はじめまして、江夏画廊代表の江夏大樹(えなつひろき)です。
http://www.enartsu.co.jp

こちらのブログに訪れていただき、ありがとうございます。


このブログの名前にある、「希望・愛・喜び」という言葉は

マッケンジー・ソープの「Hope, Love, Joy」という作品から拝借しました。


どんなに困難で苦しい状況であっても必ず希望はある。

すべては愛であり、愛はすべての現れである。

喜びとともに生きる。



私自身は、昔は絵画やアートにまったく興味がありませんでした。


父が大企業を脱サラしてでもアートの仕事をしたかったこととは対照的に

私は大学を卒業後も、これといって特にしたいこともなく生きていました。

今思えば、とてもせまい世界・視野だったと思いますし

まさか自分がこの世界に踏み込むとは考えたこともありませんでした。


12年ほど前、あるきっかけがあり

画廊で仕事をさせてもらうことになりましたが

そこから新しい人生が始まったように思います。


アートの世界は面白かったのでしょう。

あまり物ごと長続きしない私が

気づけばあっというまに今があるように感じます。


アートが人の精神に与える影響はものすごく大きいです。

それは自分自身が体験しました。


ある美術雑誌の社員の方がおっしゃっていましたが

このアートの仕事につくと、職種を変更しても

いずれこの仕事に戻ってくる人が多いそうです。

それだけ魅力があるのでしょうね。わかります(笑)


この仕事をしていて、一番嬉しい瞬間というのは、

お客様が素敵な絵画とめぐり逢う場面に立ち会えた時です。

そしてその絵画から多くの喜びをうけとったとき。

その喜びの瞬間は、何度味わってもたまりません。


絵画は一時的な消費物ではなく、心を育み続けてくれるもの。

その魅力をより多くの方にお届けするためにも

「Hope, Love, Joy」

このブログもそのメッセージを伝えていけるよう

これからも記事を書いて参ります。


特にかつての自分がそうであったように

この世界にまったく興味がなかったり

興味があっても

「よくわからない」

という方にも、ぜひお役に立てることを願っています。


ご意見・ご相談もお待ちしております。
http://www.enartsu.co.jp/contact/


江夏大樹 拝