☆ 危機一髪!ウワサの便利屋裏話 千葉柏編

いらっしゃいませ! 柏の便利屋「ライフサービスきみた」です。 下見、見積り、ご相談は無料ですのでお気軽にご相談くださいませ。

51nPpCyPB5L__SX368_BO1,204,203,200_




さて、先日の都心は天からとんでもない暴風雨とヒョウに襲われ、
地からは凶暴なヒアリの脅威に右往左往。
我々が直面する危機は、年々深刻になってきているような・・・続きを読む

CqzCd69UkAAmj8v
アメリカでは相変わらずトランプがムチャクチャをやってるが、
対するマスコミも黙っちゃいない。
対決姿勢も露わに報道官に鋭く噛みつく。
これって民主主義国家なら当たり前のこと。
ジェファーソンだったっけ?
「政府の無い国よりも新聞の無い国の方が不幸」
常に権力側と闘うマスコミあっての民主主義だもんな。続きを読む

DCO2vz1V0AAMcyO

不思議なことだが、日本では伝統的に立場の強い者が
弱い者を守らない。
教師やコーチは生徒に体罰、先輩は後輩をシゴき、
会社は社員を切り捨て、上司は部下をイジめ、
軍隊は自国民に銃を向ける。続きを読む

140507satom_midashi005_cs1e1_480x

アメリカの新聞は、政党や政治家の支持不支持を
明確に打ち出している。
かたや日本の新聞は「中立公正」を謳いながら、
政権を擁護したり批判したりと様々。
しかし報道の基本は権力の監視。
これを忘れた報道は、はたして報道と言えるのだろうか?続きを読む

yurikago01

熊本に「赤ちゃんポスト」ができて、今年で10年経つそうな。
設立当初から現在に至るまで、賛否の声は絶えないようだが、
いつの時代も子を捨てたり虐待する事例が絶えないのも事実。
あまりにも厳しく難しい問題だけに、オレなんぞ何も言えない・・・。続きを読む

Img_5740


新聞に興味深い投稿があった。
84歳の男性。
戦前、国は市民が互いに監視し合う「隣組」を組織させた。
つまり非国民をあぶり出すことを目的とした監視システム。
10世帯ほどを一組とした「隣組」は、持ち回りで月一回の「常会」を義務づけられた。
小学生であった投稿者の自宅でも「常会」が行われ、
好奇心から少年はフスマ越しに聞き耳をたてた。

しかし不思議なことに、集まった大人達は誰も言葉を発しない。
なぜ?と後に父親に尋ねたが、「大人になったら分かる」と一言。
後日、上級生の言葉に衝撃を受けた。
「うっかり何かしゃべってみろ。みんな捕まってブタ箱で死ぬほど拷問される」
人や世間には裏表があることに気がついた。
いつも優しく接してくれる近所の人達の笑顔にも、複雑な気持ちを禁じ得なかった。
とむすばれた。続きを読む

000098041_640

小学生のころ、俺は自他共に認める学校で
一番先生に叱られるバカなガキであった。
そんなバカな俺が本当に呆れている。そして恐れてもいる。
ここ最近連発される政治家の不祥事。
酷過ぎるという言葉だけでは言い足りない。
政治が恐ろしいスピードで劣化している。
日本国民は、こんな人達に大切な国政を任せているんだよな。続きを読む

このページのトップヘ