2月は絵画展が6つ重なり、海外作家の来日がいくつか重なったため、とても忙しい日々が続きました。
  

IMG_0716

そのような中で、マッケンジー・ソープさんが2月の大トリでした。今回は息子さんのオーエンさんも初来日!


IMG_0729

先ずは奈良の絵画展へ。7年前に大仏様にお会いしたので、今回も再会してほしくて、またお連れしました。
ソープさんは何かエネルギーを感じてくださったようで、前回よりも感動が大きかったようです。


IMG_0790

トークイベントでは、ご来場者に向けてたくさんお話ししていただきました。つい少し前までは、制作テーマは「希望と愛と喜び」を軸にしていましたが、ここ最近、制作テーマを聞かれると、明確に「愛」だと仰います。ご自身が次のステージに入っていることを感じているようです。


IMG_0795
IMG_0813

東京に戻ってからは、江夏画廊でもNPO法人エッジさんによる認定NPO記念のパーティーがありました。ディスレクシアのことが知りたくて、検索して真っ先に見つけたエッジさんに連絡してから、もう15年くらいのお付き合いになりますが、ここまで来たこと、とても嬉しく思います(^^)


IMG_0827
IMG_0834

ソープさんは日本酒も大好きなので、お酒のラベル使用でご縁のある、栃木の仙禽さんを見学させてもらいました。ナチュールというブランドのお酒で、毎年即完売となる人気のお酒です。ソープさんの作品イメージを使っていただきました!


IMG_0855
IMG_0851

ところで、日本でソープさんの絵といえば、こちらのような、可愛らしい作品が人気があります。


IMG_0847
IMG_0845
IMG_0843

しかし、彼の制作の幅はとても広く、実は、このように静寂や濃淡の世界をテーマにした、壮大な作品も描いています。最近はこのような感じの作品も人気が出てきたので、そのことがすごく嬉しいです。彼は日本の精神性について、とても理解し、リスペクトしてくれています。
「世界を旅した全てが作品に反映されている」
とおっしゃる通り、日本の世界観も深く浸透しています。

マッケンジー・ソープの作品には、光と陰のすべてが内包されています。陰陽が調和して、絵画にものすごい深みを与えているのです。詳しくはぜひこちらのインタビュー映像をご覧ください。

↓こちらでご覧いただけます
インタビュー映像
https://www.youtube.com/watch?v=NyCjLVgC-Ms
作品解説映像
https://www.youtube.com/watch?v=lTObBX030Ik



IMG_0863

奈良と東京の次は宮崎県も訪問いたしました。先ずは前回の絵画展で大変お世話になった、門川にある、にじのね保育園さんへ訪問。写真のような感じで、座りながらのトークイベントとなりました。このようなスタイルでのお話しは初めての試みでしたが、とてもアットホームで良い雰囲気になりました。皆さまからの質問も素晴らしく、ソープさんも心底楽しんでいました(^^)


IMG_0875

翌日は宮崎市へ戻り、美術展会場の総合博物館へ。館長自らご案内していただき、100年以上昔の日本の生活様式を楽しんでもらいました。ソープさんは、サムライムービーが大好きなので、その時代の雰囲気をじっくりと味わっていました。


IMG_0880
IMG_0899
IMG_0907

午後は親戚の江夏剛先生が院長をされている、江夏整形外科クリニックへ。ここでは、都城の皆様からサプライズとなる熱い大歓迎を受け、ひな祭りの唄や地元民族芸能のジャンカン馬踊りなど、たくさんの喜びをいただきました。あまりの素晴らしさにソープさんが泣きそうになっていたのが印象的でした(^^)
剛先生は、ソープさんの理念に共感し、作品をクリニックに飾ってくださっています。力いっぱいハートを引っ張り、運んでいく作品は、院長の患者さんへの想いとまさに重なるのです。今回は100名以上の患者さんたちが集まってくださりましたが、皆さんの笑顔がとても素敵で、剛先生がどれだけ地域の人々に愛されているかが伝わってきました。江夏整形外科クリニックは都城だけではなく全国的に有名で、プロスポーツ選手なども治療に訪れているすごいクリニックです!


IMG_0913
IMG_0916
IMG_0920

そして、お酒好きのソープさんのために、同じく親戚筋となる、霧島酒造も見学させてもらいました。圧倒的に巨大な工場に驚き、徹底管理されている作業工程にとても感動されていました。
今年の米国アカデミー賞授賞式では、霧島酒造の焼酎が振舞われたそうで、焼酎販売日本一だけではなく、世界的にも広がっていき、ただただ凄いの一言です。
ちなみにソープさんは、黒霧島と吉助の赤がお好きでした(^^)


IMG_0937

そして最後は宮崎県総合博物館でのトークイベント。たくさんの方にご来場いただき、とてもありがたかったです!皆さん真剣に聞いてくださっていたので、本当にありがたかった(*´Д`)

今、マッケンジー・ソープのメッセージは日本にとても必要だと感じています。彼の作品は私たち日本人が忘れかけている、日本の素晴らしさを思い出させてくれます。

生きていくうえで、私たちはさまざまな感情を経験し、多くのことを学んでいきます。そこには嬉しいことや楽しいことだけではなく、辛いことや悲しいこともさまざまです。

彼の作品からは、人生のあらゆる局面におけるエールを感じます。純粋性がいかに大切か、困難を乗り越えていくために、深い愛の力がどれほど必要とされているか。私たち大人が、これからの子供たちのために、どのようなものを残していけるか。たくさんのものが伝わってきます。

それを感じて共感してくださる方が増えていることが嬉しいですし、また、もっと彼の作品を日本全国に、そして世界へ広めていけるように、自分の人生で許される限り、共に歩ませていただこうと思います。

今回も足をお運びくださった全ての皆さまに感謝申し上げます。