Profile
Ono Emi
結婚22年目。
日々惚れ直しておりますが、
「のろけ日記」は時々更新です。
Info
<コメントについて>
 いつも閲覧&コメントありがとうございます。
 
 近ごろ、不適切なサイトへのリンクなのか判別が難しいコメントが増えてきました。
 コメント内で当ブログの記事内容に全く触れていないものや、疑わしきものは、予告なしで削除してしまう可能性があります。
 ご了承下さい。

Archives

June 2012

June 24, 201210:04彼は雷親父?!
 まさに雷。
 ドッカーン!息子とその友人に直撃でした。

 いつだって父親として叱るべきときにちゃんと叱ってくれる彼なのだけど、こんなのは久しぶり。近くにいた私も飛び上がってしまいそうな雷撃でした。

 辞書に載ってる「雷親父」の意味(「なにかにつけガミガミ大声で怒鳴る、口やかましい親父」)とは違うのだけれども、子どものために真剣に叱ることのできる大人が減っている時代に、貴重な「雷親父」です。

 私の父も、おっかなかったなぁ。
 彼の叱る姿を見ても「恐い」じゃなくて、「ありがたいなぁ」と思えるのは、父のおかげなのでしょうね。

 ちゃんと叱ってもらえる幸せ、子どもたちにも分かるといいな。
June 15, 201223:53新婚だったっけ?
 出かける彼を玄関までお見送り。
いつもどおりのことなのに、彼が微笑みながら

 「新婚だったっけ?」というので、

 「新婚15年目!」と答えました。


 でも、「朝から仲良くしているのは『新婚さん』」なんてイメージはおかしいですよねぇ。結婚してから年月を経て仲が深まる夫婦関係だって多いはずなのになぁ。

 『熟婚』というのは「熟年結婚」の略だそうですが、本当の『熟婚』は結婚してからの歳月を重ねて成熟していく婚姻関係であると、『熟婚』の文字を見るたびに思います。

 ますます幸せになる結婚。
 それが普通になるといいのになぁ。
June 06, 201208:21家庭崩壊の危機?
 忙しい旦那様。仕事の関係者の方に「こんなに土日も忙しくて家庭崩壊しちゃわない?」と心配していただいたようです。

 たしかに、ここのところ忙しすぎる気もする。
 子どもたちの休日参観も、全部お仕事だったもんなぁ。

 でも、子どもたちはあまり気にしてない様子。
「お父さん、身体壊さないかなぁ?」と彼の体調は心配しているみたいだけど、「お休みに一緒に出掛けたいのに」みたいな不満は一切ないみたい。

 パートナーである私としても、本当はもっと一緒に過ごせるのがいいけれど、私と二人で過ごす時間がぐーんと減ったわけではないから、平気。
 と、いうのも、平日昼間で少し時間の取れる日もあるから。

 平日昼間は子どもたちは留守だけど、「二人のコミュニケーション」にはピッタリだもんね。 ふふふ。


 「一家の太陽」であるお母さんがご機嫌だから、子どもたちも気にしてないのかもしれないな。