2017年4月23日(日)
4月23日
目標 : 結果・内容ともに圧倒する。

課題1:攻守の幅のメリハリ
課題2:攻撃のスイッチ  
課題3:リトリート 
   

■フォーメーションと3−6−1
土のグランドで狭いコートということで中盤を厚くするために6枚を配置し全体のポゼッションを高く、結果だけではなく内容も圧倒しようと試合に挑む。慣れないフォーメーションということもあり最初はチグハグなプレーを続ける。連動性やサイドのスペースをうまく使えず、1人1人の得意なプレーが生かされないまま時間が過ぎる。それでも両サイドの選手が高い位置を取り出しドリブルで高いするなど次第に試合を圧倒し始めるが1点だけで前半を終える。 
 
■1点止まりの前半を後半どう立て直すか?!
2名の交代カードを切る。「ハーフタイムでは少しマンネリ化しているので、もう一度引き締めていこう!」「サイドチェンジを有効に使いコート全体をうまく使って攻撃のスイッチを入れよう。」この2点を確認していざ後半へ。最後の仕上げがなかなかうまくいかず点が取れなかったので、前がかりになったところをカウンターでピンチを招くシーンもあったか最終ラインが3人が冷静な対応で得点を与えなかった。

■試合を終えて。。。
新システムということでうまくいった部分や改善しなければならない部分も個々で考えがあると思うが全体を通してまずサッカーを楽しむことや自分のためではなくチームメイトのことを考えながらプレーすれば結果や内容もよくなるのではないかと感じた。

eneed   vs  AVM 

1   ー   0
2   ー   0
 3   ー   0 


ーーーー次   節ーーーーー

5月21日 
 
ーーーー次   節ーーーーー
 


eneed Soccer Club  サイト →  http://www.eneed.net