市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2010年06月

見てしまった


名古屋では流石に寝ましたが、


昨夜のサッカーは見てしまいました(眠)@勤務中。


勝たせてあげたかったです。


人間、最後は「祈り」ですね。




日本経済新聞より!


◆近鉄、上本町の複合ビル8月26日開業 大阪新歌舞伎座も移転


 詳細はこちら




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




【再掲】四谷怪談忠臣蔵 千秋楽 レポ


f:id:haruakebono:20100627102030j:image





楽に相応しい熱い舞台熱い客席でした。


前日あたりから遠征ファンも多くて。


三回観たら貰えるプロマイド、


朝一番で三個めのスタンプを貰い、笑也さんのプロマイドをリクエスト。


もう少し後から頼んだ子は、笑也さんのは品切れになってしまっていたので


ラッキーでした。(もらえなかった方、すみません!)


<追記>


金曜夜、土曜前楽夜、楽昼と観劇。


名古屋の平日夜の客入りは厳しいと聞いてましたが、金曜日は七割弱?


二階はガラ空きで、ちょっと可哀相な感じでした。


二階B席、トヤ脇手前、私は狙って購入した席ですが、数少ない二階B席観客、


みな中央寄りに座っていたので、ほぼ、一人で右近さんお出迎えとなりました。




土日はさすがに、前楽・楽遠征で見知った顔のおもだかファンも多数来場。


舞台は花道使えないことや、劇場の狭さを逆手に取り、


客席降り・通路使いを利用して、観客を沸かせてました。


斜め宙乗りのため、噴射の紙吹雪も斜めに出るので、客席全体に降り注ぐ感じで


これも、演舞場より沸いてました。




天川屋がつかないのは、歌舞伎や忠臣蔵に馴染みのない観客にとっては


逆に、わかりやすいストーリー展開になったと思います。




笑也さんの判官は、この人を発端に筋が展開していくことがより鮮明になるような


短い出番だけど、良い造形でした。霊魂?となって出てくるところの目ハリが


濃くなっていたような気がするのは、中日の照明効果のせいでしょうか?


(黒が深く映える)


演舞場頃は、なにか狐っぽい!という声が多かった(私の周囲では)けど


ちゃんと!?人間の霊のようになっていた。


(と言っても実際、狐の霊も人間の霊も見たことなく!個人の感覚ですが・笑)


お袖ちゃんは、ホント手の内で、台詞には聞こえないなめらかさですね。


あの可愛さとけなげさ、卑怯です(笑)




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




プチ名古屋レポ


名古屋湿度高っ!


東京もでしょうか?


昨夜は、宙乗りお出迎え席で観劇。


名古屋、平日夜は客入り厳しいと聞いていたけど


今まで観た子からは、なかなか検討~との情報もあり。


昨夜は、七割欠けるくらいかな?


意外と安いB席に人がいない。トヤ脇で一人お出迎え状態。


宙乗り時のぶっかえりは、東京よりウケていた!


今日も夜の部のみ観劇。一階前方で。


昨夜観れなかった通路使いや


舞台が近い中日劇場ならではの


臨場感を堪能~。


そ~言えば、ねずみが櫛を加え、仏壇に消えたあとの、


「ち~ん」が鳴らなかった。


☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




やっと主目的遂行中


斜め宙乗り、噴射の色紙も客席に綺麗に落ちていく。只今、幕間。お掃除される前に写メってみました。


臨場感溢れる!?プチレポ


f:id:haruakebono:20100625181805j:image


☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




名古屋入り


ぷらっとこだまで、のんびり下りつつ車内メールしていたところ、


小田原在住の友人が、下りに乗りたかったけど、


仕事のため、只今やはり新幹線上り車内と返信が。


残念!


本日は昼貸切、夜公演ないため、先日、数年ぶりにおもだか公演観た、


という友人とご飯。食べるのと喋るのに忙しく画像忘れた(-_-)


散らかり放題の部屋から脱出しホテルルームは快適過ぎ。


さて、3時半まで起きていられるか!?




