日時:2017年12月3日 (日)  

場所:調布市 西町グランド (人工芝)

 選 抜 〉 セレソン 〉 一 般
12月3日TM
5度・・・ 12月のナイターの活動はやはり寒いものです
湯気を出しながら・・・ユニフォームはチーム発足時に作った青迷彩ユニを着用。

対戦相手は府中アスレチィックF.Cさん 聞き覚えたある人は多いかと思います。現在プロフットサルリーグに参戦しているチームさんのサッカーチームです。どういう位置づけかはわかりませんが僕らより規模の大きいチームなのは間違いありません。 

府中アスレチィックF.Cさんありがとうございます。 m (_ _) m

前半 40分                 
 スタートこちら
フォーメーション後半
4−4−2からスタート。
夜露でグランドはスリッピー。
多くの選手はグランドに適応できず最後まで苦労していました。
相手は前線からガンガンプレッシャーをかけてくるスタイル、その結果パスの出しどころを見つけられず一向に相手陣地へボールを運ぶことができない。口々に「パスの出しどころが・・・ない」。明らかに相手の走力の方が上をいっていて押し込まれる。
そんな矢先、コーナーから頭で合わされ簡単に先制点を献上してしまう。
GKをビルドアップに参加させてプレッシャー回避に試みるが最終的にロングボールを蹴ってしまい、個人個人の能力頼りでしか攻め込めない。とにかく単純ミスが多く恥ずかしい内容としか言えない。
結果シュートは0本で前半40分が終了する。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

後半 40分                 
後半はこちら
フォーメーション前半
前線1枚と中盤1枚と後方1枚 選手交代
「 できないことはできないので今日は捨てよう 」
「 自分たちのスタイルでなくても相手が嫌がっていたプレイは続けよう 」
「 勝利するための方法を最優先にしよう 」 


いざ後半へ!
右サイドのタカガキの躍動により起点が作れるようになる。
ツカハラニシオが前線でボールキープすることができ、攻め込む時間が倍増していく
なんども右サイドよりセンターリングが上がり、いいリズムを刻んでいく。
CK2本で 2得点をあげ試合をこちらのペースで進めていく
単純ミスは相変わらずだったが走力が少し上がったおかげで失点することなく試合が進んでいく
もう一点とりにいくためディフェンスラインをあげてコンパクトにする
相手のミスに助けられたが、間一髪で失点せず耐える。
終了間際に右サイドを突破されそのままゴールへ。。。
同点とされ1分後に終了の笛をきく。
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
fullsizeoutput_6f24
総 括
どうにか同点という印象でした。パスもうまくつなげず個人の能力頼りが続く。
明らかに相手の方が走力があり、走りきれない選手たち、でもこれを受け入れないといけない
できないのではなく、しないだけ。 気持ち一つでまだ変われると信じて次の活動を待ちたい。
 
スコア

eneed Soccer Club
(エニードサッカークラブ)


Football Tryout Academy
(フットボールトライアウトアカデミー)