s-20140510_162239

昨日、今日と、医院デザインフェアというイベントに参加していました。

去年に引き続き、今年もアート部門でお声掛けいただきました。


絵画展だけではなく、いろんな病院や歯医者さんなど、

空間に『癒し』を必要とする場に、

アートのコンサルティングをすることがあります。


私は常々、院長さんは、アートを通じ、患者さんに

ご自身の「想い」を伝えることをおすすめしています。


なかなか言葉にしづらいことであっても、

アートではそれが可能となるのです。


もちろん、そういうメッセージが特にないのであれば、

例えば、院長の運気を上げる絵画など、

いろんなテーマ(切り口)でご提案させていただくこともあります。

そういうこともできるのです(^^)


s-20140510_132833

私がアートでご相談いただいたクリニックは、

皆さん順調に業績を伸ばしているようです。


もちろん、腕が良いから業績が上がるわけですが、

そもそも、そのようなドクターであるから、

アートという繊細な部分にも意識が向くのかもしれません。


いずれにしろ、患者さんのために、

少しでもストレスの少ない空間を作ろうと努力されていると、

その想いは、無意識の領域で患者さんに伝わります。

※患者さんだけではなく、スタッフにも。


どうせ飾るならば、ぜひご自身の

『想い』

を意識されると良いと思います。



s-20140510_170037


イベントは2日間だけでしたが、

良い経験をさせていただきました。


お話しをさせていただく中で、反応をいろいろと見ました。

アートに興味のない方も多い中、

税務相談まで熱心にされる先生もいたり、

私自身も様々なニーズをお聞きすることで、

とても勉強になりました。

絵画レンタルのご相談も多かったのですが、

もちろんそのようなニーズにも対応しています。


s-20140510_132807


あとは、やはりご自宅絵画展はダントツで好評でした。

間違いのない絵画設置ができるので、満足度が違います。


今月納品させていただいた歯医者さんでは、

院長がスタッフのみんなに、絵画作品を選ばせていました。

全員一致でアンドリュー・コーツさんの作品に決まったのですが、

こういうイベントも団結力を高めるのに最高ですね!


私も、コンサルティングは大好きな仕事なので、

ぜひいろんな施設にご要望いただけたら嬉しいです。

お気軽にお問い合わせください。


江夏画廊
代表 江夏大樹