破傷風菌との戦い(44)2009-05-04掲載
私はこの軽いケガを通して貴重な体験をします、クリスチャンとして信仰者として多くの恵みを頂きましたので、病床記録をのこします。
家内の病症日記から。
真夜中ですが、至急に対応するよう言います、明日あさ一番にすると言いますと、激しく興奮して全身にケイレンが起るのです。
看護婦さんが眠り薬を注射して眠らせます、要約ケイレンが収まる、明日からはリハビリも少しずつ行うとのこと。
それより私の体が持つかしらと心配しました、でも頑張る!大丈夫です、本日で「人口呼吸機」が取れました、もう大丈夫だ。
確実に快復傾向にあります、牧師が訪問下さり感激の涙で「 神様の御加護 」に感謝の祈りをしてくださいました。

CIMG0300