Profile
Ono Emi
結婚22年目。
日々惚れ直しておりますが、
「のろけ日記」は時々更新です。
Info
<コメントについて>
 いつも閲覧&コメントありがとうございます。
 
 近ごろ、不適切なサイトへのリンクなのか判別が難しいコメントが増えてきました。
 コメント内で当ブログの記事内容に全く触れていないものや、疑わしきものは、予告なしで削除してしまう可能性があります。
 ご了承下さい。

Archives

August 2017

August 31, 201708:30糟糠の妻? 粕漬けもぬか漬けも
 結婚20年目にして、「ぬか漬け」を美味しく漬けられるようになりました。
 と、いうのも、私の実家では「粕漬け」と「浅漬け」ばっかりだったので、今までチャレンジしてこなかったのです。
 ところが、この夏の初めにいただいた「水茄子のぬか漬け」がとっても美味しくて、その袋に入っていた「ぬか床」に、スーパーで買ってきた「ぬか」を足して、「ぬか漬け」を始めることにしたのでした。

 冷蔵庫の中に、しっかりした密封袋で保存している「ぬか床」は1日1回かき混ぜるだけで大丈夫。
 ときどき「柚子胡椒」や「かつお節」で風味を足して、我が家好みの味を探求中。
 こんなにお手軽で美味しいと知っていたら、もっと前から漬けたのになぁ。
そうこう【糟糠】
   「酒粕とぬか」のことで、「粗末な食事」の意。
 「糟糠の妻は堂より下さず」<故事成語>
   「粗末な食事をしていたころから苦労をともにしてきた妻を、富貴になっても大切にする」という意。(『後漢書(宋弘伝)』)

 「粕漬け」も「ぬか漬け」もマスターした「糟糠の妻」でございます。
 これからも、仲良く美味しいものを楽しめますように。
August 19, 201709:30晴れ晴れと恋してほしい
 パートナーだけじゃなくて、子どもや家族、友人たちの心まで傷つける、そんな恋の話は、物語だと分かっていても、なんだかつらくなってしまう。

 「正しくないかもしれない」「人を傷つけるかもしれない」と分かっていても、人間は愛したいし愛されたい生き物なのだと思う。
 人間のズルい部分、弱い部分、悲しい部分は、たしかに私にもあるから、だからこそ小説を読んでいるときに胸が痛くなるのかもしれない。

 全ての人に祝福してもらえる恋なんてないかもしれないけれど。
 もし、これから恋をするならば。

 自分の良心を騙し騙し、罪悪感を抱えながらする恋はしてほしくない。
 自分のためにも、相手のためにも、家族のためにも。
 物語のような駆け引きや、バトルもスリルもなくていい。
 ただただ、二人そろって晴れ晴れと「幸せです」って笑顔で言えるような恋が、世界中のあちこちで増えますように。
August 14, 201709:30I wanna be the one to walk in the sun.
 「Girls Just Wanna Have Fun」の歌詞に、「I wanna be the one to walk in the sun.」って部分がある。
 
男の子の中には、自分の恋人を世界中のほかの人たちから隠してしまいたがる人もいるけど、私はお日様の中を歩く人でいたい。
 女の子だって、楽しみたいんだから。

 これは、男性でも女性でも同じだと思う。
 自由で心から楽しんでいるパートナーを愛せたら、もっとお互いに幸せになれると思う。

 でも「自由」って、人によって許容範囲が違うはず。
 そもそも「自由」の範囲が違いすぎる人とは、おつき合いが難しいかもしれない。
 嫉妬も疑心暗鬼も乗り越えて「信じるに足る」関係になるまでが一番の難所であるのは間違いないところ。
 それはやっぱり、時間がかかっても、誠心誠意、言葉と真心を尽くして、真っ正面から向かい合って、互いの気持ちをすりあわせていくしかない。

 思ってること、感じてること。
 嬉しいこと・楽しいこと・悲しいこと・嫌なこと。
 エチケットも、マナーも、モラルも。
伝え合って、話し合って、分かり合って、誰よりも信じ合える関係になれたら最高。

 「I wanna be the one to walk in the sun.」
 お日様を浴びて、気持ち良く、堂々と、自由に。
 そんな「一人」と「一人」でもある私たちが、二人で手をつないでデートしてるって、本当に幸せなことだと思う。
August 09, 201709:30夜、ふと目覚めたときに
「夜、ふと目覚めたときに、君がそばにいて、すぐ触れられるのが、本当に安心する」と、彼。

 私も同じ気持ち。

 夏は暑いから、寝ている間に腕枕を抜け出してたりするけれど、目が覚めたときに触れられるところに彼がいて、手に触れれば握り返してくれるし、そばに寄れば抱きしめてくれるのが嬉しい。

 夜も、朝も。
 夢から現実世界に戻ったときに、一番信頼できる人が、一番そばにいる安心感と幸福感。

 心と体は、やっぱりつながっているんだなぁ。
 体のぬくもりが、心まで温めてくれるもの。