市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2010年11月

オリエンタル・クラシック 3


反芻中~


新曲・新コスチュームの「龍神天の舞」


古典の拵え、古典的なオペラの「トリスタンとイゾルデ」


びっくりとしっくり。





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




デーリー東北にオリクラの記事&画像


文字では伝えられない、斬新な衣装。


こちらで、ご確認頂けますね。


◆デーリー東北新聞社 異文化融合の美 


☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




南座 まねき上げ


笑也さんの名前、なかなか、良い位置にあるような気がします!!


歌舞伎美人ニュース参照





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




オリエンタル・クラシックス 2


f:id:haruakebono:20101011011941j:image





インターミッションの間に、舞台前部のオケピの部分がセリ下がっていました。


(オーケストラ自体は、元々、ステージ中央部から奥で演奏)





いよいよだわ!と、期待感が高まる中


舞台も暗転し、オーケストラの譜面台には、


最初のオリジナルコスチュームと同系色のライトが灯されるている。





まずは、 「龍神天の舞」





セリ上がると中央に、全身を、ベールで纏った笑也さん。


そして、音楽と共に、ベールを剥ぐと


(これが何か、歌舞伎でよくある、被衣を取るイメージを、一瞬想起させた。)


コスチュームの基本色であるエメラルドグリーンとブルーの長い裾を引くガウンに、


龍角を模したのか、先が二つに分かれたような形の帽子(?)を被っている。


色はシルバー。


衣装のベースになる素材は、シルクオーガンジー。


ガウンだけでも、何十メートルと使用されているかと思われる、贅沢なデザインです。


所作に合わせてドレープが、とても綺麗に出る。


そして、笑也さんの着こなしもバッチリで、


舞台中央から下手に下がるとき、床に残るガウンのラインが、


まるで、龍尾を描くかのように、美しい造形となった。


曲想解説から、舞踊の流れをピックアップ。


~雅楽的な響きから始まり、ゆったりとした3拍子の音楽へ。


4拍子の燦々と太陽の光が射すイメージから、2拍子の沖縄旋法を使った


早いリズムに乗って四神(青竜・朱雀・玄武・百虎)の舞。


やがて、2つの龍神の舞へ。やがて、不協和音とともに嵐と竜巻になり


最高潮に達したとき、海は静まる。


最初の雅楽のテーマが木管で演奏され「祈り」へ。


やがて、弦楽器のメロディとなり、龍神(女神)の舞。


すべてが終わり「儀式の舞」。バレエ的なワルツが展開され


人々の「歓びの音楽」で終演の舞となる~


ガウンを脱ぐと、パッチワークのような意匠が、袖と胴の部分に配されている。


(なかなか、上手く伝えれませんね(汗)楽団サイトの、イメージ画像参照して下さい~)


コスチュームを扱いつつ、歌舞伎舞踊とは、異なるリズムでの舞。


また、新たな、一頁となる舞台でした。





トリスタンとイゾルテ「愛の死」は、


より、ドラマティカル。





歌舞伎舞踊のテーマにもありえるようなストーリーなので


感情移入しやすいのかもしれません。


着物は赤地に菊水(丸菊に流水)の振袖。


帯は白地に、やはり、同じ流水に菊の刺繍。


紅葉も目立たぬよう散らしてあり、季節感漂う感じ。


これは、公演チラシの画像とは、異なります。


小袖と小太刀を携えている。小袖はトリスタンの見立てでしょうか。





意匠としては、たぶん、オペラのストーリー中


トリスタンがイゾルデの腕の中で息絶えてから、イゾルデが自害するまで。


どうしても、オーケストラとのコラボ、という以上に


「笑也さんの舞踊」に注目してしまうので、何か、とっても違和感なく


通常の歌舞伎舞踊の音楽を聴いているかのように、


オケの奏でる曲が耳に入ってきました。





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




オリエンタル・クラシックス  1


f:id:haruakebono:20101011011941j:image





PROGRAM





第1部 宇宙からのスーパーサウンド





ホルスト:組曲/惑星より「ジュピター」


チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より


◆行進曲・トレパック・葦笛の踊り・花のワルツ


チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章


        EC:タイスの瞑想曲


            ソロ・ヴァイオリン:漆原啓子





第2部 市川笑也オーケストラに舞う





マーラー:交響曲第5番より「アダージェット」


丸山和範:舞踊曲「龍神天の舞」


ワーグナー:タンホイザー序曲


ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルテ」愛の死


            舞踊:市川笑也「龍神天の舞」&愛の死 





笑也さんは、シンボリックな役がとても似合うので


本領発揮の舞台でした。


佐久夜とか、日中芸協の時の、昆劇とのコラボに類する感じ。


詳細は、また、あらためて。





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




扉座さんも


偶然!?笑也さん同様、来年劇団創立30周年を迎えます。


30周年に向けての本格和物!!


厚木初日は、オリクラとど被り(笑)ですが、


お時間ある方、是非、お運び下さい。


出演者の方からの熱いメッセージは、こちら。





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




愛知県の「人権週間」啓発事業の中で


『筆子その愛~天使のピアノ~』が上映されます。


本当に、良い作品と巡り合えましたね。





【日時】平成22年12月12日(日)午後12時30分~(午前11時45分開場)


 ※入場無料、託児・手話通訳・要約筆記あり(当日先着750名)


【会場】ウインクあいち大ホール(愛知県産業労働センター)


【内容】


 ・人権トーク/講師 野澤和弘氏 


      テーマ「障がい者の人権を守る ~全ての人が暮らしやすい時代に~」


 ・映画「筆子・その愛 天使のピアノ」上映


その他、関連行事・詳細については、愛知県のサイト








☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




ル・テアトル銀座 初春花形歌舞伎


ルテ銀チラシ!!


仮チラ?本チラシは、皆、衣装つきになるでしょうか?





f:id:haruakebono:20101117195318j:image





◆公演詳細はこちら→歌舞伎美人




扉座 ブログライター会見 5


会見内容詳細は、本宅の方




筆子その愛 上映情報


今、現代ぷろだくしょんの、「筆子その愛~天使のピアノ」の公式サイト内


上映スケジュールを見ました。


11月28日に岡谷で、来年1月10日に佐賀で上映会があります。


28日の件は、私の憶測ですが、笑野さんのご当地でもあり、


どなたか、おもだかファンの方が奔走してくれたのでしょうか?





佐賀は、笑也ファンである友人の尽力の賜物。


今夏、久々にお会いした時に、是非、上映会を開きたいと熱望されてました。


2000枚のチラシを手作りされ、明日からチケットも


自主制作をされるそうです。


お近くの方、是非、お出かけ下さいね。


国際ソロプチミスト佐賀


◆上映スケジュールへのリンク





☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