2017年10月1日(日)

10月1日リーグ

チームとして支援しているSUBARU三鷹サッカー部さんの公式戦

SUBARU
  vs  WEED 

2   ー   0
3   ー   0
5   ー   2

得点者:オオツカ③  マチグチ②

■前半を振り返ります。

数名のドタキャンがあったり、試合時間が30分早まるといった情報に振り回されたり、ユニフォームの決定にも諸々のドタバタがあり緩い雰囲気で試合に入ってしまう。

4-3-3でスタート

序盤は相手のドリブルや抜け出しへの対応が甘く、人任せなディフェンスとなりズルズルとバイタルエリアに侵入を許す

相手のミスやキーパーの好セーブでなんとか耐える状況。

中盤のマークを徹底し、次第に捕まえられるようになるとゲームが落ち着く。

両サイドバックを効果的に使えるようになり攻撃に厚みが出てきて、相手のクリアを拾いオオツカがゴール

試合は支配するも雑なパスミスが多く決定機を作るまでに至らない。

終盤にもオオツカがこぼれ球を拾い二点目。試合の入り方がそのままゲームに反映されてしまいチーム力の差はあるが、圧倒できずに個の力に頼った印象のままで終了。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■後半を振り返ります。

3枚のカードを切って後半に臨む。
 
前半と変わらず一進一退の攻防が続く。

後半10分が過ぎた頃、左サイドをオーバーラップしてきたヨンのクロスをマチグチサカキバラに落として、フリーのオオツカにワンタッチでパスを通すと、最後は冷静にオオツカが流し込み3点目。
 
さらに、カウンター。

サカキバラのスルーパスから抜け出したマチグチ。相手DFが触れたボールがうまく転がり、マチグチがそのまま無人のゴールに流し込み4点目。
 
そして仕上げは再びスルーパスに抜け出したマチグチがGKを交わして5点目。
 
足の止まった相手に完封勝利といきたかったが・・・

終盤にディフェンスラインの裏をとられて失点。さらにクロスから合わせられて失点。

立て続けに2失点してしまった。

最終スコアは5-2。後味の悪い試合になってしまったが、勝ち点3を積み上げることができた。 

 
5683

ーーーー次   節ーーーーー

Mリーグ 最終節
11月26日
 
ーーーー次   節ーーーーー
 
eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)
http://www.eneed.net