交流や協力をしながら頂上を目指す冒険自体もおもしろいのですが、
僕はそこではなく、この本の前提となっている設定に惹かれていたのでした。

実は『トガリ山の冒険』シリーズは、各巻の第1章が始まる前に必ず
子供のトガリネズミが年老いたトガリィのもとへ訪ねてきて、
「今日もおじいさんの昔の冒険を聞かせてよ」と昔話をせがむ様子が描かれ、
本の最後には「次はどうなるんだろう!?」とワクワクしている子トガリネズミの様子が描かれるのです。

この老ネズミとなったトガリィにお話を聞かせてもらっている、という設定が僕には衝撃でした。

小学生だった僕がそれまで読んだ本は、物語の最中にいる主人公視点で語られていたり、
そこにはいないはずの第3者が俯瞰で語るものばかりでした。
それがこの本では、本の主要素である物語を話す登場人物が明確にいて、それを聞く役までいる。
言ってみれば老トガリィのお話を聞く子トガリネズミは、その物語を読む自分の分身である、
当時の僕がそこまでハッキリと理解してハマっていたわけではないのですが、
そんな設定のおかげか、トガリィの冒険譚を「人の話」として純粋にワクワクして読むことができたのでした。

今になって振り返れば、わかりやすいメタ的な構造ではありますが、
そこへ「物語を話してもらう=幼い頃に親に本を読み聞かせしてもらったような感覚」が上乗せされ、
子供にとって、かなり入り込みやすい児童書になっていたのだと思います。

もちろん、本編(?)の冒険譚も感動や人生の教訓めいたエピソードがあったりで、ステキなお話ばかり。
お子様へのオススメや、なんとなくやさしい気持ちになりたい時にもピッタリだと思います。

ということで、
読もう! トガリ山の冒険!

辛いものはお好きですか?

食品コーナー担当・もりシャモです。

私は「辛いもの」が大好きです。

どんどん麻痺していくんですよね、辛さって。
もっと、もっとってなりますよね。
辛いことも同じですね(慣れてしまう)。

今、第何次かめの「辛いものブーム」がきている気がします。
辛いものが求めやすくてうれしいです。

そこで、最近食べたおいしい辛いものをリポートします!


〜「カップ麺」編〜おもにコンビニで買えます(おいしかった3つのお品)
IMG_3792IMG_3793なび11月号でもご紹介させていただいた、HEY!たくちゃんさん監修の「赤い鬼塩ラーメン」






あっさりとした味わいの塩スープに細めんがよくからんでおいしかったです。

さっぱりめが好きな方にオススメ♪ 辛さ(5段階):3







IMG_3779やみつき屋 辛味噌キムチ

濃厚! そして絶妙な辛さの味噌スープに白菜がマッチ。私好みの濃さでした。

辛さ:4

IMG_3785



















「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」

台湾ラーメンブームもカップ麺に!

肉そぼろの肉感が、おいしい。

別添のラー油でテンション爆上がり↑

辛さ:4












最近の○○監修のカップ麺、とにかくスープに具材が思った以上に美味でお店のような本気感。私は支持しますよ。

〜お店編〜
IMG_2578「台湾料理味仙本店 名古屋名物元祖台湾ラーメン」

新幹線で名古屋へ行くことが多い方なら、ご存知・味仙。

創業60周年をほこる「台湾ラーメン」ブームをけん引してきたお店です。

もちろん大好き。見た目のどんぶりは小さいのに、食べ始めると結構な量があって驚きます。

ひき肉&濃い味好きにはたまりません。

ラーメンなのにビールによく合うんですよ。

辛さ度:4










IMG_2622
「高木や 高田馬場店 」

白夜書房のお隣のビルに存在。
ムンクの「叫び」のよーな人物が「辛い」と言っている看板が目印。

ぶっかけが有名ですが、スープ好きなので
「辛〜めん」(960円)を注文。

辛いネギとラー油たっぷり。そして、激辛です。
辛いもの好きにはたまらない。

カロリーはたぶん。。。牛1頭を倒せるくらいありそうです。

激辛度:1


IMG_3719「石庫門」

高田馬場駅早稲田口前のビルの地下にある石庫門。

ここの「香辣坦々麺」!!!

もう好きすぎて震える・・・・・・。

みそベースのスープに山盛りの唐辛子。

そしてラー油とひき肉が奏でるハーモニー♪

でも一番何が好きって、四川料理独特の「花椒(フォアジャオ)」。びりびり舌がしびれるんですよ。カライです。無言になります。

これが入っている料理って四川料理が多いんですかね? 四川料理のお店ができることを全力で応援していきたい次第です。

激辛度:2



なび編集部では、佐藤さんとぴろりさんが「ハンバーガー部」を創部してますが、私もぼっちで「辛部」を創部しました。部員の募集は今のところしていません。なぜなら活動が週5(毎ランチ)なので、たぶん、ついてこられる人はいない・・・・・・ので。

では、また辛いものを発見したら報告します!








