日時:2017年11月25日 (土)  

場所:杉並区 下高井戸運動場(人工芝)

選 抜 〉 セレソン 〉 一 般
11月25日
いい天候 気候も暖かく 最高のシチュエーションでした。

本日対戦をしていただきF.C.Diez Milさんありがとうございます。m(_ _)m
今季東京都4部リーグを優勝して来季はは3部、慶応大学の繋がりがあるチームとお伺いしました。
本日は主力の大学生がいなかったとお伺いしました、残念

1本目 30分
 スタートこちら
フォーメーション
4−4−2からスタート。
こちらがボール保有する時間が多く優位に試合を進める展開。
中盤のこぼれ球の反応もうちの方が早く、ショートパスの攻撃には絶対的な守備をカツを中心に競り勝ち攻撃の糸口を与えないで時間が進む。開始10分でクリアボールのようなロングボールで簡単に裏を取られて失点してしまう。その後もセンターバックの連係不足で1発のロングボールで立て続けにチャンスを与えてしまい相手にこちらの攻略方法を教えてしまう、1点は返すも。相手の1枚残しの10人守備のディフェンスを崩せない・・・センターリングもあげても弾かれる。またもクリアロングボールで失点して正直8割9割ボールを保有していたがスコアーは1−3というサッカーの難しさを感じて1本目が終わる。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

2本目 30分
フォーメーション2
トップ下を変更!右サイドバックを変更!左ハーフを変更!
スバっと!「 センターバックの連係が悪い・油断している 」 
センターバックの2人は意識と気持ちを作り直し試合へ
ゴトウマチグチヒラガのコンビネーションで次々をチャンスを演出していく。
ボールへ個々がしっかりともらう意識があり
より一層ボールの保有率を上げていく。約10割近くなる。相手はクリア以外ボールをさわる事ができないほど 厚い攻撃で相手を圧倒していく。得点も次々を上げていく。
守備面では1本目の反省をしっかりと修正して速い出だしで相手に攻撃をさせない。
相手ペナルティー内でもどんどんパスを繋いで相手GKは休ませることもなく攻撃・攻撃・攻撃
まだまだやりたいない気持ちで終了の笛を聞く。 
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

3本目 30分
7割近く選手交代。
ウズウズしていた選手が投入され今までの流れを継承される
変わらず攻める攻める。相手の疲れが出ていたのこともありドリブル突破からチャンスも作れるようになる。いろんなバリエーションを試しながらネットを揺らしていく。FKから失点してしまう、不用意なゴール前でのファールはまずいことを学ぶ。終了間際にまた失点してしまい。攻撃していたのを考えると合計2失点はもったいない。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
 fullsizeoutput_6d24
総 括
リーグ戦やカップ戦だったらと思うと非常に学ぶ事が多かった試合だったと感じました。
前半3失点して巻き返すことは真剣勝負ではそうできないと思います。
いかに失点をしないで攻撃をし続けることの大切さとリスクマネージメントをディフェンス達で話していかないといけないと思いました。少し後悔が残る・・・センターバックの選手には悔しい試合になったんじゃないかと思います。
 
スコア11月25日TM



ーーーー次の練習試合ーーーー

11月26日 日曜日
vs FC 百ヶ丘
  
ーーーー次の練習試合ーーーー

eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)


Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)