市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2009年12月

2009年最後の日に・・・


笑也さんにとって、多くの別れがあった一年でしたね。


笑也さんが辛い時


私(たち)の心も痛む。




そういう中でも、新しい出会い・出来事も。


今年の、「今」の笑也さんの舞台を観てファンになって下さった方、


大河のタイトルロールで「市川笑也」の名前がスクロールアップされた瞬間。


ひとりの、なにか「歌舞伎」に通勤してるお兄さん、な印象だった


三階さん時代から、そのときどき、ワクワクする活躍を魅せてくれていた。


それは、ほんの、ひとことふたことの笑也さんの台詞を聴くのが嬉しかったことから


少しづつ、しどころが増えていく役へと、変遷していく中で常に。


ブログサーフィンしていたら、演舞場、昨年は30日までだったお稽古も


元旦もあるとか?今日もお休みなしかしら。


伊達十、段取りが大変ですからね。


拙宅をご覧頂いている皆様、良い新春をお迎え下さい。


【追記】


本日、大晦日は、お稽古お休みのようですね。


でも、元旦はやはりあるそうです。(猿三郎さんのブログから)


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




十月花形新派公演 三越劇場


おもだかファンの友人から、松竹のHPを見なさい!!(笑)


とメールが来たので。


すでに、十月の舞台情報がアップ。


『滝の白糸』


キャスト&スタッフ


原作:泉鏡花


脚本:高田保


補綴・演出:成瀬芳一


出演:


滝の白糸/市川春猿


村越欣弥/井上恭太


南京寅吉/市川猿弥


お辰/市川笑三郎


桔梗/瀬戸摩純


詳細はこちら


しかし、日生劇場の5月公演情報もビックリ!!


大阪新歌舞伎座、9月杮落しのおもだか興行の後にかかる、


GACKTさんの眠狂四郎。


SS席20000円、プレミアムシート30000円って


なんですかコレ~!?このご時勢に・・・


まあ、自分は観にいかないからいいですけど。


遠征ファンは、これに交通費・宿泊費と大出費ですね・・・


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




猿之助の芸に迫る初春


asahi.comの記事


主に、海老蔵さんの伊達十や、右近さんの黒塚についての記事ですが


笑也さんの名前も上がっていて、やっぱり嬉しいですね。


初春の舞台を支えるひとりとして。


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




Very Very Merry X’mas!!


昨夜、イブは、笑也さん入籍記念日、おめでとうございました!


(これは、結婚のエピソードで、当時、新聞にも大々的に報じられましたね。)


演舞場は、今月改装工事が入り、楽屋も綺麗になるとの話しを聞いているので


そろそろ、舞台稽古も始まる頃かな~と思いつつ、


綺麗な楽屋でのお支度は、多少は、ほっこりした気分を味わえるのかな?


と想像してます。


さて、クリスマスといえど、私も仕事!!これから出勤です。


拙宅をご訪問くださっている皆様、良いクリスマス・デイを!!


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




雲のように風のように


本日22日、BS2 午前10時29分より


詳細はこちら


笑也さん、アニメ、声優として初挑戦した作品です。


※あと出演はしてませんが、9時からは「西遊記」


なんか関連ある作品で嬉しい。


冬休みアニメ特選だそうです、BS2。


私はこれから出勤だし見れませんが


という前に、ウチ、地上波しか見れません。(しかも、未だブラウン管テレビ・・・)


猿三郎さんもブログに書いてましたが、ふだん、ほとんど


テレビ見ない私が、今期、唯一楽しみに見たのは「仁ーJIN」


途中から観たので最初の方のストーリーが解りませんけど。


ちょっと、話し逸れました。


雲のように風のようには、当時「カセットテープ」に録ってもらいましたね~!


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




大阪新歌舞伎座


ミクシィのコミュを動かしに(笑)行くにあたって、情報提供~と


再検索したところ、あれ、これ、自分ちにアップしてなかったかな?と。


大阪新歌舞伎座のHPより、杮落し情報


見慣れたものだけど、何か画像付きだと嬉しいですね~!


