Profile
Ono Emi
結婚22年目。
日々惚れ直しておりますが、
「のろけ日記」は時々更新です。
Info
<コメントについて>
 いつも閲覧&コメントありがとうございます。
 
 近ごろ、不適切なサイトへのリンクなのか判別が難しいコメントが増えてきました。
 コメント内で当ブログの記事内容に全く触れていないものや、疑わしきものは、予告なしで削除してしまう可能性があります。
 ご了承下さい。

Archives

March 2012

March 24, 201217:30「飽きませんか?」
 久しぶりに友人と会って、その友だちも一緒に飲んでいたとき。
 「結婚してだいぶ経つんですよ」なんて話をしていたら、一人の男性に「飽きませんか?」と質問されました。

 飽きるって、どうしたら飽きるんだろう?
 人は毎日同じじゃないので、彼も子どもたちも面白いのだけど……。
 「飽きる」ことを想像できなくて、一瞬無言になってしまいました。

 「鬱陶しくなりませんか?」とも聞かれたんだけど、お互いの距離感が分かっていると、それも大丈夫なのよね。
 鬱陶しがられそうなときは、近づかないですし。

 「結婚」に悪いイメージがあるのかな?
 もしかしたら、異性との距離感がつかめずにいるのかもしれないな。
 女性が外で言う「夫に飽きた」とか「夫が鬱陶しい」っていうのは話半分で聞いていたほうがいいと思うのよね。愚痴のようで半分のろけだったりするし。
 もちろん、自分がパートナーに「飽きた」とか「鬱陶しい」と思われないように気をつけることは大事なんだけど、そんなに心配しなくてもいいんじゃないかなぁ。

 「飽きてしまうこと」に不安なのか、「飽きられてしまうこと」に不安なのか。
 他人事だけど、ちょっと気になってしまいました。
March 21, 201212:03無理しても日帰り出張
 少し遠くに出張の日。
 「そっちで泊まったら楽じゃない?」と聞いたのだけど、
ちょっと無理してでも新幹線に飛び乗って、家に帰ってきて寝たほうが安心してゆっくりと眠れるし、疲れもとれるんですって。

 そうだね。
 私も、できるだけ早く帰って好きな人の横で寝たほうがいいな。
一人で寝るのは、やっぱりちょっと寂しいし落ち着かないと思うから。
March 18, 201213:02草食系でいいじゃない
 草食系男子、肉食系女子という言葉があるけれど、どちらの生き方も正しいと思う。
 恋愛期を過ぎた大人が嘆くほど、若い恋人たちの関係が悪くなっているとは思わないのだけどなぁ。

 男の人が「肉欲」に淡々としているというのは、悪いことじゃないと思う。「草食系のふり」でもいいから、ほどほどに慎重さと節度のある男子のほうがいい。娘を持つ母としては、女の子を傷つける、無知で無責任で空気の読めないような「肉食系男子」なんて絶滅してもいいと思ってる。
 それと、「この人の子どもを絶対生みたい!」って本能に素直な肉食系女子の気持ちもすごく分かる。好きな人の子どもって、すごく可愛いし、子育ても楽しい。自分から積極的になれる恋愛をしていることこそ、女性として最高の経験だと思う。


 <男子にも女子にも知っておいてほしい知識>
(1)100%安全・確実な避妊法はない
(2)望まない妊娠は心と身体、未来を傷つけることがある
(3)卵子は老化する(30代になると妊娠確率が徐々に下がっていく)


 (1)は知っておいたほうが絶対いい。
 産婦人科の先生は「必ず複数の避妊法を組み合わせて下さい」って言ってるのに、学校ではあまり習わないものね。
 (2)を知らないのは無知だし、想像力が足りない。
 知っているのに、「愛してるから」という言葉で相手や自分をごまかして、覚悟が伴わないのは無責任だし、無防備すぎる。
 (3)は若い頃から知っていると、人生計画がしやすいと思う。

