過去の日記から、(1)キャド導入の経緯(2009/3/25/記載)
積算コンピューターが軌道にのりフル稼働して、大いに役立ち利益アップに貢献した頃1989年です
私の脳裏に設計図、施工図、作成などをコンピューター化できないかと思いました。
当時会社も利益をあげていましたので、いろいろな資料を取り寄せて勉強しました。
しかし、私はすぐ能力の限界を痛感して挫折しそうでした、でもどうしても、キャドの導入が頭から離れませんでした。
まずポリテクセンターのコンピューターの教諭に面談しに行きました、私が書いた手書きの設計図、施工図を見せて言いました。
先生どのような難しい図面でも線と線との結合ならばコンピューターで書くことが可能ですね。
すると先生が私の顔をしばらく見ておられたが、可能ですでも社長の意欲と努力しだいです。
最後までやり遂げるか、投資を無駄にするかどちらかだと言われたのです。


CIMG0102