2006年06月17日

まず「エイド・myself」で。

ここに、「ハッスル・エイド2006」のチケットが2枚あります。



ハッスルエイドチケット







なんで、2枚あるんでせうか。私は1人しかしません。

私には友達はいません。恋人もいません。ならば妻も子も愛人もいません。

なんで、2枚あるんでせうか。私は1人しかしません。

ましてや、唯一私を慕う獣類はさいたまスーパーアリーナに入場禁止であり…



「うっっさい!!! 四の五の言わずに連れてけや〜! 毎日留守番やないけ〜〜!」












ミル鼻舐め

ガンッ!!!

顔面ぐにゃり。





シャイニング・鼻頭突き炸裂!(昨今、フィニッシングブローに多用) 現在、絶賛流血中!!






などと、ドーでもいい事を書いているとまた「くだらい暇ネタですね」などと書き込まれるデジタルサスペンスな世の中なので、一応こないだの「ギブUPまで待てない!リターンズ 1」の書いてなかったことなどを書いてみまひょ。



先日も書いたフリップテーマトーク「浮気」で、ハチミツ二郎が、

「そういえば、一瞬だけモーニング娘。に浮気して、新日に落とさなきゃいけないはずの金を加護ちゃん、辻ちゃんに使ってましたね〜」と告白。

それに、ユリオカ超特Qが
「加護ちゃん、辻ちゃんはモーニング娘。のザ・ファンクスみたいなもんだから」と言うと、
すかさずケンドーコバヤシが

「確かに、加護ちゃんの軌道からずれっていった感じは、テリーにソックリですよ


週刊現代を読むケンコバ

写真はオープニングのヒトコマ。意味ありげに「週刊現代」を取り出し、なぜか「細木数子魔女の履歴書」の部分に目を通す。







ジョーダンズ三又「あなた、なかばDSEの内部の人間みたいなもんでしょ。どうなのよ実際」
ケンドーコバヤシ「(巻頭のページを開き)『池波正太郎を散歩する』、か…」


で、オープニングはここでは書けないきわどいトークばかりになったのだが、そこで渦中の秋田の殺人事件の話になり(これでもまだマシなほう)、




ユリオカ 「鈴香容疑者って、ワイドショーとかでしゃべりを聞いてたときは、プロレス的だな〜と思ってたんだけど。茶髪だし。でも、なんのことはないただの人殺しじゃないですか!」

三又 「なんで、あれ畠山容疑者じゃなく鈴香容疑者って呼ぶの? 『佐々木』じゃなくて『健介』みたいな」

ケンコバ「あーでも、黒の上下とか、ジャパン女子の匂いしますよね



ゲストに木村健吾

特別ゲストは新日本を離れた木村健吾。







そのときも、きわどいトーク連発だったが、藤波ファンであるユリオカが藤波のモノマネ披露し、元パートナーだった健吾に「似てない」と一蹴され、かなり凹んでいた様子。





また、「ベニーユキーデ」「海賊男」「ワンマッチ興行でレガースから出てきたやたらデカい鉄板」などコアな話題も満載しつつ、
私が地味に着目した場面。





ユリオカ「木村さんは今、あたらしいことをやられてるんですよね」
木村健吾「そうですね。円天興行という会社でして、円は『お金の円』天は『テンプラの天』…」

ケンコバ「テンプラの天!! 他にあるでしょ!『天国の天』とか!」

その後もケンコバ氏は「テンプラの天」という言葉が相当ツボだったらしく、しばらくニヤけっぱなし。




後半にはRGM(レイザーラモンRG=出渕誠)が登場


おジャーマンスープレックス

すみまセントーン

ヅラとれRG

おきまりの「おジャーマンスープレックス」→「サングラス&帽子&ドレッドヘア脱げ」→「すみまセントーン」→「サングラス&帽子&ドレッドヘア脱げ」のコンボ。





ハチミツ「顔、モグラだよ」「また、モグラの顔出てるよ」



春一番による締め

最後はお決まりの春一番の「1、2、3、ダー!」で大団円。






いやー、しかしおもしろかった。

どうも、「週刊ゴング」がこれからも協賛しそうなので、シリーズ化されることとなりそうで非常に嬉しい。

皆さんも行ってみては、なんて言いません。っていうか来んな! お笑いブームにのっかてるだけのしょっぱいヤツとか、プロレスに興味ない人とか来なくて結構。

”継続は力なり”でありつつ”悪貨は良貨を駆逐する”状況を具現化することで逆説的に「お笑い」と「プロレス」のパワーを見せ付ける、おちゃらかイベント。



素敵だ、「漢」と書いて「おとこ」と読む、みたいなセンスの悪い言葉遣いをあえて使いたい雰囲気の興行だ。





そういえば、ハチミツ二郎の

「ターザン後藤一派の試合を浅草インディーズアリーナに見に行ったら、客が僕を含めて6人。その後、客は強制的に二次会に参加させられる。しかも『本格的イタリアン』とか言いながら、一番多かった料理が”いなりずし”

って、いう話もよかったなあ。


さすが「鬼神」。リアルな鬼の神・RG(ialOgreGod)ですYO!YO!YO!




























emu_moto at 03:18コメント(0)トラックバック(0) 
戯言日記 | プロレス 格闘技

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
ツイッターはじめったー
Amazonライブリンク