今日は東京都内のY様のご自宅へ、松本恵子先生のオーダー作品が納入されたので拝見しに行って参りました。

完成までおよそ1年近くお待ちいただきましたが、床の間にとてもモダンな様相で飾られているのを目の当たりにして、とても感動しました!


恵子先生の能面シリーズのうちの1点なのですが、「出逢い」というタイトルです。

写真ではうまくディテールが伝わらないのが残念ですが、漆黒の中に浮かぶ能面の白と、色鮮やかな波とのコントラストがとても美しい作品です。

能面は普通に描かれると、いろんな意味で少し怖い感じもするのですが、恵子先生の描く能面からはまるで慈愛に満ちたような優しさが感じられます。

能面は五番立てのように、男女のみならず、神から鬼まで、面一つで様々な役柄が演じられますが、まさに演者の心のみならず、観る人の心を映し出すかのようです。

波から飛び出た魚が神様との邂逅を果たし、まるで波兎のような縁起の良さを感じますね!


実際にはこの写真よりも少し低い位置に飾り付けしたところで落ち着きました。

仕上がりにY様もとてもお喜びくださり、その後のお話しにとても花が咲きました。

来年は年明けに、別のお客様にもう一点恵子先生のオーダー作品を納品予定があるので、そちらもとても楽しみです!