キャスト【cast】ディレイ【delay】

一般的には。
キャスト:投げる、放つ、(魔法を)かける
ディレイ:遅れる、延ばす、遅延

ラグナロクオンラインでは。
キャスト:スキルが発動するまでの待機時間
     キャスティングタイム【casting time】、詠唱時間
ディレイ:スキル使用後に生じるスキルが使用できない瞬間
     ディレイタイム【delay time】

魔法行使系職業で遊んでる方にとっては結構重要となるこのふたつの数字、時間。

今回はこのスキルによって設定されている、キャスト【cast】ディレイ【delay】について。
【キャスティングタイムについて】

『キャスティングタイムとは』
スキル毎に設定された、そのスキルを使用す為の待機時間の事。
スキルを使用する際(ターゲットを決定した後、もしくはキー入力後すぐ)に術者の頭上に「ゲージ」で表示される。
「ゲージ」が一杯に(全て緑色に)なった時点でスキルが発動する。
「ゲージ」が一杯になるまでにダメージを受けるなど特定の条件次第ではキャスティングが中断される。
※カード:フェンの効果でダメージを受けてもキャスティングが中断されなくなります。
 ただし、シーズーモード(GvG)では、カード:フェンの効果は発動しません。

『キャスティングタイムを短くする』
キャスティングタイムはステータス:DEXにより減少可能です。
DEX1辺り、スキルの基本キャスティングタイム*(1-Dex/150)減少します。
DEX50でそのスキルのキャスティングタイムを1/3に、DEX75で1/2に、DEX100で2/3にできます。
DEX150を超えると、キャスティング自体が無くなりスキルは即座に発動します。
※これが出来るのは一部職業と特定の条件を満たした場合のみです。
 単独でDEXが150を超える職業は2次職:ハンター、上位2次職スナイパーのみです。
 150に限りなく近くなるのがスーパーノービス、2-2次職:バード、ダンサー、上位2-2次職:クラウン、ジプシー
 これらはスキル:集中力向上でDEXを上昇させることが出来る為です。

 また、支援魔法を込みとするのならば敷居は一段と低くなります。
 アコライト系スキル:ブレッシング、パラディンスキル:ゴスペル、
 クラウン&ジプシー合奏スキル:マリオネットコントロールでDEXを向上する事が可能です。

スタータス:DEXによる減少以外では、プリースト系スキル:サフラギウム、バード系スキル:ブラギの詩で
キャスティングタイム自体を減少する事が可能です。

『キャスティングタイムの長いスキル』
現存するスキルでは最長15000msから最短0ms(キャスティング無し)です。

因みに最長(15000ms)のスキルは、メテオストライク(wiz)、マグヌスエクソシズム(pri)です。
これはミスで使用した際など悲しいものがあります。
PTから一気に置いて行かれたりもします、はい。


【ディレイについて】

『ディレイとは』
スキル毎に設定された、そのスキル使用後に生じるスキルが使用できなくなる時間の事。
スキル使用後、この時間内では再度スキルを使用しようとしても行使する事ができない。
ただし、移動、通常攻撃、アイテムの使用などは可能です。

『ディレイを短くする』
ディレイはキャスティングタイムと違って、ステータスでは減少できません。
スキルのみでその時間を減少する事が可能です。
プリースト系スキル:サフラギウム、バード系スキル:ブラギの詩でディレイを減少する事が可能です。
※ブラギの詩とあわせて、マジシャンスキル:ソウルストライクの連射はとても楽しい。

『先行入力』
基本ディレイが「0」のスキルは『先行入力』が可能です。
『先行入力』とは、ディレイ0のスキルのキャスティング中に行動を入力する(別のターゲットにスキルを使用するなど)と、
キャラクターはキャスティング終了後即座にその行動を行います。
これを『先行入力』と言います、たぶん。

『モーションディレイとキャンセル』
ディレイには『モーションディレイ』と言うものも存在します。
これはスキル使用後にキャラクターがそのスキルの使用モーションを行っている時間です。
この間はスキルを入力してもモーションが終了するまでの間、発動しません。
モーションには1テンポ掛かりますが、特定の動作でモーションをキャンセルする事が可能です。
※スキル発動直後に隣のセルに移動するなど。

これを行う事でスキル使用後に一瞬だけ素早く次の行動に移ることができます。
その有効性は、主にマジシャン系スキルで発揮します。
キャスティング中にモンスターに接近され、キャスティング終了時にこれをキャンセルすることで即座に距離を離す事が可能になります。

また、モーションディレイは剣士系スキルなど「物理攻撃スキル」にも存在します。
そしてこれをキャンセルする事でそのスキルを素早く連続で使用する事が可能になります。
※後書内参考記事:【RO-剣士の技.其の壱【実践編】-】
 これは弐連バッシュについてです。
 剣士スキル:バッシュのモーションを素早くもう一度入力する事でキャンセルし、連続でバッシュを放ったものです。
 画像ではわかりにくい事この上ないですが…。

『ディレイの長いスキル』
現存するスキルでは最長7000msから最短0ms(ディレイ無し)です。

最長はウィザード系スキル:メテオストームLv10の7000msです。
最短、つまり先行入力可能なスキルの目立ったものは以下のスキルです。
ウィザード系スキル:ユピテルサンダー、ウォーターボール、アイスウォール。
アコライト系スキル:ブレッシング、ホーリーライト、スローポイズン、セイフティウォール、サンクチュアリ、リザレクションLv1。

他は大抵のスキルに1000msから3000msのディレイがあります。
ウィザード系やプリースト系のスキルには大半ディレイがありますので、運用には注意が必要になります。

※筆者も稀にプリーストスキル:レックスエーテルナのディレイ3000msの間に自分やPTメンバーを
 戦闘不能にしたりしてます、フフフ…。


【纏め】
以上、キャストとディレイでした。
相変わらず纏めが上手くできないので、ここで〆ます。

早口言葉が上手なのはそれで良いですが、息継ぎは大事です。
息継ぎが上手くできないと呼吸困難になってしまいますから。


参考サイト
goo 辞書