2017年7月29日(土)  西町グランド

カテゴリー : 一般

選 抜 〉 セレソン 〉 一 般

7月29日

初対戦のSC松中さん、猛暑の中お付き合いいただきありがとうございます。
 
■ 前半(40分)
フォーメーション前半
先手を取る意図で裏へのスペースを狙うことを考えて試合に入りましたが
恐れていたただ裏を狙ってしまう展開へ、、、

裏を狙うための準備の動きがおろそかになり、単調な攻撃を繰り返してしまう。
相手は1名を前線に残して10人で守るため中央はいつも渋滞状態。

サイドもはりながらの裏へのアクションが目立ちスムーズなボール回しには程遠いい。

ノムラがサイドバックをうまく利用して中央の渋滞緩和を試みるプレイでリズムを作ろうと模索する。

コニシがサイドをはることをやめ、おりてきてボールに絡むが前線とうまく連携できない。

攻められることはなかったが。。。 何となく点は取れていきましたが。。。それぞれがうまく回っていない展開に表情は暗い。
 
 
■ 後半(40分)
フォーメーション後半
「 攻撃のスイッチが入っていないこと 」

「 ボールへのリアクションが薄いこと 」の指示を受けて後半へ

それぞれの疲れもあったのか余計なプレイが少なくなりリズムよくボールが回っていく。
右へ左へボールを回し中央が空いたら裏を狙う。

ボール保有率は10割近く、自陣にボールがこさせない攻守の切り替えの早さに運動量に
いい状態でサッカーを楽しんでいく。

ここで注目していきたいのは中盤のノムラ!
前半はディフェンス、中盤でほとんどのボールに絡んでいき、ボールの運ぶ中継地点だった。
前線との距離感やパスコースなど苦戦していました。
後半に入り全体的のバランスを考えボールには触っていないが試合のコントロールをする。
味方の好きなプレイをさせるが、最終的なパスコースにはポジションをとる。
味方に無理なプレイを要求させないポジショニング。前半より目立たないが何か核の違いを感じさせた。
それでも前半より多くのスルーパスを通し、得点まで上げる。
サッカーを知っている男でした。

他の選手も相手の足が止まっても足を止めることなく動き続けて出し切って終了のホイッスルを迎えてた。
 

総  括
前半を考えれば決していい試合ではなかったですが、1試合を通してみんなで作り上げることができいい収穫があったと思います。



  e n e e d  vs  SC松中  

4  ー  0
6  ー  0
10  ー  0 



ーーーー次の練習試合ーーーー

7月30日 日曜日
vs Fc hagime
 
ーーーー次の練習試合ーーーー

故障者リスト

eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)
 http://www.eneed.net


Facebook こちら