レモンは野菜か、果物か?

先日、妻とのふとした会話がきっかけで、こんなタイトルとなりました。

「レモンって果物っぽくないよね」

個人的には果物中の果物なイメージだったので、
非常に驚きました。
「ちょっと何言っているかわかんないです」レベル。

でも、ネットで検索してみると、
案外どっちか迷う人が多い様子。

スーパーでも野菜と一緒に置いてあるところもあれば、
果物コーナーに置いてあるところもあるとか。

農林水産省のホームページによると、
はっきりした分類の定義はないという前置きのもと、
「いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています」
とのこと。

ていうか、厳密にいうとスイカだけじゃなくて、
いちごもメロンも野菜っていう事実にオドロキなんですけど……。

自分が当たり前に思い込んでいることって多いんだなあと思いました。

『当てコツ』2完成☆

しゅわっち!!!


ぴろりです☆


9月28日発売の『当てコツ』2こと、『懸賞 当てるコツ&裏ワザ100Vol.2』(白夜書房、1300円・税別)ですが、昨日25日に無事に『懸賞なび』編集部に納品されましたー(☆∀☆)


DSC_0799



ただちに、予約されたみなさまのもとに、郵便でお送りさせていただきましたよぉ☆ミ



すでに本日、お手もとに届いている方もいらっしゃるようですが、まだだょー!という方にも、おそらく明日には、お届けできるのではないかと思います…(⌒‐⌒)
(台風が、郵便事情に影響しないといいのですが…★)



…本を読まれたみなさまの感想が、とっても気になります…(*_*)





…ひとまず、今週日曜日には発売記念イベントがあるので、そこでみなさまからの感想など、いちはやくお聞かせいただければと思います!



ドキドキ★





9月28日発売の『当てコツ』2、どうぞよろしくお願いいたします!

屋内型キッズ施設「アソボーノ」は子供にとって天国でした

こんにちは、坂田です

リニューアルした『懸賞なび』は手に取っていただけましたか?
A4判に大きくなったので、文字が大きくなり見やすくなったのではないでしょうか?
これからも細かい部分を修正して、より読みやすくしていきたいと思いますのでドシドシご意見くださいね。

話変わりまして、最近、さまざまな子供と遊べる施設に行っている坂田です。
溺愛中の姪っ子ちゃんが喜ぶ場所を探してはお出かけしているんですが
先週末は東京ドームシティ内にある屋内型キッズ施設「アソボーノ」へ行ってきました

IMG_5111

















大きなボールプールがあったり、滑り台があったり、
巨大トランポリンがあったり、体全体を動かして遊ぶエリアや
プラレール、アンパンマンのおもちゃ、メルちゃん、シルバニアファミリーなど
人気のおもちゃが使い放題のエリアがあったりと子供にとっては天国!

1日遊び倒しても足りない!っていうくらい充実していました
かくいう姪っ子ちゃんも、帰りたくないと閉園まで粘って遊び倒してました

子供が遊べる施設はいろいろあるけれど、
屋内型で天気を気にしないで遊べる「アソボーノ」はオススメです

最高の体調

最近読んだ本をご紹介



メンタリストDaiGoのネット配信でリサーチャー(文献を探したり、統計結果などのリサーチ)を行っている鈴木祐さんの著書です。
『パレオな男』というサイトでパレオダイエットや様々な健康情報を、科学的根拠を元に紹介しているお方。


高橋は子供の頃から体が弱かったのですが……
よく、『スタミナを付けなさい、体力を付けなさい』と言われ続けていました。
運動すればいいの?運動するとどうして体力が付くの?どういう状態が健康なの?……頭の中がはてなだらけでした(笑)
その答えがこの本には詳しく掲載されております。

『最高の体調』の本の中身ですが問題提起として「文明の進化し続けるスピードが早すぎる」というもの。
それに付随して、「生活リズムや食べ物の変化」もかなりの短期間で変化している、ならば人間本来の食べ物や生活リズム、習慣に戻せば体調が良くなるのではないか?という内容です。

まず、「現代の生活に増えたもの」と「人間本来が行ってきたこと・食べてきたもの」を振り分けるところから始まります。
細かい体調不良がゆくゆくはどんな病気につながるのか?
その体調不良は「現代の生活に増えたもの」とつながりがあるのか?
ということを検証し、科学的根拠を踏まえて解決策を提示していくというもの。

「現代の生活に増えたもの」を摂取するともちろん"消化"する事が困難になり、その摂取したものがどこに消えていくのか……


ちょっと体調悪いんだけど病院に行くほどじゃないんだよね〜。


なんて方がいたら、ぜひおすすめしたい一冊です。
(*´ω`*)



懸賞なび最新号

懸賞なび12月号
↓ ↓ ↓ ↓




懸賞なび12月号
購入はこちら
 



1月号は11月22日、発売!!

懸賞なびtwitter
Recent Comments
Archives
楽天市場
QRコード
QRコード
記事検索