市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2010年05月

神崎与五郎東下り 感想 1


長文書く体力ないので(実働10時間、ランチタイム1時間、


通勤時間往復1時間半。ほぼ1日の半分、残業あればそれ以上―


仕事に費やす日々に入るので・・・)ちょっとづづ。




東下りそのまんま演るんじゃなくて、現代が舞台となった…との


横内さんのダイアリーより、「そう、現代・・・」と予備知識はあったのだけど


「現代」と言っても、どの辺りの現代?という疑問が凄く沸いてきて。


厚木初日、舞台幕とかないので、客席入場と同時に目に飛び込んできた


「一力」のセットを眺め、なんとなく昭和な感じだけど、


メニューの値段が今過ぎる、とか、


「アルプスの天然水」のダンボール見て


昭和には、アルプスの天然水なかったんじゃ?とか


お芝居冒頭、今は電線は地中に埋める、みたいな会話があったりして


これは平成?


そして、留守番さんのエプロン!!


昭和には、こんなお洒落なミニのエプロンはなかったのよ~と


着用している、トップスのデザイン―二の腕がチラ見出来る―が


やっぱり、まんま「今」だな~と。そして、言葉遣い。


厚木二日目の帰りに、購入した台本を車中読んで、きっちり「現代」で


あることを確認。そんな、ところから突入していった、私の東下り祭りでした。




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




『新・水滸伝』放映 


ミッドナイトステージ館 二十一世紀歌舞伎組『新・水滸伝』




BS2 6月5日(土) 午前0:50~2:41 (4日深夜)




二十一世紀歌舞伎組「新・水滸伝』(2008年8月/ル・テアトル銀座)


【演出・美術原案】市川猿之助


【脚本・演出】横内謙介


【出演】市川右近、市川笑也、市川猿弥、市川笑三郎、市川春猿、


    市川弘太郎、金田龍之介、市川猿三郎、市川猿四郎、市川欣弥 ほか


    


【ストーリー】


一度は挫折し、生きる意味を見失った市川右近演じる英雄(林冲(りんちゅう))が、


支離滅裂なエネルギーの渦に巻き込まれ、


再び人生の荒波に漕ぎ出してゆき、情熱を取り戻す姿を描いている。


脚本は、これまでの「二十一世紀歌舞伎組」の作品や


スーパー歌舞伎「八犬伝」・「カグヤ」・「新・三国志」でもお馴染みの


横内謙介による書き下ろし。 




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




神崎与五郎東下り 澤瀉ご贔屓の感想


昭和40年代から猿之助歌舞伎のご贔屓であるK氏から頂いた感想です。


もちろん、笑也さんの入門以前から。


そして、笑也さんが、三階さんとして入門してきた時から見守って下さっていた・・・




こんばんは。


扉座、短期公演とはいえ、厚木・高円寺と、ほとんど毎日のように観劇


本当に「お疲れさま」でした。


私も『東下り』は正直、もう一度観たいと思いました。


澤瀉屋の舞台を観るようになってから、


それ以外の演劇で、いま一度観たいと思った舞台は、数少ないです。


扉座『東下り』今一度観たいと思いながら、時間的に恵まれず、残念でした。


横内さんの作劇の上手さ、YOMIURIの河村常雄氏の劇評にもある通り


役者を知りつくした横内さんの当て書きの上手さにもよるのでしょうが、


役者全員の芸の確かさ、それに劣らぬ笑也さんの達者な芸


(正直、あれほどとは思っていなかった僕の認識の無さ)


失礼なことだけど、笑也さんを「見直した」というところです。


青年時代から、多くの芝居を観て来ましたが、


小劇場的なお芝居で、「もう一度観たい」と思ったのは、


今回が初めてかも知れません。




自分のことはさておき、


貴女は言うに及ばず、笑也ファンの熱烈さを改めて見た思いでした。


中でも「博多」からの「観劇上京」された方には、頭が下がりました。


客演の「笑也さんの為にねぇ」・・・正直『脱帽』でした。


ファンあってのスターですねぇ。




『対談・夢みるちから』を購入(横内さんにサインをして頂きました。)読んでいます。


数年間、観劇から離れていたため、存在を知らなかった本です。


4日放送の『新・水滸伝』


観劇のときと、また違った思いで、テレビにかじりつくことができそうです。




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




祝★千秋楽 神崎与五郎東下り 高円寺 5/30


2010年5月30日(日) 14時




観客である私たちも勝手に(笑)打ち上げをしていたので、


時間はまだ早いですが結構眠い・・・購入した横内さんの本もベッドで


ゴロゴロしながら読みたいので、カテコの様子のみプチ報告。


まず、通常通りのカーテンコール。


岡森さんのご挨拶と、ゲストの笑也さん紹介。


二度目のコールで、岡森さんが、座長の横内さんを呼びいれるために


上手袖の方向を向いたのですが、何故か、横内さん下手から登場。


下手でそのまま、ご挨拶しようとしたところ、笑也さんたちが


センターに来るよう手招き。


関係各位への協力の謝辞、そして、澤瀉の芝居を通じて、20年来の


お付き合いである笑也さんのゲスト出演について触れられ


扉座のお客さんは、笑也さんが普段どういうお芝居をされているか


ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、と


高塚旭座長公演のポスターを指し示しながら(綺麗な女形の姿がメイン)


