【Q2】 【分野:国語、難易度:やや難】「轍鮒(てっぷ)の急」の意味で正しいものは次のうちのどれか?

1.差し迫った危急や困難のたとえ
2.前の人と同じような失敗をあとの人が繰り返すこと
3.物事の方法や理屈、道筋のこと
4.政治を行う人が全国の隅から隅まで巡り歩くこと


                   解答は
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓              
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓               
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
                    ↓
【A2】 正解は1.差し迫った危急や困難のたとえ 

車の通ったあとのくぼみにたまったわずかな水の中で鮒が苦しんでばたばたしているように、危険や困難が目の前に迫っている状況。

【出典】2020年4月9日北海道新聞卓上四季「後の千金」のコラム内より

安倍総理の給付金が遅くて、瀬戸際にある中小企業や家庭が危急存亡に立たされている状態を皮肉って、「轍鮒(てっぷ)の急」を使っていました。


2.→前轍(ぜんてつ)を踏む
3.→途方途轍(とほうとてつ)
4.→車轍馬跡(しゃてつばせき)昔の政治家は、監督のために馬車で全国を巡り歩いたために、通った後に車輪や蹄の跡が残されたということ

【選択肢・解答解説引用元】四字熟語辞典オンライン、ことわざ辞典オンラインより

※問題文・解答・解説文等に問題があればお知らせください。
難易度については主観ですので、人により違うかもしれません。ご了承ください。
できるだけ調べて確認しながら作成はしております。

↓ランキングに参加してます↓
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