Profile
Ono Emi
結婚22年目。
日々惚れ直しておりますが、
「のろけ日記」は時々更新です。
Info
<コメントについて>
 いつも閲覧&コメントありがとうございます。
 
 近ごろ、不適切なサイトへのリンクなのか判別が難しいコメントが増えてきました。
 コメント内で当ブログの記事内容に全く触れていないものや、疑わしきものは、予告なしで削除してしまう可能性があります。
 ご了承下さい。

Archives

May 2006

May 31, 200608:40ネクタイ
 「朝、旦那様のネクタイを結んであげる奥さん」に憧れていたのだけど、私はネクタイを結んだ経験が皆無。

 高校の制服のネクタイでさえ、ゴム付きの「なんちゃってネクタイ」だった私と違って、中学の制服からブレザー&ネクタイだった旦那様は、ネクタイを結ぶのが上手。

 魔法みたいに彼の手が動いてネクタイ完了。
 何度見ても不思議。

 彼の留守に特訓しようかなぁ。
May 28, 200623:11「お父さんの」
 休日の朝。
久しぶりに家族みんなで、お寝坊さん。

 次男が私たちの布団に入ってきて、私に甘えようとしたら、

   「お父さんのだぞ」

 私を抱き寄せながら、旦那様が言う。

 あは。それで引き下がる次男も可愛いなぁ。
May 26, 200613:09「だれかさんによく似てる」
 「男の子って、女の子より甘えん坊なのかなぁ」と息子たちを見ていると思う。
長男も次男も、やっぱりまだまだ甘えん坊。
 背も伸びて、生意気な事も言えるようになったのに。

 私 :「なんで、こんなに甘えん坊なんだろうねぇ?」
旦那様:「だれかさんに、よく似てるよ」

 う。遺伝だったかも。
May 24, 200613:12顔そりと耳かき
 ドキドキするけど、好きなもの二つ。

 旦那様の「顔そり」と「耳かき」。

「信頼されてるんだ」って、ちょっといい気分。
 終わったあと、「すっきりした」って言ってもらえるのも好きなのだ。
May 23, 200607:29おそろいのパジャマ
 おそろいのパジャマを買いました。
おそろいって、身につけるだけでココロがあったかくなりますよね。
 本当はレディースものなのだけど、細身の彼に「絶対似合う!」と即決。

 彼:「あれ?女性もの?」
 私:「なんで分かったの?」
 彼:「だって、ボタンが反対」

 あ。すっかり忘れてた。
 でも、すごく似合うから、許してね。

May 19, 200611:17「恥じらい」反応
「恥じらい」って、『化学反応』。

「私のココロとカラダ + 彼の視線・仕草・言葉」

 カラダの先の先まで熱を帯びて、もどかしいような薄い薄い膜に包まれちゃう感じ。

 どうして、こんなにいつもしっかり反応しちゃうんだろう?
May 17, 200611:25一撃!
 お腹の中から、赤ちゃんの鋭い一撃。

 「今のはすごかったね」と旦那様。

うーむ、パパとコミュニケーションしたいからって、
そんなに激しく蹴らなくてもいいのに!

 元気な証拠なんだけど、ちょっと痛いです。
May 15, 200613:44愛おしい歳月
 ちょっとした記念日を覚えていてくれる彼が大好き。

 長い歳月を愛おしむような甘いキス。
 これからも、何十回も何百回も続きますように。
May 13, 200616:54「おめでた」という響き
 ここ1週間、「おめでたですか?」と聞かれる事が急増。
 たしかに妊娠も9ヶ月目に入って急にお腹も大きくなってきたし、薄着になってきたから当たり前かな。

 それにしても「おめでた」って良い響き。

 新しい命って、本当に「めでたい」もの。
 しんどい事もあるけれど、あと少しの妊婦ライフ楽しもうっと!
May 10, 200617:11「二股自慢」の女の子
 家族でハンバーガー屋さんに行った時のこと。
 となりの席の女の子が、一緒に座ってる男の子に大きな声で話しているのが聞こえてきた。

 正直に言ってしまえば、家族との時間に聞きたい話ではなかったのだけど、閉じられる耳を持ってるわけでもなくて、彼女の「二股自慢」話を食事中ずーっと聞くはめに。

 初めはあきれていたのだけど、だんだん彼女が可哀想に思えてきてしまった。男の子がどんどんあきれていくのも伝わってきて、それもまた可哀想で。

 「この人のために素敵な女性になりたい」と思えるような男性に出会う前に、「どっちでもいいや」と思うような男の子たちと恋愛ごっこをしなくちゃいられないぐらい、本当は淋しい子なのかもしれない。
 「二股自慢」をしてるのも、「そんなことやめろよ!」って言ってもらいたいのかなぁ……なんて勘ぐってみたり。

 二股をする余裕もないぐらい夢中になれる、そんな素敵な男性に出逢える日が彼女にもくるといいなぁ。
May 08, 200613:42辞書の似合う人
 旦那様は辞書が似合う。
 家でお仕事をしてる時間、
彼の周りにあるのは、書類の束・パソコン、そして辞書。

 どれも違和感なく彼と調和してて、すごく自然な風景。
 パソコンを除けば、ちょっと昔の書生さんといった感じ。
 眼鏡をかけて辞書をひらいてる姿に、つい見とれてしまう。

 惚れ直さずにはいられない、そんな空気を身にまとってるんだもん。
やっぱり素敵だなぁ。
May 06, 200616:38「僕の好きなもの」
 旦那様のブログ。
 本当に時々、長い文のかたすみに、さりげなく登場する私。
 お仕事関係だから惚気ることはないのだけど、それでも嬉しい。

 好きなものをいくつか紹介してる記事の中で
 「一人の女性を愛すること」という一文。

 なんだか幸せな気分になっちゃいました。
May 03, 200619:11個人授業
 腕枕してくれてる旦那様の声。

 「『さね』って、こうやって男と女が一緒に寝るって意味があるんだよ。
  ほら百人一首でも、
  『名にし負はば 逢坂山の さねかづら
   人に知られで くるよしもがな (三条右大臣)』
   ってあるでしょ」

 和歌の解釈を子守唄代わりにして半分寝てる私……。
ごめんなさい、真面目な生徒じゃなくて。睡眠学習にはなってます!

  でも、旦那様ってホント優秀な家庭教師よね。
 どの教科もかなわないのが、ちょっと悔しいなぁ。
May 01, 200612:32にらめっこ連敗中
 大好きな人と見つめ合ってる時、先に目をそらしちゃうのはどちらですか?

 私はすごく弱いんです。
 ずーっと負けっぱなし。
 だって、彼の目の力があんまり強いんですもの。

 ドキドキして、「もうダメ!」ってなってしまう。

 勝てる日なんて、きっと来ないんだろうなぁ。