2017年10月9日(月)  郷土の森人工芝サッカー場

10月9日


キーワード「 現状を受け入れる 」
 
■前半(35分)
<システム> 4ー3ー3

前日のほぼ敗戦のところGKに救われての本日。

メンバーを大幅変更。キャプテンも変更。荒行事からの先発メンバー決定

チームメイトも練習後、多く残っくれて声援をくれる中

試合に入りました。

前線からしっかりとボールへプレッシャーをかけてくる相手チームに

ロングボールをベースに早めに前線につけて試合の流れをつかみにかかる。

走力的にうちの前線の方が部がよく、一発のロングボールから何度もチャンスが生まれる。

ついついそれに頼ってしまった。

攻め手を探るよりどんどん前へつけて、攻めるどんどん攻める意識だけで

緩急の部分では攻め急いでしまって一呼吸置くこともできない。

試合をコントロールしているとは思えなかった。

中盤が抜け出してGKと1対1を流し込んで先制点。

あまり攻めらることはなかったが、試合は美しくなく、何かのプレッシャーを感じながら・・・

相手GKが飛び出しがよく、決定機を何度も何度もビックセーブされる。

残り5分で左からのセンターリングをミドリが決めて追加点。

決定機は作っても、決定機は作られず。前半終了。

 
■後半(35分)
<システム> 4ー3ー3

メンバー交代なし

もう一度気持ちを締めなおして後半へ

前半より相手陣地でのプレイも多くなりカンターだけを気をつけて試合を進める。

しかし中盤の連携ミスからスルスルと抜け出されて1点を返されてしまう。

ここで前線の1枚カードをきる。

ゴール付近までいくがフィニッシュ部分の雑さがあり点が取れない。

残り15分でFWを追加

そこから怒濤に攻め込めることができるようになり

かわった選手が点を取り、残り五分で得たFKを直接決めて追加点。

考えているというか、ただただサッカーぽいことをして試合終了。 


総  括
正直僕らはここまでゲームを組み立てられなくなったしまったのだろうか
イメージとのギャップに落ち込み・・・出れなかった選手への罪悪感
カップ戦なので結果が全てなのはわかるけど・・・何か足りない
何かない・・・ 15日には決勝があります。 この数日でどう変化するのか
それぞれが考えないといけないと思います。 



e n e e d  vs  NEC 

2  ー  0
2  ー  1
4  ー  1



ーーーーNEXT GAMEーーーー

10月15日 日曜日

決  勝
 
ーーーーNEXT GAMEーーーー

5780

eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)
 http://www.eneed.net


Facebook こちら