 でも、仕事が忙しくて遊ぶのも楽しい20代の女子に「さあ、子どもを産む時期だぞ!」なんて言われても困る。
 20代で子どもを産むと社会復帰が難しかったり、自分の時間がなくなっちゃうような今の世の中が変わらないかぎり「少子化・晩婚化」は変わらないよね。それに、相手があることだもの。

 だから、今の時代はまず草食系でいいと思う。
好きな人に出会えて、「子どもが欲しいな」って思えたら自然に変わっていくんじゃないかなぁ。

 草食動物は多産だし安産で、ちゃんと繁殖している。
 肉食動物もきちんと子育てしている。
 両方とも「繁殖」の減少に関係してくるのは、「環境」だと思う。

 人間って、動物よりも考えてしまう分、生きていくのが複雑で難しい生き物なのかもしれないな。


<追記>
 男性も高齢になると、生まれる子どもの自閉症などのリスクが上がるという研究結果もあるそうです。いろいろなことを知ったうえで人生設計できるといいですね。
March 15, 201209:57鼻歌DNA?
 我が家の家族は5人。
 そのうち、鼻歌を歌っちゃうのは4人。
つまり、私と子どもたち。

 「歌ってるよね」と旦那様。

 そうなのよね。
 でも、私の実家の家族も歌ってるのよね。
あはは。「鼻歌DNA」?

 でも、鼻歌は不機嫌だと歌えないのだから、「家族の機嫌がいい」ってことで幸せな家族だと思いません?
March 10, 201210:41夫婦の伸びしろ
 「のびしろ」という言葉。
 最近よく使われるようになった言葉のようで、家にある辞書には載っていないのだけれど、「伸び代」と書いて「これから成長していく可能性・見込み」なんだそうです。
(新しい辞書には載っているみたい)
 「代(しろ)」は「必要な余地」という意味で「縫い代」「糊代(のりしろ)」のように使ってますが、「伸びしろ」という言葉の期待感・ワクワクする感じが前向きでいいですよね。

 「伸びしろ」って、夫婦にも必要!

 彼が私にいろいろとアドバイスをくれるのも、「妻の伸びしろ」をあきらめてないから、まだ成長の可能性を感じてくれているからだと思うのよね。
 夫婦関係も成長が止まったらつまらないんじゃないなかなぁ。
 いつまでもパートナーに期待してもらえる、期待できる、そんな夫婦でいたいものです。
March 06, 201215:40A Hard Day's Night
 ビートルズの「A Hard Day's Night」。
あらためて聞いてみたら、なんて可愛い歌詞なんだろう。

It's been a hard day's night
And I've been working like a dog
It's been a hard day's night
I should be sleeping like a log

But when I get home to you
I find the things that you do
Will make me feel all right
(中略)
When I'm home
everything seems to be all right
when I'm home
feeling you holding me tight, tight

 本当に頑張って疲れて帰ってきた彼が、家でホッとくつろいで、
 彼女に「ぎゅーっ」としてもらって、「君のために頑張れる!」って。

 あぁ、この歌を聴くと私も頑張れちゃうなぁ。
「君がいろいろしてくれてるから、本当に助かるよ」って、歌だもの。

 愛する人のために、家族のために頑張ることって幸せなことだけど、毎日頑張っていると、やっぱり疲れちゃうこともある。
 ときどき疲れちゃった時に「頑張れるのは君のおかげ」って言ってくれるだけで、充電できちゃったりするのよね。
 わたしもちゃんと「ありがとう」って伝えなきゃ。
 
March 01, 201210:13マスク2枚越しのキス
 風邪と花粉症の季節です。

 彼を玄関で見送る時、「いってらっしゃい」のキスを何気なくしたら、二人ともマスクをしていたのでマスク2枚越しのキスになりました。

 マスク越しのキスは初めてじゃないけれど2枚越しというのは初めてで、お互いにどちらからともなく笑ってしまうほど、相手の唇の感覚がないキス。
 布のマスクだと、厚みもあるから余計に変な感じ。

 それでも、出がけに二人でニッコリできるならいいよね。
 マスクの中のニッコリだけど……。