過去の日記から、破傷風菌との戦い(6) (2009/4/25/掲載)
私はこの軽いケガを通して貴重な体験をします、クリスチャンとして信仰者として多くの恵みを頂きましたので、病床記録をのこします。
その細菌と脳髄中に生息している免疫体が戦い勝利したが、その免疫体が強くなりすぎて自分の脳を守っている細菌(味方)を食べ始めたのが原因と考える。
明日より副腎ホルモン剤及び栄養剤を点滴する、これは感染症を併発する副作用があるので注意して治療に当たる。
2000年4月13日(木)にはMRA検査及び脳髄検査を行いました、
2000年4月13日(木)脳髄検査のために脊髄注射を3回するが腰が曲がらないので髄液摘出ができず、非常に痛く辛い思いをした。
この頃はすでに背中の筋肉硬直が始まっていたのです、10:00Pm頃だと記憶しています。
私自身では20分から30分ごとに背中全体に逆エビケイレンと筋肉の硬直が起きていたようです。

18893135_1221009918024542_69860716065712043_n[1]
https://shacho-no-blog.hatenadiary.org/