演目は未定ですが、彼らの後がGACKTさんの「眠り狂四郎」だそうで


負けてはいられません(笑)


産経ニュース


演劇ニュース・シアターリーグ


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




四谷怪談忠臣蔵 1


本当は、黒塚や伊達十のことが先のような気もするけど


前回の筋書引っ張り出してきたついでに(?)配役の相違など。



★2010年 ☆2003年


★新田義貞の霊/直助権兵衛/天川屋義平


 暁星五郎実は新田鬼龍丸:市川右近


☆新田義貞の霊:市川段四郎


☆直助権兵衛/天川屋義平/暁星五郎実は新田鬼龍丸:市川猿之助




★佐藤与茂七/義平女房おその:市川門之助


☆佐藤与茂七:市川右近


☆義平女房おその:中村東蔵




★高師直/按摩宅悦:市川猿弥


☆高師直/按摩宅悦:市川猿弥




★斧定九郎:市川春猿


☆斧定九郎:市川春猿




★猪熊局後に伊右衛門母お熊:市川寿猿


☆猪熊局後に伊右衛門母お熊:市川寿猿




★小汐田又之丞:市川弘太郎


☆小汐田又之丞:市川猿四郎




★民谷伊右衛門:市川段治郎


☆民谷伊右衛門:市川段治郎




★お岩/小仏小平/一文字屋お軽:市川笑三郎


☆お岩/小仏小平/一文字屋お軽:市川笑三郎




★塩冶判官/お袖:市川笑也


☆塩冶判官:市川門之助


☆お袖:市川笑也


(※笑也さんは03年版では、大星力弥との二役)




★大星由良之助:坂東彌十郎


☆大星由良之助:中村歌六


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




平成22年4月新橋演舞場 陽春花形歌舞伎


お~昨夜、情報解禁日はまだかしら?とつぶやいていたら


本日、歌舞伎美人にアップ!!




新橋演舞場 陽春花形歌舞伎


通し狂言『四谷怪談忠臣蔵』


仮名鑑双繪草紙 (かなでほんにまいえぞうし)


市川右近宙乗り相勤め申し候


平成21年4月1日(木)~23日(金)




新田義貞の霊/直助権兵衛/天川屋義平  


暁星五郎実は新田鬼龍丸:市川右近


佐藤与茂七/義平女房おその:市川門之助


高師直/按摩宅悦:市川猿弥


斧定九郎:市川猿春


猪熊局後に伊右衛門母お熊:市川寿猿


小汐田又之丞:市川弘太郎


民谷伊右衛門:市川段治郎


お岩/小仏小平/一文字屋お軽:市川笑三郎


塩冶判官/お袖:市川笑也


大星由良之助:坂東彌十郎




笑也さんは、塩谷判官とお袖。非常に楽しみです!!


そして、久々のバースデー観劇ですよ~。


4月に興行ある都度、実バースデー13日と、


公式バースデー14日は、ファン結集日(笑)


一昨年の博多での、高揚した気分が蘇ります。


大向うさんも、誕生祝いの声をかけて下さったけど


当時、笑也さんがブログでリクエスト(?)していたので


私たちも、「おめでとう~!」と叫ばせて頂きました。


カテコの拍手でかき消されてしまうかな?と思ったけど


ちゃんと聞こえていたようで、満足(私たちが・笑)




