2017年3月26日(日)  杉並区 下高井戸運動場
3月26日1

課題:いい状態の選手の使い方

■人数不足という事態。。。
雨。。。そして寒い。。。箱を開けてみたら怪我人を入れての11名ジャスト。
寒いのは気候なのか?! チームなのか?! わからない状態からのスタートとなりました。最近繰り返し言われている「状態のいい時のプレイ」「状態の悪い時のプレイ」という部分にこだわって試合を進めましたが、ほとんどの選手が考えてプレイできず、立ち上がりに左サイドと突破され失点し、その後CKからタカハシがヘットで同点とするも、全くと言っていいほど攻撃の形を作れないし、攻撃を作り直せないなど全く面白みがない試合をする。

■どこで攻撃のスイッチを感じる
交代メンバーがいないので、そのまま続行となった2本目。
ほとんど状況を変えることができず、辛うじてボールの保有率は勝っているのかな?!って思えるくらいしかない。相変わらず自分の物差しだけでサッカーをして一向に攻撃の形を作れない。遅刻してきた選手を投入して攻撃シフトにするも何も変わらず。変わったのはOGで得点を与えてのスコアだけ。。。ボールが入った選手への距離感が悪い!!!これでは攻撃のスイッチが入らない。ビルドアップは広く、縦パスが入ったら狭くといったメリハリが欲しい。


■受け入れるということ
3本目に入る前に、「今の自分たちのレベルを受け入れてください」「これが今実力です」etc... 受け入れるという現実を突きつけらて再びグランドへ。相手のレベルが落ちたことで点は取れましたが、それで何を感じ、何をこれから取り組んでいくのか自分たちでより考えていかなければならないことを感じ終わる。

人の話を聞く
日によってそれぞれのコンディションには違いがあります。それなのに同じミスを繰り返す、コミニケーションをとって修正を試みても聞いたことをプレイに反映させない。それはコミニケーションを取っていないということ。
今このチームで一番の欠陥は全員がボールをもらう意識が低いこと。運動量の問題なのか、やる気がないのかわかりませんが。。。 


eneed   vs   千歳クラブ

1   ー   1
0   ー   1
6   ー   0
 7   ー   2 


30分 3本

得点者:ミドリ③ オオツカ② ... etc



ーーーー次の練習試合ーーーーー

 4月2日 西原スポーツセンター
セレソンTM
 
ーーーー次の練習試合ーーーーー
 
 
3月26日2

eneed Soccer Club  サイト →  http://www.eneed.net