市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2012年08月

松竹大歌舞伎巡業公演 西コース開幕! 初日越谷

20120831巡業初日


ある意味、本興行より緊張した初日。

古典の人気狂言『熊谷陣屋』、浄瑠璃に乗って演じる藤の方と
笑也さんが芯となって踊る長唄舞踊『女伊達』の二本立て。
(その前に猿弥さんの「歌舞伎のみかた」がつくので
プログラムとしては三本構成ですが)

藤の方は位をちゃんと踏まえた上で
心理も伝わってくる芝居となっていました。
正直、本日の段階では「無難に」こなしていたという感じですが
(あくまでも、私の個人的な印象です)
回を重ねていく上で「手堅く」なっていくことでしょう。

『女伊達』は
非常に華やかな舞台面で
長唄・鳴物さんたちが正面にひな壇を構え
お馴染みの不思議な(笑)遠近法で賑わいをみせる
吉原の道具立てと、明るい舞台面の中
笑也さん、ひと際輝いてましたね。
花道からの出で周辺のお客様から「きれい~」の声があがってました。
そうでしょうとも!(笑)とファン心理が擽られます。

本日初日、観る方も多少緊張しながら眺めていると
あ~こんなに段取り多かったかな~と
ひとつひとつの所作が気になる・・・
今日は手順をしっかり浚う的な部分はありましたが
ホント、明るく華やかでいい打ち出しとなりました。

プログラムは薄いですけど
なかなか読みでがあります。
産経新聞文化部の亀岡さんが
部屋子の役者さんたちについて言及していますが
笑也さんのことを「猿翁の夢の結晶」と表現していて
越し方をあれこれ考えてしまいました。

みやずの抜擢があっても
これが終われば、またいち腰元に戻ってしまうかもしれないー
という気分の方が(当時のファンにとっても)大きかった頃、
実際、ヤマタケ初演は86年ですが、
翌年の欧州公演では、腰元や僧兵をまだやっていましたからね。

笑也さんも、今回の役作りのために
先人の舞台の映像を研究したこと
実際のご指導は秀太郎さんに仰がれたことなど
そして自身の解釈など興味深いコメントです。
写真も綺麗だし、買い!です。


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

新・道後寄席2012~10周年記念~ 

第2夜、9月29日(土)の会に笑也さんが出演します。
まだお席に余裕があるとのことですので
都合のつく方は、是非お出かけ下さい。

往復はがきでの受付は終了しているとのことで
現金書留での申込となります。
詳しくは、松山市立子規記念館友の会までお問い合わせ下さい。
席は自由席なので、遅く申し込んでも当日の状況によって
お好きな席が選べるでしょう。

◆HPはこちら

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

八月花形歌舞伎 本日千穐楽

夜の部にでもゆっくり買うか~と思っていたら
大詰の葛飾のお十@黒の着物のブロマイドが売り切れていたorz
筋書に写真が入ったので、なるべくかぶらないものを購入しようと
思っていたのに・・・。教訓、決断はお早めに!!
まあ、でも、『完売御礼』が貼られているのを見るのは
嬉しいものですけれど。
(あ、でも二枚あったので、やむなく?もう一方の方を購入)

顔がしゅっと細くなっちゃったかなー
身体も細いけれど。

しかし、私ただいま筋書き読んで
笑也さんが弘ちゃんの妹と知りました(爆)
これは、ちょっと無理があるのではないかい?
ってことは、右近さん義弟・・・


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

夏の盛りに

盆ジュール!(お約束)
更新があれなのに、ご訪問頂きありがとうございます。

八月花形歌舞伎は、初日に昼、
五日に昼夜観て、九日に昼を観ました。
やはり、今月、笑也さん的には初役の昼かな~と思って
(十一月があるから控えめにしたけど)リピートしてます。

立役が続いたころは、赤姫観たいよ~
原点!とか思ったりもしたことがあったけれど
今は、もっとバラエティに富んだ様々な役を観たいですね。
赤姫高値安定ですし(?)

