市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2011年02月

2月26日 毎日新聞関西版 夕刊


知人よりのメールに今気づく・・・(遅)


バックナンバー読める環境の方はどそ。


ウチの(関東在住ですが)近所の読売と朝日の販売店は


結構前の日付けのものも、置いてあったりしますが。





>2月26日の関西版の毎日新聞夕刊に、


>南座公演に望む右近さんと笑也さんの記事掲載。


>二人で南座の客席に笑顔で座っている写真。







☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




ル・テアトル銀座 二月花形歌舞伎 千秋楽


遠征出来ない友人たちの分まで、購入約束していた


笑也さん&お猿さんのプロマイド。


「完売御礼」


買えなかったorz…





大向こうさんも複数の方が来場だったようで


より、歌舞伎を上演している劇場っぽい雰囲気。





感想は、また時間のある時に。


いろいろ。







☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




チケットセディナ「新・水滸伝」チケット情報


◆詳細は こちら




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




大地の詩―留岡幸助物語―          先行特別有料試写会2


わりとカジュアルに見える服装で、役柄も「囚人」ですから


笑也さんの挨拶の後、マイクを握った小倉さんが、


「この方、歌舞伎の女形なんですよ~」とフォロー?してくれました。


笑也さんも挨拶冒頭「歌舞伎俳優の市川笑也です」とは名乗ってましたが。





監督も仰ってましたが、留岡幸助氏の多くの功績、


長い人生を纏める作業は大変だったようで、脚本も3人代わり、


最後は、監督が書かれたとか。


確かに、端折らざるを得ない部分も沢山あったことと思います。


前回の『筆子その愛』は、知的障害の子供メインで、筆子や亮一と共に


子供たちの成長、学院の変遷を時系列に沿って描いていましたが、


今回は、家庭学校のことのみでなく、


留岡氏が、家庭学校を設立するきっかけとなった、


刑務所での教誨師としての経験


家庭学校設立、そして、幸助の幼少時代、留学時代など、


複数の核となるエピソードが投入されています。





以前、キリスト教の教えの中で「無知」ということを戒めるたとえのひとつに


「窃盗をすることを『悪いこと』と知ってやることと


『悪いともなんとも思わず/悪い事と知らず』


犯してしまうのとどちらがより悪いか」との提示があり


私は「悪いと知っていながらやるほうが、より悪い」と考えた。


でも、その教えの中では、


「悪いことと知ってやる場合は、反省とか後悔という感情が生まれる


可能性があるが、それを悪いともなんとも知らずに犯してしまう場合には


そういう反省の感情が生まれる余地もない。


(なので)


それを悪いことと知らず犯す方が、より悪い」との見解でした。





―ので、「無知」ということを戒める…というようなこを


目撃したことがあった(聖書で読んだということでなく、


世界の宗教についてのレクチャーを受けた時)





まずは、教えること、教育すること。


(そして愛すること。自分が愛されている、大切にされていると実感すること)


そこから、考える力や物事を比較する力、そして、慈しむことや


愛することを学ぶ―というより、自然な感情の発露として


育まれていくのでしょう。





「知ること」―正しいことを―


宗教的には「神の愛」を知ることでもあるのですが。





前作も含め、笑也さん、とても、質の高い、人間の感情の機微や


そして、何かを突き詰めて、成就させていくことの困難さに纏わる作品に


出演の機会があり、本当に良いチャンスでしたね。


物語の主人公が成し遂げようとすること、


実際の、作品の製作過程での苦労がシンクロするような。


現代ぷろだくしょんでは、寄付も受付ています。







☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




大地の詩―留岡幸助物語―WEBニュース


早っ!


先の記事書いてる間に、メール受信。アラートから。





niftyニュース 


北日本新聞 


<追記>


◆asahi.com 岡山版




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




大地の詩―留岡幸助物語―          先行特別有料試写会


2011年2月18日(金)なかのZERO 大ホール





f:id:haruakebono:20110219013026j:image





山田監督、村上弘明、工藤夕貴、市川笑也、小倉一郎、磯村みどり


佐藤正宏(ワハハ本舗)、和泉ちぬ―出演者による舞台挨拶あり。





終了後、中野のベローチェ閉店まで、映画のこと他、濃い(?)


