【麻布台】江夏画廊より「希望・愛・喜び」のBlog

麻布台・六本木エリアにある江夏画廊のブログです。ハートウォーミングをコンセプトに、英国ベストセラーの画家マッケンジー・ソープ(Mackenzie Thorpe)など、世界各国の人気現代画家作品を扱っています。
オーナー江夏大樹による、心とアートに関するコラムも連載。

2017年11月

マッケンジー・ソープの冬の新作が届きました!

ちょうど夏頃ですが、冬に向けて、マッケンジー・ソープ先生にクリスマスシーズンをイメージした作品をリクエストさせていただきました。

そこで先週届いたのがこちらの作品、「スウィートハーツ」です。


とても愛らしいですよね!

写真は通常版(世界限定125部)なのですが、ロイヤルエディション版(世界限定35部)というのもあります。
ロイヤルエディションはスターダスト技法を用い、雪やハートの部分がキラキラと輝く仕上がりです。こちらは動画のほうがわかりやすいのでyoutubeにアップしてみました!



そばに寄り添う「愛しい存在」。
自分は独りではなく、必ず見守ってくれている存在がいる。ソープ先生はガイドのような存在を、よく動物として表現されます。まさに人生の羅針盤となる希望あふれる作品です。

スウィートハーツは「冬だけどあたたかい絵」をテーマにした江夏画廊のウィンター・アートフェア2017にて展示いたします。会期は12月4日から17日です(8日は閉廊)。

http://www.enartsu.co.jp/exhibition/detail/66/


また、12月2日から26日にかけて、アグネスホテル東京のティーラウンジでもご覧いただけます(通常版のみ展示)。気軽にご覧になられたい方にはこちらもオススメです!

http://www.agneshotel.com/


寒い日々がようやく定着して参りましたが、マッケンジー・ソープの心温まる作品をぜひお楽しみください(^^)


江夏画廊



【社長コラム】メキシコ旅行記5(最終カンクン編)

さて、最後はカンクンです。旅もいよいよ終わりへ。


IMG_5259

そろそろこいつが恋しくなってくる頃なのです。カンクンで有名なもうひとつのラーメン屋に行こうとしたのですが、閉店にギリギリ間に合わず、近くの日本料理屋にあるこちらのラーメンにしました。まあまあ美味しかったですよ。


IMG_5286

朝からトゥルム遺跡へ。ここは海の近くにできた遺跡で、小さいながらも海が気持ち良いところでした。


IMG_5291

岩の上に、ちょうど鳥のつがいを見つけたのでパシャリ!実は今回の旅ではいろんな生き物のつがいを見かけました。こういう日常で何度も見かけるものを、私は「サイン」と呼んでいます。自分の中に対象に関する意識があるのか、または自然からのメッセージなのか・・・それは読み解く側に任せられますが、こういうシチュエーションに気づくことができるか、できないのかが、実は自分に大きく影響してくるということを、多くの方が知らないかもしれません。



IMG_5296

昼はフードコートでブリトーを食べたのですが、これがまた美味しかったです。ロバのマークのお店なので、どこかで見かけたらトライしてみてください。



IMG_5315

夜はハードロックカフェで友人のために買い物。旅に出るとハードロックカフェのある場所は必ず立ち寄っています(^^)


IMG_5323

IMG_5324

IMG_5328

最終日の朝はゆっくりと海岸を散歩しました。ここでは最後に素晴らしい瞬間に出会いました。その鳥はあまりにも美しすぎて写真を撮ることができなかったので残念ですが、海の中から飛び立つ姿はまるで神様のように神々しい姿でした。


IMG_5352

メキシコの旅もこれでおしまいです。本当は書いていないドラマがたくさんあったのですが、ご興味ある方にはいろいろとお話ししました。旅は本当に良いものです。いつも仕事と趣味をかねて行きますが、私にとっては、自分をリセットしたり成長させたりできる大切な時間です。このメキシコの後に行ったポーランドも感動的に素晴らしかったので、またいつか書きたいと思います。



【社長コラム】メキシコ旅行記4(メリダ編)

一度ブログを書かなくなると、しばらく書かなくなるという私の性格ですが、気が向いたので再開して参ります!さらに記憶が遠のいていますが、相変わらずメキシコです。今度は東のほう!

IMG_5008

この日はメリダよりウシュマル遺跡までやって参りました。さっそく鎮座するこちらの「魔法使いのピラミッド」と呼ばれる建物ですが、ガイドさんが手をたたいてみろというので叩いてみると、面白いことにこだまして音が返ってきます。ただそれだけですけどね・・・


IMG_5020

あれ?これは後ろ側だったかな??
とにかく広くて、そして陽射しが強くて、1年以上経った今だからわかりますが、これまでずっと色白だった私が、顔や腕に色素が沈着してしまうくらい、シミだらけになってしまいました。父親と同じ顔の位置にシミが現れたのには、自分自身でも笑ってしまいました。ちゃんと紫外線対策しとかないとダメですね。


IMG_5031

これは敷地内のどこかのピラミッドですが、上からの眺めは本当に気持ち良いです。ちょっとゲームの主人公になった気分(^^)


IMG_5094

夕方は車でさらに移動し、馬車に乗ってセノーテ体験です。セノーテは鍾乳洞の泉なのですが、できた経緯は、隕石が落ちてできたとか、いろんな説があるようです。トロッコに乗って向かうのですが、この馬が一生懸命働いてくれて、セノーテまで連れて行ってくれました。乗っていてとても楽しいのですが、馬の気持ちになると、もうちょっと栄養を与えてあげたい気分になりちょっと複雑な気持ちになりました。


IMG_5109

こんな感じで、ライフジャケットを着て泳ぎます。水面はライトアップされて幻想的な美しさなのですが、実はセノーテは場所によっては生贄を捧げるところでもあったので、これまた入るのにちょっと複雑な気持ちになりました。でも、水の中は日焼けしていたのでとても気持ち良かったです!


IMG_5118

夜はホテル周辺を買い物散歩です。こちらの子供用民族衣装がとてもかわいくて、何着も見てしまいました(^^)


IMG_5156

翌日はチチェンイツァーへ。実はここの敷地を歩いていると、胃がキリキリと痛んで大変でした。で、聞いてみると、どうやら特に生贄の数がすごかったらしく(こんな話ばかりですみません。でもメキシコはそういう場所なのです)、数がすごいだけではなく残虐性も高かったようです。ちなみに、ある理由により、今は私が感じたようなキリキリは感じられなくなっていると思います。


IMG_5198

続いてエクバラム遺跡へ。もう名前だけ言われても何がなんだかわかりませんね。メキシコには遺跡が無数にあり、しかもまだ見つかっていないものもたくさんあるのです。
さて、ここにはアラモとセイバという2つのすごい木がありました。特にセイバはものすごいエネルギーで、私はここでとんでもなく素晴らしい体験をさせていただきました。


IMG_5217

IMG_5223

IMG_5240

そして、メインピラミッドの頂上からの景色はこれまた素晴らしく、しばらく魅入られてしまいました。斜陽の美しさに感動し、海外でしか味わえない瞬間を深く味わったのでした。


>>メキシコ旅行記5へ



プロフィール

江夏大樹

東京(麻布台)で画廊を経営しています。「人生を変えるアート」、「ハートウォーミング」をコンセプトに、心豊かになる絵画作品を世界各国から集めてご紹介しています。