6月21日(月)の中日劇場


団体さんも入っていたので、9割方の客入りとのこと。


大向うさんも複数いらして下さっていたようです。


4月演舞場もあり、中日も昼夜二回公演がほとんどなので


私が遠征の頃には、役者さんたちも、ちょっとルーティンワーク的な


芝居になってしまっていたら嫌だな~、なんて思っていたのですが


猿三郎さんや猿紫くんのブログを読んで、裏も大変だし気を抜けないとか


芝居はその日のお客様との「一期一会」というようなことを書いて下さっていて


嬉しくなりました!!後半というか終盤になって、


これからが中日版初見の観客はまだまだおりますので、よろしくお願いします!!




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




ライブ参戦その後


ミュージカル方面のお友達が、4月に演舞場に来てくれて


そして、5月の神埼与五郎も観てくれたのだが、私が笑也ファンなのを評して


「やっぱりYさんって(←私のこと)『声のいい人』が好きなんだね。」と。


あ~、そういうことでもあったのか~と目から鱗。


そう、昨日のライブ、、主催者もゲストも、メチャクチャ声の良い人たち。


声量もあるしテクニックもある。そして、耳馴染みのよい声。


曲は、クラッシクの名曲に歌詞をつけたものから、


私にとっての究極のミュージカル!!『レ・ミゼラブル』のメドレー。


(笑也さんも、かつて笑也通信で、自分的名盤ベスト10かベスト5の中に


レミコンのCDあげてましたよね!!)


他のミュージカルの名曲からオリジナル曲まで。


しかし、しみじみ、歌ウマ~!!と思ったり、


あまりの感動に涙腺決壊者多数!!なステージにも関わらず、


MCがマシンガントークかつ、面白すぎ&長すぎで


(いや、もっと長くても良いのだが)


おかしくて仕方ない。K.Iさんのツッコミなのかボケなのか不明なトークも


K.Oさんが、さらっと拾い、さらに発展させていく技がステキ過ぎました。


「別喉(べつのど)」って(笑)


現在、四十代のミュージカルの役者さん二人の会話なのですが、


若い頃、カラオケにハマり、楽屋入り前にカラオケ→マチ・ソワ出演→終演後に、


「別喉、別喉~」とか言いながら、更にカラオケへ行っていたらしい。


どんだけ喉強いんだか!!って感じですが、さすがに、今はやらないそう。


よほどの熱帯夜でない限り、夏でもクーラーは避け、


一年中喉にショールを巻いてマスクをして寝る、という、K.Oさん。


現在の様子からは想像もつかない、喉のつかいっぷり披露。若かったんですね~。


歌舞伎の役者さんの、「別○○」は、なんだろう、なんて考えたりもして。




かなり発散したお陰で、本日、休日出勤も、お仕事サクサク。


昼休みには、往路のぷらっとこだま(安)も手配して、


名古屋遠征の準備もすこしづつ整ってきた。


ホテルは土曜が満室のところ、木曜からチェックイン、連泊します!


ってことで、準備してもらいOK.


今回は、かなり、のんびりな観劇スケジュールです。


もう、マチソワ(笑)はしないの。ってか、25日までは昼貸切ですし。


出演者はラストスパート頑張って下さい~!!




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




6月17日(木)の中日劇場プチレポ


おもだかの芝居は久しぶり!!という東海地区の友人からのプチレポ。


前回、歌舞伎座の四谷怪談忠臣蔵は観ている、という演劇ファンではある。


まずは、気になる客入り。2階は未確認だけど、


1階は平日夜の名古屋で、この入りなら上々では!と嬉しいお知らせ。


笑也さんは、意外にも、お袖より判官の方が短い出番なのに


芝居がたっぷりで印象深かったとの感想を貰いました。


そう、お袖ちゃんは、もう手の内って感じですよね。


でも、そこが、芝居がちょっとトントンと運びすぎて、


前回より哀れみが薄れてしまったかな~と(私が)思う部分でもあり。


さて、まだまだ激務中~。土曜日一日だけオフで、久々にライブに参戦するけれど


日曜は出勤。でも、それを乗り越えれば!!




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




6月13日(日)の中日劇場


博多からの遠征ファンもいらっしゃったようで。


一階の様子しか確認してないけれど、客入りもまずまずだったよ~


との地元ファンからのプチも報告あり。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