来月、名古屋の中日劇場に行けば、観ることが出来ます、と宣伝(?)


もしてくださいました!


もちろん、その他にも、澤瀉の役者さんとはお付き合いがあるので


また、扉座と澤瀉のコラボもやってみたい、


とも仰って下さっていました。


来年、扉座結成30周年だそうですが、


笑也さんも、来年「二代目 市川笑也」を名乗って、30周年なのです。


そんな、ちょっとした符号が嬉しかったり。




楽スペシャル!?なコネタもありましたが、


常の舞台とそう大きく変わる事もなく、私たちも宇佐さん同様


いい夢を見させてもらった二時間でした。




明日から、怒涛のように労働するので、


余裕のある時、少しづつ、今回の舞台の事をアップしていきます。




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




華果実西遊記ミニ山車展示報告


ゆきのさんち、「お茶でいっぷく」に、


今回の展示画像がアップされていあます。大きな画像で細部も分かる!


こんな生活(笑)しているので、大宮まで出る時間がなく、


見に行くこと叶いませんでしたが、


ステキな画像アップして下さって嬉しい~!!




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




神崎与五郎東下り 高円寺           5/29観劇


2010年5月29日(土) 座・高円寺 14時




前楽となりました。週末にかけて笑也FCの会員さんも


関西、東海地区から遠征(^^)/ いらっしゃいませ(笑)


とくに、浜松班!丑五郎の同郷だ~!


本日は、昨夜のカテコで「札止め」との案内が出るほどの大盛況日。


しかし、当日券の販売もありましたので、


引き取り流れや急なキャンセル分など、あったのかもしれません。


明日の楽の舞台も、きっと盛り上がることでしょう。


寂しい感じも致しますが、それぞれの役者さんたちが次の舞台


次の活動へと向かっていく、新たな時間が始まっていくのですね~。


これまでは、ご挨拶は岡森さん、そして、ゲストの笑也さんを紹介して下さる


という流れでしたが、本日カテコでは、六角さんが、次の扉座の舞台の


スケジュールを紹介をされてました。




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




神崎与五郎東下り 朝日新聞劇評


5月28日朝日新聞夕刊




asahi.com




「あさひ/ASAHI」と打鍵すると「旭」が一次変換される


今日この頃のウチのPC




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




カフェアンリファーブル


f:id:haruakebono:20100528122928j:image




客席滞在時間より長いのではないか?という説もありますが、


昼終演後はリピート観劇の友人たち(&笑也さんのカテコのご挨拶を


忠実に実行で、お母様同伴1名含)と。


夜終演後は、関西より遠征者含み、FC会員3名で、閉店までご利用(笑)




f:id:haruakebono:20100528163431j:image


自家製フォカッチャのオープンサンド プロシュート 800円




f:id:haruakebono:20100528163402j:image


自家製フォカッチャのオープンサンド ベジタブル  800円




f:id:haruakebono:20100528220117j:image


ラタトゥイユ  400円




f:id:haruakebono:20100528215809j:image


イワシのマリネ 600円




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




神崎与五郎東下り 高円寺          5/28観劇


2010年5月28日(金)  14時/19時


初の昼夜観劇。




チーム一力及びジョッキ飲みの岡森さん。


胃腸休めて下さいね。(演劇用のノンアルコールビアと


思われますが、いずれにしても水分量が!)


カテコで笑也さんが、岡森さん、実はビール飲めないのにと、


二回公演の、飲みっぷりを労ってました。


なにか、ますます、テンションがアップしているような。


その分、観客には訴求するものがあるようで


夜は特に、周囲、鼻すすり率高かったです。


f:id:haruakebono:20100528114521j:image




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




神崎与五郎東下り ラスト4ステージ


ご出演の扉座の役者さんのブログによると


29日土曜日は完売、30日楽も、ほぼ完売のようです。


(当日券は出るかもしれませんとのことです。)


夜が明けて、本日28日が、昼・夜二回公演なので、お奨めだそう。


未見の方、リピート検討中の方、どぞ!!




ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