市川笑也ファンnote

笑也さんに纏わることをメインに、 演劇関連・日々の徒然も織り込みながら綴っています。

歌舞伎、演劇の舞台のことを中心に、その徒然に心にとまることの記録。

2013年11月

明治座 千秋楽 プチカテコあり

16日にも夜の部を観たのだけど
多忙なのと体調不良でレポ書けず。落ち着いたらアップします。
取り急ぎ、本日楽の様子。

研修帰りで、連獅子より参戦。
右近さん、弘ちゃん、本当に良い連獅子でした。

権三と助十についてはあらためて。

もう、打ち出しの太鼓も鳴り響き
客電もつき、終演のアナウンスも何度も流れ・・・
カーテンコールを期待する二拍子が続くも
幕が開かないので席を立つ人も結構出始め・・・
相当経ってから、定式幕が開き、下手より笑也、右近、松也、獅童さん
だったかな?口頭でのご挨拶はなく、ぱっと開いて礼をして
幕がひかれるのに合わせ手を振って終了~と
ごく短い時間だったけれど、これで残っていた観客も納得し帰り支度(笑)

ま~笑也さんは、朝一の序幕から夜のキリまで
ご苦労様!!の一ヶ月でしたねー。


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

明治座 11月10日 昼の部

131110_1028~01















本日は1階前列だったので、細かい所作や表情もよく見えました。
花道の出から観客を惹きつけ、台詞も丁寧でよく通り
鳴神上人が絶間姫の懐に手を入れ介抱する場面での
「お上人様~」とある種官能(のフリ)のような声色での台詞や
破戒した上人に夫婦になろうと詰め寄られ
「なるわいな」と返す前の「間」のところなど
客席も水を打ったように、し~ん!と、ことりとも音を立てず
見入っていました。幕間に、若い女性のグループが
もっと男性っぽい、いかにも男の人が(女形を)やってるみたいな感じかと
(観る前は)思っていたけど、綺麗だった~と言っているのが聞こえてきたり。

笑ってしまったのが、松也くんのこと
「あ、この人、あっちゃん(AKBの前田敦子)の彼氏」って(爆)


ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)

「スーパー歌舞伎II(セカンド) 空ヲ刻ム者-若き仏師の物語-」

来年3月演舞場、4月松竹座との発表。
なんかタイトルがあまりキャッチーじゃないような気がするけど
変わるかな?四代目のことだからこのまま自分の思うとおりに
突っ走るかしら。笑也さんや右近さん、門之助さんの名前はあるけれど
中車さん、團子ちゃんの名前はなし。

久々に演舞場にスーパー歌舞伎が帰ってきますね。
あの小さな公園の桜を眺めつつ通った日々が蘇ります。

SANSUPO.COM


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

明治座昼の部 11月3日

131103_1049~01



























筋書きを読んで、笑也さんが雲の絶間の姫を演じたのは
もう14年も!前のことだったんだ~とちょっとビックリ。
そんなに時間が経ったのか~。
平成11年の巡業。(←この春三国志初演)
研修生出身の女形として、かなり大きなお役ということで嬉しくて、
(当時ファンの間でも非常に盛り上がりました!)結構あちこち遠征したな~。
楽の大分が大分市内のホールじゃなくて「臼杵」
だいたい、大分空港でのホバークラフト自体が珍しいのに
ローカルな電車に乗って、臼杵へ(春猿さん縁の町とのことでした)
とても鮮明に覚えてます。

段治郎さんの鳴神上人で、懸命に上人を破戒させようとする様子や
その前の仕方話のところも、初々しい色気があって可愛かったなー。
花道からの引っ込みの前に、酒に酔って寝入った上人に詫びるあたりも。

今回は、さすが歳月の流れを感じました。
出端の大きな存在感。花道にしばらく留まり上人の庵を眺める姿。
ひとつひとつの所作に余裕があり(台詞もばっちり入ってましたよ~)
勅命を果たすための意思がきっぱりと見える形。



131103_1241~01131103_1433~01

















借りてないけど、今月のイヤホンガイドは、

通常は、報道陣や関係者しか出席できない制作発表。

イヤホンガイドでは、

その制作発表での出演俳優のコメントを休憩時間に放送!

実は前回の五月花形歌舞伎でも大好評だったこの放送企画、

本公演でも皆様にお届けいたします。

登場するのは、中村獅童さん、市川右近さん、市川笑也さん、尾上松也さん。

会見では、明治座歌舞伎公演の思い出、

12世團十郎さん、18世勘三郎さんとの知られざるエピソード、

若い世代のお客様へのメッセージなどを熱く語ってくださいました。

本公演で活躍する花形役者たちが、真剣に、

時に笑いを交えながらお話する様子を、

会場の雰囲気そのままにお楽しみいただけます。

休憩時間もイヤホンガイドの放送を、どうぞお聴き逃しなく!


だそうです。(明治座サイト、イヤホンガイドのご案内より引用)

◇おけぴのレポ


ええ、昼夜ともホント飽きないバラエティに富んだ構成です。
古典、舞踊、書き物、世話物。
笑也さんに限って言えば、「お姫様役者」の本領発揮と
すっとした綺麗な立役、そして長屋のおばはん(笑)
バラエティに「飛んで」ます~。

☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村

明治座十一月花形歌舞伎


201311明治座絶間姫




























54歳だって花形よ~!!

私事ですが、11月より仕事に復帰し
昼の部は友人に代わりに行ってもらいました。
絶間姫、ちょっとプロンプ付いていたよーとの報告に
少しドギマギしつつ。

小野春風はつつがなく。

権三と助十は、笑也さんを含みメインキャストは
結構プロンプついてましたねー。特に幕開けからしばらく。
だんだん、こなれてきた感じでしたが。

こういうお芝居は
台詞と台詞の間が肝要と思うので、これは、もうちょっと
時間が立てばこなれてくるのでしょうーという期待を残しつつ。
おかんは、笑也さんが好きそうな(笑)役だけど
みんなのテンポが噛み合ってきて、芝居に余裕が出てきても
単なるおふざけに走らず
間の良い台詞の応酬や、芝居そのものの面白さで
観客を楽しませるという方向でお願いしたいところ。
若い座組みだから心配だー。


これから忙しくなるので、なかなか時間が取れないけれど
もう一度くらいは、夜の部も再観劇出来たらな~思ってます。

昼の部は、明日行ってきます。

201311明治座パネル

















初日記事を探したら、時の人?(笑)松也くんメインだ~。
とにかく、お稽古の時間が短かったようで、
これだけバラエティに富んだ演目を
4日~5日で仕上げるのは大変だったでしょうね。

デイリースポーツ


と思っていたら、明治座の公式サイトに初日会見の素敵なショットと
制作発表のときの詳細レポが!

明治座公式サイト


☆ブログ村のランキングに参加しています。
 バナーをワンクリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます

記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