万引き家族

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイの志水です。

 是枝裕和監督の「万引き家族」が第71回カンヌ国際映画祭の最高賞
であるパルムドールを受賞しました。今まで様々な家族の形を
「誰も知らない」「そして父になる」「海街diary」などで表現した
監督が脚本・編集も1人でされた作品とのこと。キャストはリリーフランキー、
安藤さくら、樹木希林、城桧史(子役)、佐々木みゆ(子役)等
 最近は観たいな思う映画がなく、そろそろ映画館にも足を運びたいな
思っていたこの時期にこのニュースが飛び込んできました。6月8日全国
ロードショーとのことなので、直後は混んでいるでしょうが、6月中には
鑑賞したいなと思っています。
 以前ブログにも書かせていただきましたが、前作「三度目の殺人」では
鑑賞後、もやもやが残り、作品の良し悪しもわかりませんでした。
今回の「万引き家族」は感動を与えてくれるのでしょうか。世界の人々が
すばらしいと言っているのですから、間違いは無いでしょう。

税理士法人エム・アンド・アイでは、毎週メルマガを発行しております。
ご登録は下記バナーからどうぞ!
メルマガバナー





emuandiemuandi  at 10:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 志水章  

話題

大阪市淀川区の税理士法人エム・アンド・アイ の 根 木 です。

今ネット、テレビで話題になっていることと言えばアメリカンフットボールの日大と関西学院大の試合のプレーです。私が初めてそのプレーを見たのはネットであり、まだ今ほど話題にはなっていなかったときでした。私もそのプレーを見たときはビックリしました。関西学院のクォーターバックがボールをパスしたあと約2秒後に日大の選手がそのクォーターバックに後ろからタックルしたものでした。そのクォーターバックはパスしてから約2秒程度あったため、まさかタックルされるとも思っておらず、無防備であったためそのタックルで全治3週間のけがをしました。
 
このプレーで問題となっているのは、タックルした選手が自身の判断でタックルしたかあるいは監督やコーチの指示でタックルしたかどうかということです。テレビやネットでは、日大の監督が関学のクォーターバックを壊すよう指示したなどの話や憶測が流れています。日大の監督が表明を出したのはこの問題がでてからかなりの時間が経過してからでした。また、けがをした選手、関学の監督に直接謝罪をしたのもさらに時間が経過してからでした。
 
 なぜ、もっと早く謝罪をしなかったのか不思議に思います。仮に日大の監督が指示をしていなかったとしても、関学の選手がけがをしたのに変わりなく、少なくとも監督としての責任義務があったのでは思います。また、謝罪の際にも、けがのもとになったプレーに対しての説明もなかったということですが、それでは選手の両親が納得できなかったのも至極当然のことではないでしょうか。
 
 日大の監督は辞任し、24日に文書で回答することとなっていますが、もっと早く説明する必要があったのでは?日大の大学側も監督も最初に判断を誤ったのではないでしょうか?ここまで問題が大きくなることを予想していなかった?
 
 いずれにしても、文書でこの問題に対してどういうふうに説明するのか、真実が明らかになるのかを注目したいものです。


 税理士法人エム・アンド・アイでは、毎週メルマガを発行しております。
ご登録は下記バナーからどうぞ!
メルマガバナー

emuandiemuandi  at 08:42  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 根木茂次  

生きているミュージアム

大阪市淀川区にある税理士法人エム・アンド・アイの金坂です。

先日初めてエキスポシティにある水族館ニフレルへ行ってきました。
当日は万博公園でイベントがあった上にガンバ大阪もホームで試合があったため、モノレールが通勤ラッシュ以上の混み具合で子供を連れての移動は大変でしたが、人混みをかき分けながらなんとか行き着くことができました。

海遊館が監修しているとのことでもっと大きな施設をイメージしていたのですが、実際行ってみると趣向を凝らした小さな水槽に多種多様な魚が泳いでいたり、室内なのに鳥が飛び交っていたりと、こじんまりとはしていますが見飽きない面白さのある水族館でした。

IMG_4604

昔流行ったウーパールーパー。相変わらず愛嬌のある顔をしてます。


IMG_4605

体調3〜4mほどのワニが室内にいたのにはびっくりしました。間近でみるとなかなか迫力があります。

残念ながら「趣向を凝らした水槽」は写真を撮り損ねてしまいましたが、自宅で魚を飼っておられる方ならレイアウトの参考にできるのでは?と思えるものが多かったです。
ニフレルだけでなく周りの施設も含めて一日中楽しめる場所なので、また行ってみたいと思います。


税理士法人エム・アンド・アイでは、毎週メルマガを発行しております。
ご登録は下記バナーからどうぞ!
メルマガバナー

emuandiemuandi  at 18:55  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 金坂智和