眉なしもナチュラルに似合うようになってきました。

権助住居で、右近さん海老蔵さんとキマる姿は余裕です。

上がり口で、初日は自分の履物だけを直して
翌日は、隣のも、そして九日に観たときは自分のとは反対側の
一番端の履物も直していた~(笑)
目に付いたのかな?
それが、役としても、女形の立役への気遣いとしても
(さっと草履を履いて次の所作にスムーズに向かいやすい)
自然な感じで良かったです。

子供を亡くしたとお参りにくるのだけれど
意外と、寂寥感というか憔悴感?なく
きっぱりとした雰囲気。
当時、乳幼児の死亡率は高く、なかなか育たなかったから
(もちろん、亡くなったその時は涙にくれても)
諦観した様子でもあるのかな~という印象を受ける。
桜姫の変わりに、女郎屋にも行こうかというあたり
肝も据わっているのね。

大詰の黒の着物が似合いすぎです。

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

笑也・右近「松竹大歌舞伎」を熱く語っているらしい!

京都造形大のサイトにて、巡業について笑也さんと右近さんの
インタビューが掲載されています。
第一回は、『第一幕 熊谷陣屋と女伊達』ということで
今回の巡業の演目についてのお話です。
次回は、猿翁丈のことについて語っていただきます~だそうです。

『笑也・右近 松竹大歌舞伎を熱く語る』
京都芸術劇場 春秋座 studio21

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

毎日jpに巡業の記事

本紙は8月6日の東京夕刊に掲載されたようです。
毎日jp

当月演舞場の葛飾のお十
巡業の女伊達、そして明治座 反魂香のおとくと
魅力的な役どころが続きます。

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村


業務連絡?!

これから観劇の方へ。

笑也さんの出番的には、昼の部は三幕
夜の部は二幕、トイレからの戻り等(笑)遅刻厳禁。
一分前には席について準備しましょう(なんの?・笑)


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

八月花形歌舞伎初日 昼の部

葛飾のお十、出番はそんなに長くなくても
出方はいい感じです!
とくに大詰!(笑)
拵えも似合っているし「本日昼の部はこれぎり~」にも
ちゃんと並べるようになっていて
(おもだかツートップ?笑也さんと右近さんが、
福助さん、海老蔵さん、愛之助さんらと並びます。)

お十は、前回の記事で私が書いた
哀切と母性愛、というのとはちょっと違う感じの役でした。
もっと、きっぱりとした性根かな。

海老蔵さんとの絡みにどきどき。
三代目とか右近さん、月乃助さんなど
おもだかの役者さんとは見慣れているけれど
何か、新鮮に(?)どっきりしてしまいました。

今日は夜は別の予定があり、昼の部のみ観劇。
明日、昼夜観て来ます~。

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

桜姫東文章

29日に打ちあがった襲名披露興行。
福助さんのブログによると翌30日から、
桜姫東文章のお稽古が始まり
また、この日に顔寄せもあったようです。

笑也さん、7月昼夜公演の合間に、
8月の台詞も入れていたのかしら。
そして、この8月公演が終わると巡業。
多忙な夏ですねー。

桜姫東文章は2004年7月歌舞伎座。
それまでの例年の七月大歌舞伎市川猿之助奮闘公演の代わりに
玉三郎さんとおもだか一門で行われた公演のメインの演目。
昼夜に分けて上演されたのでした。

【昼】
上の巻:江の島稚児ヶ淵~新清水~桜谷草庵~稲瀬川~同川下~三囲堤

<主な配役>


相承院の稚児白菊丸・桜姫
= 坂東玉三郎
長谷寺の清玄・清玄阿闍梨・釣鐘権助・清玄 = 市川段治郎(現月乃助)
役僧残月 = 中村歌六
粟津七郎 = 市川門之助
入間悪五郎 = 市川右近
吉田松若 = 市川笑也
奴軍助 = 市川猿弥
局長浦 = 市川笑三郎
口上役 = 市川寿猿

【夜】
下の巻:三囲土手~岩淵庵室~山の宿町~権助住居~浅草雷門

<主な配役>

桜姫・風鈴お姫実は桜姫 = 坂東玉三郎
稲野谷半兵衛・清玄・釣鐘権助・清玄の亡霊 = 市川段治郎(現月乃助)
残月 = 中村歌六
粟津七郎・有明の仙太郎実は粟津七郎 = 市川門之助
入間悪五郎 = 市川右近
吉田松若 = 市川笑也
奴軍助 = 市川猿弥
局長浦 = 市川笑三郎
葛飾のお十 = 市川春猿
判人勘六 = 市川寿猿

笑也さん、玉三郎さんの「弟」だったんですねー弟!
妹じゃなくて(笑)
葛飾のお十の記憶がさっぱり飛んでしまっているのですが
(春猿さんすまぬ)
哀切と母性が滲み出るような役のようで
笑也さんの得意分野じゃないかしら。


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
プロフィール

emiyainfo

  • ライブドアブログ