市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2010年07月

夏祭り


仕事はオフなのに、なんで、こんなにやることがあるのかしらん、と


四箇所お出かけし、夜、地元の郵便局の夜間窓口で、


書留ー朗読劇のチケットも受け取り、


帰宅~


の途中に、盆踊り会場通過。


前にも、ちらっと書いたことがあるかもしれないけれど、現在住んでいる地域は


道路を一部通行止めにして、道路上に櫓が組まれたり、露店が並ぶのです。


「公園」「原っぱ」が身近だった、自分の子供時代と比べて


このアスファルト上での盆踊り大会は、ちょっと切なく感じて。


でも、なかなかの賑わいで隅田川の花火大会の「音」は聞こえ(笑)


(たぶん、タワーマンションの高層階なら見えるのかも)


外国人の方も散見され、自分の想い出と「比較」することはないのだな~


「今」この時間を皆が楽しんでいるのなら…とも、思ったり。




凄く微笑ましくて、そして、ウルっときてしまったのが、


櫓で和太鼓を叩いているのが、小学生~中学生くらいの子供たちだったこと。


同じ曲でも、打つ子によって、ちょっとした間が違っていたり、個性があって


しばらく聞き惚れていた。


とても、真剣で一生懸命で、そして、どこかしら誇らし気でもあり。


日々、子供をめぐる事件が多いけれど、


こうして、何か打ち込めるものがあって、それを、認めてもらえる場所があって


何か、いいねぇ~と、ほっこり。


マイミクさんからは、八戸三社大祭参戦のお知らせもあり、夏気分満載です。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




日本青年館大ホール


あ~よく労働した一週間だった。


が、来週もあと一週間!!頑張れば、朗読劇の週末。


日本青年館。何故か何度行っても迷子になっていた。


(定期活用のためJR優先して利用しているので)


が、ある日、銀座線外苑前からが、とっても近いことに気づく(遅)


ということで、外苑前からの到達がお奨めです!!


道も平坦で歩きやすいルートじゃないかな。


ホールの公式サイトはこちら。とてもわかり易い地図も掲載。


(なのに、JRからだと到達困難な自分…)




◆そうそう、明日7月31日から8月4日まで八戸三社大祭です。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




段治郎、笑也が朗読劇『夏の夜の夢語り』に出演


歌舞伎美人にも詳細アップ


◆歌舞伎公式ウェブサイト 歌舞伎美人


アーティストジャパン




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




トリスタンとイゾルデ



こころの再生


以前にも、紹介いたしましたが、良い言葉が記載されているので


再度、ご案内。


こころの再生




プチ美味しいもの


スズキのスモークと茄子のマリネ。某ライブハウスにて。




f:id:haruakebono:20100722184825j:image




八戸祭情報


◆8月1日追記:夏組さん、優秀賞入賞おめでとうございます!!◆




昨年は、私が知っているだけでも


数名の笑也ファンが遠征しました、八戸のお祭り情報と


興味深い山車製作の過程がアップされている、


夏組さんのブログ家主様から


製作者サイドのお話を含めご紹介。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


八戸も梅雨が明け、一昨日から30度を越す暑さです。


東京ほどではありませんが 北国生まれは、暑さに弱いです。


この暑さの中の作業は辛いです。


でも 祭まで、あと数日、ここが最後の正念場、


受賞の為一年間頑張って来たのですから!


他の26組も同様です。


なんで、こんなにもして 山車審査に こだわるのか?


大正15年から審査が始まり 組の名にかけて


凄い山車を作り祭に命をかける、


八戸三社大祭は290年の歴史と伝統の祭です。




祭は


八戸にある大きな三つの神社の合同大祭です。


三社の氏子の町、会社、団体が毎年新しい山車を製作して祭行列に参加します。


山車は神話、伝説、歌舞伎、お伽話などから取材し製作し、


からくりが沢山ある巨大なる山車で、普段は高さ4・5m、幅4・5m、


からくりが開けば、幅9m、高さ10m、奥行き11mになります。


また、山車以外も郷土芸能の神楽や虎舞、駒おどりや、


祇園祭に似た神社の神輿行列なども見所です。


7月31日前夜祭、8月4日迄の祭開催です。




お話変わって


オリエンタルクラシック、笑也さんのコメント素晴らしいですね。


私は笑也さんの舞踊大好きです。


先ず綺麗、品良く、神秘的、です。


以前 紫派藤間流舞踊会の御子息との共演、


「雪の傾城」は圧巻でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


八戸三社大祭


夏組さんのブログ




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




歌舞伎とクラシック


そういえば、本宅の方で、おもだか一門のスケジュールとしてアップした


(実際、私は拝見してませんが)今年の2月13日(土)、


『咲くやこの花コレクションVol.6「競艶」歌劇 歌舞伎 クラシック』と題して、


平成21年度「咲くやこの花賞」贈呈式、


これまでの受賞者によるコラボレーション公演が開催されたのでした!!


