【麻布台】江夏画廊より「希望・愛・喜び」のBlog

麻布台・六本木エリアにある江夏画廊のブログです。ハートウォーミングをコンセプトに、英国ベストセラーの画家マッケンジー・ソープ(Mackenzie Thorpe)など、世界各国の人気現代画家作品を扱っています。
オーナー江夏大樹による、心とアートに関するコラムも連載。

2018年12月

蒲原元の壁画が空間を変える!!

IMG_3048
(あたたかいBLUE   12号)

小倉の蒲原元展を終えて東京に戻りました。
アウェーの場でしたが、有り難いことに何点かご縁をいただき戻って参りました。ただいま開催中のウィンターアートフェアでもいくつか凱旋展示です。


IMG_3340
(見知らぬ街角    6号)

元さん(長い付き合いなので、親しみを込めてそう呼ばせてもらっています)の作品は、特にアートのプロフェッショナルな方々から、とても評価が高いです。小倉でも、会期中に何度も訪れる方が多かったです。
絶対に観た方がいいと絵の先生がご自身の生徒さんたちを連れて来たりもしていました。


IMG_3336
(雨散歩    4号)


テクニック面はもちろんなのですが、その作品から溢れ出す魅力について、長年、彼の作品をどのように伝えたら良いのかと言葉にならずに思索していましたが、先日、元さんのお知り合いから素敵な言葉をいただきました。

「元さんの絵との出会いは、大切な人との出会いと同じようにかけがえのないもの。出会うべくして出会う。」

そのように例えてくださいました。まさに、私が初めて蒲原作品と出会った時の感覚を表してくれていると感じました。吸い寄せられるような、離れられない感じになります。


IMG_2955
(お仕事現場にて)

実は、元さんは舞台装飾や本の挿絵、デジタル絵本などの仕事もこなされるので、絵画とはまったく趣きの異なる作品も描かれたりします。

実は、そのラインで特に人気なのが壁画制作です。


IMG_3141

こちらは鎌倉の超人気スポット「樹ガーデン」に描かれた壁画(※こちらの写真は初期のもので現在は大きく変わっています)。真っ白で味気なかった壁が、元さんの絵で見事に生き生きとしてきます。


IMG_3138
IMG_3137
IMG_3139
IMG_3140

もともとあったレンガや観葉植物を活用して、そこで遊ぶ小人たちが描かれています。このような素敵な仕事をたくさんされているのです。

鎌倉の天空カフェ「樹ガーデン」

http://itsuki-garden.com/

自然のパノラマにものすごく癒される場所なので鎌倉に行かれた際には絶対にオススメです!



IMG_3134
IMG_3135
IMG_3136

続いてこちらは、東急グループで新しくできた介護施設の壁画です。描かれる前と後の写真をご紹介。茶色かった扉は明るくなり、空間がとても爽やかな雰囲気になりました。


IMG_3132
IMG_3133

もう一つ、こちらは病院の壁画制作。やはり描かれる前と後ですが、ライティングも変えて、夢のある楽しい空間になり、毎日歩く場所が一気に生まれ変わりした。


蒲原元さんの壁画は本当に凄いですよ。まるで魔法のように、オフィスやレストランなどの空間が素敵に生まれ変わります。
おかげさまでクライアント様からはとても喜ばれています。もしご興味あれば、ぜひ江夏画廊までお問い合わせください。

↓お問い合わせ先


伊藤哲先生

池袋東武における、伊藤哲 日本画展を終えて、およそ一ヶ月近くが経ちましたが、ご報告レポートです!

IMG_3146

東武さんでは、二年に一度、新作発表をさせていただいていますが、画廊空間が新しくなって、とてもすっきりした印象です。


IMG_2807

今回の目玉は、なんといっても、伊藤先生の新しい解釈における二曲一双の屏風絵作品、「降臨せし風雷神のために」です。

今は作品保管のために別々に保存されている、尾形光琳の「風神雷神図」と酒井抱一の「夏秋草図屏風」は、もともと裏表の関係でした。

雷神と夏草、風神と秋草との関係性は以前から確認されていましたが、本来の夏秋草図の並びから、反転させ、そこに見事に風神雷神を降臨させたのは、伊藤哲先生が初めてではないでしょうか。

IMG_3143

反転させる理由もちゃんとあり、それは今回の個展で作品ご購入された方に、小冊子のかたちで贈呈させていただきました。

天の風神雷神、地の夏秋草図、キャッチコピーの天と地が融合する、は実はここから来ていたのです。

江戸琳派を継承する画家として、その新たな歴史の一ページとなる作品です!


IMG_3147

8月に限定50部でリリースさせていただいた、「降臨せし風雷神のために」の版画ですが、こちらも11月の個展終了時点で既に限定数のうち半分が売れました。来年には完売するでしょう(江夏画廊にて伊藤先生から何点か確保しましたので、ご興味ある方はお早めにお声掛けください)。


IMG_3145

また、今回の個展では、伊藤先生が制作監修された、京都養源院の俵屋宗達杉戸絵を御朱印にしたものも公開させていただきました。
京都にお出かけの際はぜひ養源院にお立ち寄りいただき、「伊藤哲先生の御朱印をお願いします!」と仰っていただけたらと思います。


IMG_2910
IMG_2912
IMG_2915

今回も素晴らしい新作の数々が展示即売され、おかげさまで大好評のうちに終了させていただきました。

新作発表は次回もまた二年後になりますが、作品に関するお問い合わせは随時受け付けておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


江夏画廊



プロフィール

江夏大樹

東京(麻布台)で画廊を経営しています。「人生を変えるアート」、「ハートウォーミング」をコンセプトに、心豊かになる絵画作品を世界各国から集めてご紹介しています。