【麻布台】江夏画廊より「希望・愛・喜び」のBlog

麻布台・六本木エリアにある江夏画廊のブログです。ハートウォーミングをコンセプトに、英国ベストセラーの画家マッケンジー・ソープ(Mackenzie Thorpe)など、世界各国の人気現代画家作品を扱っています。
オーナー江夏大樹による、心とアートに関するコラムも連載。

2018年08月

パラリンアート世界大会2018


今日は帝国ホテルで開催された、パラリンアート世界大会2018の授賞式に行ってまいりました。

https://paralymart-wc.com/


こちらの公式ページでもご覧いただけるように、マッケンジー・ソープ画伯がこの大会の審査員として参加させていただきました。


IMG_2173


この大会には、世界41ヶ国から1300点近い応募があり、その中から多くの方を感動に導いた優秀な作品を選ぶイベントです。


IMG_2160

会場では素晴らしいアートの数々を見ることができましたが、個人的には賞に選ばれなかった作品でも素晴らしいものがたくさんありました。今回はその中でも、より多くの人を感動に導いた作品がさまざまな賞に選ばれたのです。

IMG_2111

マッケンジー・ソープ賞も設けられましたよ!

選んだ作品は、写真ではなかなか上手く映らないのですが、水の中を泳ぐ金魚に見える、最高に素晴らしい質感を持った作品でした。PCの画像だけでこの作品を選んだソープさんはやはりすごい!!
彼が選ばなければ、ひょっとしたらこの作品は埋もれていたかもしれません。他の作品はカラフルなものが多かったので尚更です。

なんとなく、彼がこちらインタビューで語っていた、



「一番暗いところに美しさが存在する」

という言葉を思い出しました。


会場では同じく審査員をされた、書家の金澤翔子さんとお母様ともお話しさせていただき楽しかったです。そういえば、ソープさんも機会があれば翔子さんとお会いしたいと話されていました。書が大好きなのです。ほるぷエーアンドアイさんのチャリティ絵画展では、いつも二人の作品が飾られるので、いつか実現したら素晴らしいなと思います(^-^)


IMG_2123

今回のグランプリ作品はシンガポールのアーティストの方の「Fireworks」という作品で、とても綺麗でした。

私は以前に障がいを持たれている方とのワークショップをさせていただいた記事を書きましたが、

↓こちら

http://blog.livedoor.jp/enartsu/archives/48663576.html


彼らが、とても世界をポジティブに捉えていることに衝撃を受け、感動した記憶があります。だから、今回の応募作品の数々を拝見した時に、ものすごくピュアでエネルギッシュなものをあらためて感じました。こちらのグランプリ作品もそのように感じました。


IMG_2172

大会の趣旨にもあるように、企業が障がいを持たれる方々のアートを買い上げることは素晴らしいことだと思います。価値ある作品がたくさんありますから!!

最後に、マッケンジー・ソープ画伯がこの大会向けに送ってくださったビデオメッセージをご紹介し、締めとさせていただきます(^-^)



【マッケンジー・ソープ絵画展も開催中!!】

気楽に観にいらしてください


こんにちは。江夏画廊の江夏です!

時々、Webサイトからご連絡いただき、画廊へ作品を観に来てくださる方々がいます。

↓フォームからもご連絡いただけます

http://www.enartsu.co.jp/contact/



その度に、とても嬉しい気持ちになります。


どこかで作品をご覧いただいていたり、Webサイトで気になるアーティストを見つけてくださったり、理由はそれぞれですが、少なくとも、この情報の海の中から見つけてくださったことに、いつも、ありがたいな〜と感じます。


画廊と聞くと、どうしても敷居を高く感じたり、ネガティブな場合だと、買わされるかもしれない、といった不安がつきものです。


江夏画廊は、そのような不安なく、ぜひ気軽に来ていただきたい画廊です。もちろん、私も出張などで不在にすることがよくありますが、アポイントさえいただけたら大丈夫です。人と話すのは大好きですから(^-^)


単純に「この作品が見たい」でもいいですし、「このアーティストの作品をいろいろ見たい」とか、「どのような作品を選んだら良いかわからない」というようなご相談でも構わないです。

お客様に目的がある場合は、その目的によってはオススメできる作品があるかもしれません。


それこそ、


「アートに関心があまりなかったけど、どのように始めたら良いの?」


というご相談でも構わないのです。場合によっては他社を勧めることだってあるかもしれません。


出来るだけ、絵画に関するご相談は、お力になれたらと思いますので、よろしければぜひご連絡をお待ちしております。



蒲原元 展を終えて

伊勢丹静岡店で8月8日〜14日の期間に蒲原元先生の個展をさせていただきました。

出会いについては、前回のブログ記事でも書きましたが、本当に魅力的な作品を描く画家です。

今回は、買うつもりがなかったけれど、いわゆる「一目惚れ」というご購入が多かったです。

二日にわたり、ご検討された方もいました。

FullSizeRender


蒲原先生の作品は、気張らずに、ゆるりと観られる作品いので、日常のカチコチになって緊張しているものを解きほぐしてくれます。


IMG_1983


今回はフランス時代の話しをいろいろと聞かせてもらい、あれだけゆるりとした作品を描くのに、フランス時代には、かなり熱い日々を送っていたことがわかり、やはりそういう経験があったからこその今なのがわかり、なんだか嬉しかったです。


FullSizeRender


作品は具象的なものもあれば、抽象的な作品もあり、とても振れ幅が大きい画家ですが、最近少なめだった具象寄りのものもお願いして描いてもらいました。
結果的には売れたのは新作ばかりだったので、良かったのだと思います。


FullSizeRender


時々、こんな可愛らしいのが描かれることもあり、毎回作品が楽しみ!


IMG_2016


この「Morning Wine」という作日もとても人気がありました。かなり洒落た絵です。


IMG_2024
(左が蒲原先生、右の大きな顔が江夏)

土曜の夜は一緒に食事もしました。ご自身も天才的に料理上手ですが、美味しい店を探すのもまた天才的です。こちらのお店はそばきり次郎さん。
なんでも、コツは店を覗いてみて、料理人からスタッフまで、どのような表情や動きをしているかが大事なようです。瞬時に判断していました。

FullSizeRender

今回は売れませんでしたが、画家本人も気に入っている、こちらの「波止場の娘」。
0号という、とても小さなサイズですが、完成度の高さは、観る人が観ればわかります。

次回は11月28日〜12月4日の期間、北九州の小倉井筒屋さんで個展をさせていただきます!
プロフィール

江夏大樹

東京(麻布台)で画廊を経営しています。「人生を変えるアート」、「ハートウォーミング」をコンセプトに、心豊かになる絵画作品を世界各国から集めてご紹介しています。