悲しい別れ (2008/2/4/記載)

 

若い時に、お世話になった人達が昇天されたので葬儀や通夜に参列しました、数々の功績を残され地域に貢献された人達でした。

出逢いがあれば必ず別れがあります、印象的な出逢いは、悲しい別れを生みだします、
人間は必ず死亡します、間違いなく死に向かって行進していきます。

死に対しては決して迂回路や逃れる方法はありません、私はクリスチャン事業家として、このテーマに真面目に真剣に取り組みたいと願ってきました。

CIMG0114

https://shacho-no-blog.hatenadiary.org/entry/2019/11/01/070354