大阪市のサイト


http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/yutoritomidori/0000061408.html


◆詩篇交響曲「源氏物語」(作曲:千住 明 /作詞:松本 隆)


 市川右近「歌舞伎」田中修二「ピアノ」松本薫平「テノール」


    振付:飛鳥左近(日本舞踊飛鳥流三代目家元)


ただ、これは「クラシック」(畑)の方との共演、千住さんのオリジナル曲(交響曲)


ではあったようですが、オーケストラ演奏ではなかったようです。


オーケストラとの共演という点では、中村福助さんが、題名のない音楽会で


「歌舞伎 meets クラシック」(05年)というタイトルのもと


「カルメン」と「くるみ割り人形」を踊られてます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ただいま、マーラーをBGM(教育テレビ)に打鍵してますが、


ウィーン在住の友人が、マーラーの曲(だったと思う)について


(あるいは、この時代の音楽についてだったか・・・)端的に表現すると


終わったかな~と思うと、ふわ~っとまた曲が始まる!とか言っていて、


実際、その通りのパートがあって、思わず画面を振り返った(笑)


 


☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




マーラー交響曲シリーズ 


「N響アワー」 教育テレビ  毎週 日曜 午後9時~10時




チラシで、笑也さんは、ワーグナーについて触れていましたが、


11月27日の公演第二部で、同じく、その楽曲が演奏されるマーラーは、


今年2010年は生誕150年、


そして来年2011年、没後100年を迎えるのだそう。


N響アワーでは、マーラーの交響曲全11曲(9曲の交響曲と交響曲「大地の歌」、


そして未完の第10番)を1年かけて放送するそうです。


たまたま、本日の番組表を目にしたのですが、今夜(7/18)は、


<生誕150年 マーラー交響曲シリーズ 第四夜 交響曲第6番>放映。


これまでの放映記録によると、すでに4月の第一夜で、


チラシにあった、マーラー:アダージェット


=交響曲第5番 嬰ハ短調 第4楽章 -アダージェット-(で、オッケー?)は、


放映されてしまったようですが、一応、ご参考までに、ご案内。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




日本ニューフィルハーモニック管弦楽団


f:id:haruakebono:20100718180214j:image




公式サイトが更新され、チラシも掲載されました!!


歌舞伎の拵えですが、本番は、時広さんコスチュームですから


がらりと赴きの変わったものになるでしょうね。


まだまだ、先の舞台ですけど


(でも、チケットの一般販売はもうすぐ!!7月23日(金)10時より~


※FC会員の方は、FC扱いがあると思います。)


◆チケットWeb松竹(パソコン・携帯24時間受付)


http://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/


◆電子チケットぴあ:0570-02-9999 http://t.pia.jp/


◆東京文化会館チケットサービス:03-5685-0650


(ちなみに、翌7月24日、新国立劇場『トリスタンとイゾルテ』 


【公演日程】2010年12月25日・28日、2011年1月4日・7日・10日


一般発売開始。う~ん、オペラも良いお席は、なかなか高額です…)


期待度が高まりますね~。


笑也さんのコメント(チラシ裏面と楽団のサイトに掲載)が、


なにか素敵過ぎなのですが(笑)


「祈り」とは、何に対してでしょう・・・


文面をそのまま読むと、そのパフォーマンスから会場に喜びが満ち溢れるように、


ということかもしれませんが、


もっと普遍的な、なにものかへの「祈り」も内包しているのかな・・・




そして、ワーグナーも、想像もしなかったかもしれませんが


私(たち?)も、笑也さんがフルオケバックにワーグナーの楽曲で


踊る日が来ようとは、夢にも思いませんでした。


ミュージカルのオケも「フル」とはいかないし、通常はオケピに入っているし・・・。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