演劇ファン3人で話がはずんでしまったため、日付変更線の帰宅~。


また、後日続報(たぶん)をアップしますが、取り急ぎ、記憶の範囲でプチレポ。


笑也さんのコメントは「前作『筆子その愛』での石井亮一役の演技が認められ、


今回、“放火殺人犯”の役をオファーされました!!」と(笑)


(多少語彙が違うかも。すでに記憶が~)


(いくつかメディアが来ていたので、明日の?スポーツ新聞などの


芸能欄をご確認下さい~)


村上さんが『筆子その愛』をご覧になって、こんな穏やかな感じの方が


囚人なんで大丈夫なのか?と思っていたところ、


笑也さん(囚人)が村上さん(牧師)を睨みつけるシーンの撮影の時の表情を見て


「大丈夫!!」と確信したそう。


汚しメイクで、すさんだ風の睨み顔は、なかなかでした。


村上さんのお陰で(笑)更正するのですけどね。


更正後のシーンの台詞術も、


やっぱり、歌舞伎の中で培ったモノが見え隠れします。


(ふだんの笑也さんが演るような役柄のものではないけれど)





笑也さんの私服は、ここのところお気に入り(?)の


アルマーニのインナー(ブルーグレー?地に黒の幾何学模様)


とショール(←たぶん、アルマーニ)


黒のジャンパー風のトップ。黒のパンツ。





夕貴さんも、山田監督のパワーを賞賛してましたが


私も、本当に感服してます。


今回は、東京でも初めての先行上映、関係者やメディアも招いての


お披露目ですから、なかのZEROの大ホール2階席まで満席で立見も出るほど。


(全席自由席で、前もって制作補助券を購入されていた方や、


当日券購入の方もおり、来場者数が客席数を上回ってしまった模様)





一年前の2月の『筆子その愛』の上映会では、


十数人しかいない客席に向かって、今日と変わらない大熱弁で


映画撮影の動機や、その意味を熱く語っていらした。


(それ以前に、自ら受付の椅子に座り、


チケットのもぎり・物販の案内等もされていのを目撃し、ホント、感動!)





商業ベースには乗りにくい、社会的な意義のある映画の制作。


今日のような、大きなイベントでなくても、その後も自身で上映会の


フォローを続けられていること。





今回も、口コミで、各地で自主上映会を開いて欲しいということを仰ってました。


是非、よろしくお願いします!!





今日、頂いてきたフライヤーに掲載の都内の近々の上映予定。





◆有料試写会


2月21日(月)11時/14時 なかのZERO視聴覚ホール


2月26日(土)14時 なかの芸能小劇場


4月 2日(土)19時 なかの芸能小劇場 


◆映画館


4月9日(土)よりロードショー 新宿武蔵野館


※詳細は武蔵野館までお問い合わせ下さい





※私および同行者のツボ>ジャンバルジャンが出てきたよ~!


レ・ミゼラブルですね。(牧師さんのお話の中で)


笑也さんも、昔、マイベストCDの紹介でレミコンのCDあげていたので、


そのことも、また、想い出したりして。







☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




Yahoo!映画レビュー             「大地の詩ー留岡幸助物語」


北海道での先行上映会をご覧になった方のレビューが紹介されています。





Yahoo!映画




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




ル・テアトル銀座 二月花形歌舞伎      舞台写真


一週間くらい前から舞台写真販売とのこと。


一枚、500円。





アップ遅すぎですが、一応、ご案内。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




訃報


藤間勘吉郎さんの訃報を友人より知らされました。


今月、お染の七役の振付と


筋書にお名前がありましたので驚いております。


心よりご冥福をお祈り申し上げます。





毎日jp


時事通信








にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




雑感


出先車内からメール投稿~。


朝、出掛けにパソコンのメールチェック。


アラートが拾ってきた情報の中からIza!のブログロム。


二月花形歌舞伎二部の


劇評というか観劇記が記載されていて


小菊の笑也さんを評し、


「澤瀉屋の立女方健在」と書かれていた。





ちょっと前に、笑也さんを


ご家族で長く後援している方と


平成5年に、猿廻しお作演っていたんですね~


とのやりとりをしていた時に、


いや~笑也さんめちゃくちゃ忙しかった頃だね~


という話にもなり


猿之助さんの相手役として様々な舞台を経たことを


懐かしく想ったり


また、これからという意味では


それらが結実に向かう時期に来たのだな~とも。




☆一日一善(笑)!ワンクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