今回、彌十郎さんが、久々に一座して下さるのも嬉しいですね。


詳細はこちら


歌舞伎座さよなら公演ラスト興行と同時期に


おもだか一門での責任公演を任されるほど


猿之助さんが舞台に不在でも、お弟子さんたちが、みな、


それぞれ実力をつけ、興行の大きな力になると期待されているのですね。


<追記>


ただ今、2003年7月上演の筋書きをひっぱり出してきました。


この年の11月、博多座の西太后上演中、


猿之助さんは体調を崩されてしまいましたが


この筋書きの中で、猿之助さんは、


「猿之助襲名から40年、アッと言う間でしたが、人は不死身ではない。


僕がかつてやって、もうできないものを若い一座の人たちにやって欲しい。


僕は、演出にまわる。それで、お客様が大勢来てくれたら、


こんな嬉しいことはない。それが夢です。」と仰っていた。


描いていた時間の流れとは、異なってしまった部分もあるけれど


根幹のところは、揺らいでないのかな~とも思ったり。


1月の舞台もまだ開けてませんが、


4月の舞台は(も)、本当に色々な想いを込めて、応援したいと思います。


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




「第26回四国こんぴら歌舞伎大芝居」


に、亀ちゃん出演!!またまた澤瀉屋ゆかりの演目で興味深いですね!





「四国こんぴら歌舞伎」


【日程】平成22年4月10日(土)~25日(日)


【会場】金丸座(香川県琴平町)


【演目と配役】


【第一部】午前十一時開演


一、源平布引滝 義賢最期


木曽義賢    片岡愛之助


小万      市川亀治郎


多田蔵人行綱  中村翫 雀


進野次郎    中村亀 鶴


待宵姫     中村壱太郎


葵御前     上村吉 弥





二、棒しばり


次郎冠者  中村翫 雀


太郎冠者  片岡愛之助





三、澤瀉十種の内 浮世風呂


三助政吉  市川亀治郎


なめくじ  中村壱太郎


【第二部】午後三時開演


一、通し狂言 敵討天下茶屋聚(かたきうちてんがちゃやむら)


安達元右衛門/片岡造酒守  市川亀治郎


安達弥助     中村翫 雀


東間三郎右衛門  片岡愛之助


早瀬伊織     中村亀 鶴


伊織妻染の井   上村吉 弥


お~かつてはなめくじだった亀ちゃんが!


天下茶屋も、猿之助さんの通しで、メチャクチャ堪能した演目です。


しかし、ここのところ、亀ちゃんも家の芸であったり


猿之助十八番であったり、意欲的ですね~


11月には猿之助演出で鬼揃


1月は猿翁十種の内『悪太郎』を浅草で


二月博多座花形歌舞伎、


昼の部で猿之助十八番の内『金幣猿島郡』


そして大喜利所作事 『双面道成寺』


三月の南座の花形歌舞伎はまだ、演目は公表されていないけれど


さて、何を持ってくるか!!


(とりあえず仮チラは、獅堂、亀治郎二枚看板!?)


笑也さんたちの先の演目も早く、情報解禁!とならないでしょうか。


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




『愛、時を超えて』再演             ~遙かなる時空の運命(さだめ)~


笑也さんや段治郎さんは出ないけど!


2010年6月松竹座 詳細はこちら


笑也さんの出演時は『愛、時をこえて 関ヶ原異聞』というタイトルでした。


初日は、偶然、右近さんと並んでの観劇になりましたが、


(どうやら関係者席だったらしく、原田優一くんも並びだった)


笑也さんと圭吾さんが、というか細川忠興と高山右近が、盟友という設定なので


笑也さんが「右近が」「右近が」という台詞を言うたび、


(市川!)右近さん大うけ!!


今回のキャストと、前回のキャストをご紹介!!カッコ内前回です。


★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


ドラキュラ/お国 : 紫吹淳 (貴城けい)


細川ガラシャ : 香寿たつき (華城季帆)


石田三成 : 山口馬木也 (市川段治郎)


高山右近 : 長谷川初範 (吉野圭吾)


細川忠興 : 藤木孝 (市川笑也)


お国一座の小春 : 星奈優里 (坂本法子)


徳川家康 : 長門裕之 (横澤祐一)


笑也さんの役を藤木孝さんとは、なんだか全然想像がつきません!!


6月、某所遠征のついでに、松竹座まで足を伸ばせるかな~?


やっぱり、なにか違いが気になります。


☆ワンクリックお願いします。


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